吉川英梨(えり)作品のページ


1977年埼玉県生。2008年「私の結婚に関する予言38」にて第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し作家デビュー。


1.海蝶−海を護るミューズ−

2.海蝶−鎮魂のダイブ−

 


                   

1.
「海 蝶 ★☆
 (文庫改題:海蝶−海を護るミューズ−)


海蝶

2020年09月
講談社

(1600円+税)

2022年04月
講談社文庫



2020/10/04



amazon.co.jp

海上保安庁初の女性潜水士となった忍海(おしみ)愛・25歳の挑戦と覚悟、そして海難事故をめぐるミステリ・サスペンスを描くストーリィ。

父親(
正義)は今も現役のベテラン潜水士、5歳上の兄()も特殊救難隊に所属する潜水士。家族が揃ってそうだからと愛がこの道を選んだものではなく、潜水士になると決めたのは9年前の東日本大震災で母の命を救えなかったという悔いから。

しかし、危険と隣り合わせ、勇気だけでなく体力も腕力も必須だからこそ男ばかりの世界であった潜水士の世界に女性が入り込んでくるというのは、感情的な反発だけでなく、やり難いことが多々あるという困惑も男性側潜水士にはあるようです。
その辺りの事情が冒頭、リアルに描かれます。

そして潜水士として初めて向かう海難事故現場は、八丈島沖。
救助を要請してきた女性を保護するものの、もう一人の男性を発見することはできず。
しかし、救助されたその女性の行動には不可解なものが・・・。

後半は、上記海難事故をめぐるミステリ、そしてサスペンス。
初めての現場で大きな危機、試練にぶつかった愛が、どう覚悟を決め、再び潜水士の仕事に向かうのか、そこに読み応えがあります。

海上保安庁の潜水士といえば、映画「海猿」で注目を集めた仕事。しかし、実際の業務はあんなに格好良くも感動的なものでもないと、何度も警告されます。
男性潜水士を象徴する
“海猿”に対し、女性潜水士なら“海蝶”だろうと長官が命名した、というのが本書題名の所以。

お仕事小説気分で読み始めたのですが、そこは吉川愛梨さんらしく、ミステリ・サスペンス系のストーリィになっていました。


序/1.出航/2.海難/3.ブラックアウト/4.フラワーマーメイド号事件/東日本大震災/5.家族

                

2.
「海 蝶−鎮魂のダイブ− Kaicho Requiescats Dive ★★


海蝶 鎮魂のダイブ

2022年04月
講談社

(1700円+税)



2022/06/01



amazon.co.jp

海上保安庁唯一人の女性潜水士=忍海愛を主人公とする海蝶第2弾。
このシリーズ、東日本大震災がもたらした悲劇から中々無縁ではいられないようで、冒頭から震災時の出来事が描かれます。

それから11年後、船上で行われた友人の結婚式に出席した愛は、震災時に自分の命を救ってくれた気仙沼海上保安署の海上保安官だった
佐崎純平と偶然に再会します。
その純平、海保を既に退職していて今は民間船の一等航海士。
愛、その純平と当然の如く恋人関係になりますが、純平が海保を辞めた事情が愛にも影響することとなり、愛は訓練でもすっかり不調となってしまう。

その愛が休暇を取って純平と乗り込んだ北海道行きのフェリー船内で、恐るべき事態が発生します。
船長が行方不明となった中、海上保安官である愛に、船の指揮権が委ねられますが・・・。

前半と後半、二つの物語から成る一冊、と思っていた方が読みやすいと思います。
前半は、女性潜水士である忍海愛個人にまつわる物語。そして後半は、パニック映画さながらのサスペンス。
この後半部分が、本当に面白い。頁を繰るのがじれったい程。
ミステリがあり、スリルに溢れ、しかも愛の葛藤あり、というてんこ盛りですから、面白いのも当然でしょう。

ふと、
五十嵐貴久「怒涛の城を思い出しました。
本作の舞台がフェリー船、主人公は女性海上保安官であるのに対し、同作は豪華クルーズ船、そして主人公は女性消防士。

でも本作は、“海蝶”という存在があるからの魅力。
シリーズ化に期待、です。


3・11(2011年)/1.海のいいわけ/2.分断/3.フェリーきたはくば号事件/3・11(2023年)

   


   

to Top Page     to 国内作家 Index