吉岡メソッド - 仙腸関節調整
ムム、 これは使える!

掲載日:2018.08.19
更新日:2018.09.22

2018年7月に大阪で開催された吉岡メソッドのセミナーに招かれ、 吉岡先生の創出による仙腸関節調整法を学んできた。

その後、実際に自分の治療室で用いてみると、大変有効であることが判ったが、 その効果を他人に伝える方法がないものかと少し思案した。 結果、カイロプラクティックを勉強した人間なら、誰でも一応は知っていると 思われるトンプソン・テクニックで使用するディアフィールドの下肢長比較が、 全身のバランスが整ったことを表す指標になるだろうと考え、 以下の表にまとめてみた。

先月は50例についての集計結果を公表したが、施術数が100例に達したので、改訂版として、以下に記しておく。

吉岡メソッドによる仙腸関節調整結果(100例)
短下肢側
(腹臥位伸展位)
仙骨起立側
(利き足側)
パーセント
(症例数)
23
8
55
14
注:利き足というのはボールを蹴ったりするときに使用する側の足
その反対側は軸足(走り幅跳びなどで踏み切る足の側)となる。

解説(括弧内の数値は改定前の値)

仙腸関節への矯正操作と下肢長比較は、ともに腹臥位で行なった。 創始者の言では座位で施術するほうが有効性が高い由であるが、 時間短縮と、繰り返し寝たり起きたりすることによる患者さんの 負担を増大させないために、この方法を採用した。

また、上の施術例中,右手利きの人は84%(84%)、左手利きの人は8%(8%)、 幼少期に左利きを矯正されて両手利きになっている人は8%(8%)、 合わせて16%(16%)であった。

手に比べて利き足の偏りは少し少ない。
右利き足は78%(64%)、左利き足は22%(36%)であった。足は手ほど複雑な動きをする必要性が 低いとはいえ、前回の結果とは少し異なり、右利き足が全体の3/4に上っている。

気になるパターンとして、左短下肢で右利き足の例が55%(40%)に上り、 他の組み合わせに比べて突出して多い。 これは84%の人が右手利きであることと何らかの関係があるのかもしれない。

さらに、興味深い知見は、利き足側の調整だけで左右の下肢長が均等化した例が33%(38%)あったことである。

軸足側も調整した例は67%(62%)だったが、これらの例でも 殆どの例で、利き足側の調整だけで70%〜90%程度の均等化が認められた。 そして利き足側の調整で短下肢側が長くなり, 軸足側の調整によって両下肢長が均等化した例が17%(18%)あった。 これらの事象の意味するところは現時点ではっきりしないが、 追々考えてゆきたい。

さらに、上記の表には含まれていないが、仙骨起き上がり(利き足側)と 仙骨うなずき側(軸足側)を調整しても全く変化が認められない例が6例あった。 これらのうち4例は全く逆の調整をすることで両下肢が均等化したが、 残り2例は他部位の調整(仙骨尖の左シフトとインプラント後の歯茎)を行なって均等化した。

以上、仙骨の傾きを調整して全身のバランスが取れる率は106例中104例で、 実に98%の高率となった。トンプソン・テクニックの有効率40%に比べて 極めて高効率(下記を参照)。あっ、これはあくまでも個人的感想 (サプリのTVコマーシャルのエキスキューズそのまま)。

恐るべし、吉岡メソッド!

トンプソン・テクニックとの関連性
かれこれ40年前、筆者がカイロプラクティックを学び始めた頃に 教わったテクニックのひとつがトンプソン・テクニックであった。

教わったとおりにドロップ・テーブルを用いてポジティブ・ディアフィールドの 骨盤を調整しても、セミナーのインストラクターが実践して見せたようには 両下肢長が均等化しない例が多くあり、そのため、このテクニックは殆ど用いることなく 今日に至っている。

このたび、吉岡メソッドで骨盤を調整した結果を集計してみて 気づいたことのひとつに、短下肢側が利き足となっている例では (37%(42%))、それがいわゆるポジティブ・ディアフィールド であるなら、吉岡メソッドとごく近い部位にコンタクトしてドロップするので、 瞬間圧と持続圧との違いはあれ、期せずしてこの術法と同様の効果が 得られるだろう、ということである。

ただし、その出現率は37%(42%)であるゆえ、吉岡メソッドに見られるほどには 両下肢長の均等化が認められないことになる。

トンプソン・テクニックのポジティブ・ディアフィールドのアジャストで 思わしい成績が得られなかったのは、このあたりに要因があるのではないかと、 これを教わってから40年後の現在、目から鱗の落ちる思いである。

そのほか,ガンステッド・テクニックに代表されるごとく、腸骨の PSSにコンタクトしてPI腸骨をアジャストする場合においても、 それが利き足側であるなら、全身がバランスされやすいと思われる。

その他のアジャスト・テクニックにおいても仙骨の起き上がりとうなずきを応用して アジャスト法を変えてみると、これまで以上に好結果が得られるかもしれない。
例えば、ガンステッド・テクニックでは、骨盤のレントゲン分析結果にかかわらず、 利き足側の腸骨をPI腸骨としてアジャストしてみるとか、 SOTならCAT1-2-3のブロック操作を、すべて利き足側を短下肢と見なして ブロックを入れてみるとか、試行してみる価値はあるだろう。
ただし、これを読んで実践なさる場合には、あくまでも自己責任であることを お忘れなく。くれぐれも事故なきよう、慎重に。

なお、吉岡メソッドは骨盤調整に関する限り、筆者がこれまで学んできた さまざまなテクニックの中でも、極めて有効性の高い術法であると実感している。 本サイトをご覧になった治療家諸氏には、ぜひ習得をお勧めする次第である。 このテクニックが広まれば、それだけ救われる患者さんが増える ということであるゆえ。

吉岡メソッド:仙腸関節塾

セミナー受講料は2日間で12万円ということだが、これを高いと 言っているようでは将来はありませんぜ。

筆者が若い頃、東京で開催される2日間のセミナー(米国人講師)の受講料が5万円。 大阪から往復すれば10万円必要だった。
往復10日間ほどの米国セミナーに出かける場合には、50万円程度を要した。 その間、休業による収入減も考えれば、それ以上の経済負担となる。
それに比べれば、上記の受講料は極めて良心的である。

なお、利き手を考慮した集計結果も以下に記載しておく。

吉岡メソッドによる仙腸関節調整結果(100例)
利き手 短下肢側
(腹臥位伸展位)
仙骨起立側
(利き足側)
パーセント
(症例数)
21
5
49
9
2
3
6
5


カイロプラクティック・アーカイブ;表紙へ
著作権所有(C) 1998-:前田滋(カイロプラクター:大阪・梅田)