平岡陽明
(ようめい)作品のページ


1977年神奈川県生、慶應義塾大学文学部卒。2013年「松田さんの181日」にて第93回オール読物新人賞を受賞。

  


       

「松田さんの181日 We Have 181Days Left to Go,Mr.Matsuda ★★☆
                オール読物新人賞




2016年11月
文芸春秋刊

(1620円+税)



2017/01/05



amazon.co.jp

オール読物新人賞を受賞した表題作を含む短編集、6篇。
初めての作家だけにどんな作品だろうと、手探りするような気分で読んだのですが、これが予想外の素晴らしさ。それも、表題作だけでなくいずれの篇も素晴らしい。

ごくありふれた人たちの間でのエピソードと言ってよいような小話ばかりかもしれません。どの登場人物も成功、順調な人生とは程遠く、ごく狭い特殊な世界でだけその存在を認められているような人たち。
でも、その人たちの間で交わされる、細やかな心の通じ合いが真に素晴らしい。読んでいて肌触りがとても良いと感じるのはそのためでしょうか。

表題作である
「松田さんの181日」が素晴らしいのは勿論ですが、次の「床屋とプロゴルファー」が好きだなァ。主人公と西田プロとの絡み合いだけでなく、その周辺においても終盤で実に良い雰囲気を醸し出しています。
「浜えんぴつ燃ゆ」は事業が低落傾向にある小さな会社でのリストラ話なのですが、まるでファンタジーのような結末です。

「寺子屋ブラザー篠田」は、少々風変わりな味わいを楽しませてくれる篇。この捌き方は痛快にして爽快、かつ心憎い!

「マリーさんの101日」は、「松田さんの181日」と対をなすような篇。松田さんと同じく癌で余命僅かのマリーさんを囲む、元夫や周囲の人々の温かさが読み手にも伝わってくるようです。

是非、お薦め!


松田さんの181日/床屋とプロゴルファー/僕だけのエンタテイナー/浜えんぴつ燃ゆ/寺子屋ブラザー篠田/マリーさんの101日

  


  

to Top Page     to 国内作家 Index