最高裁で二審判決が破棄される確率は

弁護士ホーム > 上告状
mf

弁護士河原崎弘

相談:上告したいが、成功する確率は

遺言無効を求める訴訟を、弁護士に依頼しました。
先日、控訴審(二審) 判決があり、敗訴しました。
私は、この判決に不服です。弁護士は、最高裁への上告を勧めます。私は、迷っています。上告が成功し、最高裁で二審判決が破棄(取消)される確率は、どのくらいあるのでしょうか。

お答え:上告理由は、制限されている

上告理由は、制限されており、原則として、憲法違反です。上告受理申立ても、判例違反、法令解釈についての重要な事由が申立理由となります。事実誤認については不服申立てができないのです。従って、最高裁(上告審)において、控訴審(二審)判決が、覆る(破棄される) ことは、極めてまれです。
上告する場合は、成功する確率が低いことを覚悟する必要があります。

上告、上告受理についての統計

平成22年1月1日から、同年12月31日までのデータによると、同期間中に、1,835件の上告があったが、控訴審判決が破棄されたのは4件、また、2,247件の上告受理申立があったが、控訴審判決が破棄されたのは43件です。

上告
終局区分 総数判決・棄却判決・破棄決定(却下、棄却)取下その他
事件数1,859341,835107
.
上告受理
事件数 2,24712432,1661610

出典: 最高裁判所における訴訟事件の概況
2016.7.19
東京都港区虎ノ門3丁目18-12-301(神谷町駅1分)河原崎法律事務所 弁護士河原崎弘 電話 3431-7161