川上未映子作品のページ


1976年大阪府大阪市生、大阪市立工芸高校卒。ミュージシャン、女優、作家、詩人。本名:岡本三枝子。
2002年川上三枝子名義で歌手デビュー。“夢みる機械”(2004)、“頭の中と世界の結婚”(2005)などのアルバムをビクターエンタテイメントより発表。2006年随筆集「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」刊行。07年初の小説「わたくし 率 イン 歯一、または世界」が 第137回芥川賞候補となると共に第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞。08年「乳と卵」にて 第138回芥川賞、第1回池田晶子記念"わたしく、つまり Nobody"賞、09年詩集「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」にて第14回中原中也賞、10年映画「パンドラの匣」にてキネマ旬報新人女優賞、「ヘヴン」にて2009年度芸術選奨文部科学大臣新人賞および第20回紫式部文学賞、13年「愛の夢とか」にて第49回谷崎純一郎賞を受賞。11年10月同じ芥川賞作家の阿部和重と再婚。


1.
乳と卵

2.ヘヴン

3.夏の入り口、模様の出口

4.すべて真夜中の恋人たち

5.愛の夢とか

6.ウィステリアと三人の女たち

 


   

1.

●「乳と卵(ちちとらん)」● ★★         芥川賞


乳と卵画像

2008年02月
文芸春秋刊

(1143円+税)

2010年09月
文春文庫化



2008/04/30



amazon.co.jp

作品そのものより、作家である川上未映子さん自身が話題となった観のある芥川受賞作。
あまり芥川賞作品は読まないのですが、ミーハー的な気分で読んでみました。
豊胸手術を受けるのだといって、娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉=巻子39歳。母子2人と未婚の「わたし」が三ノ輪のアパートで過ごす3日間を描いた作品。

久しぶりに会った姉はやせ衰えた感じで、それなのに何故豊胸手術を受けようとするのか。緑子は何故かこのところずっと言葉を発せず、ノートでの筆談ばかり。
豊胸手術に関する会話、銭湯での胸の観察、そして初潮を迎えたばかりの緑子は日記に「卵子」から始まる身体の仕組みのことばかり。
女性の身体についての会話、想念ばかりが繰り広げられていくので男性としては圧倒されるばかりですが、本作品の持ち味はストーリィより独特な文章にあるようです。
長く文章をひっぱり、ひとつの文章の中で幾つもの事柄を、読点で巧みに区切りながら次々と書き綴っていく。その是非は別として、そこに何ともいえぬ味わいが生じているのは間違いありません。
そこに巻子のあやつる大阪弁が入り込むと、「わたし」が語る文章の長さが苦にならず、むしろ面白味を感じるようになるくらいです。
ストーリィは、「わたし」を間において母子が子を産むという行為をめぐって語る、語らないという形で反駁し合い、最後に爆発するという展開。
「卵」が最後にこういう形で使われるとは思いもよりませんでしたが、最後まで読んで初めて腑に落ちる、母子の濃密な関係にやっと気づくという作品です。
これから読む人へ。最後まできっと読み通しましょう。(笑)

乳と卵/あなたたちの恋愛は瀕死

   

2.

●「ヘヴン」● ★★        芸術選奨文部科学大臣新人賞・紫式部文学賞


ヘヴン画像

2009年09月
講談社刊
(1400円+税)

2012年05月
講談社文庫化



2009/10/03



amazon.co.jp

イジメ問題に題材をとった長篇小説。乳と卵からは全く予想できなかった圧倒力が印象的です。

クラス全体から苛酷なイジメを受けているといって過言ではない中学生が主人公。
ある日に始まって以来度々、少年宛てに手紙が届くようになります。最初の手紙、そこには「わたしたちは仲間です」と書かれていた。
その手紙の送り主は、クラスでもう一人執拗なイジメに遭っている少女、コジマだった。

イジメといえば今や大きな問題。
小説作品では、重松清青い鳥でイジメ側を描き、歌野晶午絶望ノートでイジメを逆手に取ったミステリを描いています。そして本書は、イジメられる側を描いたストーリィ。
毎日毎日、飽きることなく執拗にイジメを繰り返す同級生たち。そんな学校生活の日々の中、通じ合えうことのできる仲間が一人でもいれば、耐えられるのだろうか。
コジマは、これを耐えた先には耐えたからこそ辿りつけるものがある筈と言い、弱さを受け入れている私たちこそが正しいのだ、と言う。
そして少年は、これだけ暴力を振るわれながら何故僕はそれに従うことしかできないのだろう?と言う。
イジメる側の中学生達は金太郎飴的に描かれています。ただしたいからしているだけ、何も判っていない。それに対して、彼らを見透かし自分たちを客観的に見ることができる2人は、その分彼らより大人っぽいと言うことができます。
だからといって、それは何も彼らの救いにはならない。
2人の最後の救いまで、彼らは無残に踏みにじろうとします。

少しでも自尊心を守り自分の心を守ろうとするかのような彼女の言葉には、心の底からの叫びが感じられます。
そんな心の叫びに、いったいどう応えることができるのか。

  

3.

