近衛龍春
作品のページ


1964年生。大学卒業後、通信会社勤務、フリーライターを経て「時空の覇王」にて作家デビュー。

  


     

「九十三歳の関ヶ原−弓大将大島光義− ★★


九十三歳の関ヶ原

2016年07月
新潮社刊

(1700円+税)

 


2016/08/25

 


amazon.co.jp

織田信長の美濃攻略の際は美濃側。そこから始まり、93歳で関ヶ原の戦いにも参戦した弓大将=大島光義を描いた時代小説。

現代でさえ93歳で未だに「現役」といったら驚かれるに違いないというのに、戦国時代に長命を保ち、それに留まらず現役武士として戦に加わったというのですからいやはや・・・。

信長による美濃攻略と天下統一、明智光秀の謀叛、秀吉と三七信孝&柴田勝家の後継者争い、関ヶ原の戦いと、出来事の流れはもはや既知のことなので特にどうということもありませんが、本書主人公の大島光義という人物がユニーク。
上記の天下を揺るがす騒動にしてもどこか他人事、飄々として、傍観者的に眺めている印象があります。
そのうえ、他の武将のように“家”の隆盛や存続に固執することなく、戦場をまるで自分が弓矢を極めるための競技会の場、と思っているらしい。

孤児となった境遇から自分を押し上げるために選んだ手段が“弓矢”。いつしか弓矢を極め尽くすことが生き甲斐であり、目的にもなったのが、大島光義という人物。
ユニークな視点から信長〜秀吉〜家康という時代の流れを見定めた歴史の証言者を描いた長編という趣があります。

そんな主人公ですから、いつも光義の傍らにあり「矢を渡す役」を任じている従者の小助とのやりとりはまるで漫才コンビのような味わいがあります。
また、昔将来を誓い合いながら別れるに至った
冨美との再会、農民の娘にもかかわらず弟子入り志願してきた於茂との絡み合いも魅力ですし、また光義が仮想ライバル視した太田信定との関係も面白い。

ユニークな主人公を抱いた時代小説ですから、ユニークな面白さを見い出せるかどうかも読み手次第、と言って良いでしょう。


序章.老将の剛矢/1.敗北、無禄、再仕官/2.新たな試み/3.鑓でも弓でも/4.仇討ちの娘/5.本能寺の騒乱/6.天下分け目/終章.最高の矢

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index