●「夏の入り口、模様の出口」● ★★


夏の入り口、模様の出口画像

2010年07月
新潮社刊
(1200円+税)



2010/08/10



amazon.co.jp

「週刊新潮」連載コラム「オモロマンティック・ポム!」(2009年05月7・14日号〜10年04月15日号)の単行本化。

小林信彦さんの最新エッセイ集森繁さんの長い影で、10年来の恋人が女性と接触していると遠くにいても「ピッコン!」と判るという本書冒頭エッセイ「ピッコン!」を賛美していたのが、それなら読んでみようと思ったきっかけ。

どのエッセイも短くて、簡潔。回りくどいような語りはまるでなく、「思ったよ」とか「だよね」という口調も軽快で、むしろ快い。
話題の取り方も、ちょっと思いついたことについての独り言、そんな印象。本エッセイ集の魅力は、その辺りにもあるようです。

たまたまですけれど、特に印象に残ったのが「逗留あれこれ」の篇。
今どき温泉宿に缶詰めになって執筆する作家なんていないですよね、という出だしにそりゃそうだよな、と思ったら、何と川上未映子さん、それを実行したのだとか。
ところが長逗留、旅館側に断られてばかりだった、と。旅館側にとって長逗留というのは、食事に変化をつけるのが難しく、それが嫌がられる理由らしい。
ちょうど温泉旅館に2泊し、料理の多彩なメニューに感激したばかりだったので、そうした逆の面もあるかと納得した次第。

                

4.

●「すべて真夜中の恋人たち」● ★★☆


すべて真夜中の恋人たち画像

2011年10月
講談社刊
(1600円+税)

2014年10月
講談社文庫



2011/11/11



amazon.co.jp

「この物語は何十年先も読み継がれるだろう−。」という帯の宣伝文句。何と大袈裟なと思ったものの、それでも多分、こうした物語は現実に増えていくのだろうなと思います。
主人公の
入江冬子は35歳、一人暮らし、フリーランスの校閲者。
人付き合いが苦手、どうも人とうまく折り合っていく感性に欠けているらしい。そのため仕事には遣り甲斐を感じていたものの、同僚との関係で居心地が悪くなり、会社を退職してフリーになったという女性。
自宅でする仕事の所為か、いつの間にか人の多いところに出かけるのに酒の勢いを借りないとできない、ということに。
そんな冬子が偶々出会って惹かれたのは、
三束さんという中年男性。
冬子はその三束さんと週に1、2度、夜にいつもの喫茶店で落ち合い、弾まない会話を交わすという間柄になります。

都会で孤独に生きる女性が、心惹かれる相手との出会いの中に僅かな光を見出し、それを拠り所として生きていくストーリィ。しかし、そんな関係がいつまでも続く訳はなく・・・・。

僅かな光でも闇の中では拠り所にも救いにもなります。そしてその光が少しずつでも広がっていけば、それは希望ともなり、可能性の象徴ともなります。
夜、静かな恋人たち、そして光。本作品の静謐さに、何とも言えず惹きつけられます。
読み終わってみると、冒頭の宣伝文句が決して誇張ではないように思えてくるから不思議です。

                     

5.

「愛の夢とか」 ★★          谷崎潤一郎賞


愛の夢とか

2013年03月
講談社刊
(1400円+税)



2013/04/28



amazon.co.jp

川上さん初の短篇集。
短い物語の中に色とりどりの景色が見えて、ついつい陶然としてしまいそうになります。
収録7篇の内、5篇はごく短い短篇、最後の2篇がどちらかというと中篇という構成。

出だしの「アイスクリーム熱」からして上手い。するりと本短篇集が作りだす世界の中に入り込んだ気がします。
統一テーマがあるのかないのか、それははっきりしませんが、無理に共通点を見いだそうとするならば、ようやくつかんだ幸せをするりと取り逃がしてしまった女性たちの姿、そんな風に感じられます。
そうすると、表題作
「愛の夢とか」はその共通項に嵌らなくなってしまうのですが、2人の女性が一時生み出した世界の中に埋没しているかのような心象風景は面白い。
そして各篇ストーリィは次第にその深度を深めていくようです。

面白かったのは「お花畑自身」。思わぬ展開に唸らされるのみ。
そして
「十三月怪談」の結末には唸らされるだけでなく、その着想が魅力いっぱい。愛し合っている夫婦といってもお互いの中で見ている景色には違いがある筈。それをこういう形で描き出したところに拍手喝采です。
どこがどう面白かったかについては、是非本書を読んで、ご自身で味わってみてください。

アイスクリーム熱/愛の夢とか/いちご畑が永遠につづいてゆくのだから/日曜日はどこへ/三月の毛糸/お花畑自身/十三月怪談

               

6.
「ウィステリアと三人の女たち Wisteria and Three Women ★★


ウィステリアと三人の女たち

2018年03月
新潮社刊

(1400円+税)


2018/04/23


amazon.co.jp

置かれた状況やその心持ち等、なんとなく不安定であるような4人の女性を描く作品集。

各篇の主人公たち、どういう女性なのか、もう一つ判然としません。
しかし、それは彼女(主人公)たち自身においても言えることなのではないか。
果たして自分は何者なのか。どこに、どのように存在しているのか。その不確かさを感じる気がします。

なお、本書の4篇とも、登場人物の殆どは女性であり、登場する女性たちの間だけでストーリィは進みます。
そこに本作の特徴、本作独特の雰囲気があります。

余計なことを難しく考える必要はなく、その独特な雰囲気を味わっていればそれでいい、と感じる次第。


彼女と彼女の記憶について/シャンデリア/マリーの愛の証明/ウィステリアと三人の女たち

       


   

to Top Page     to 国内作家 Index