蓮見圭一作品のページ


1959年秋田県秋田市生、立教大学卒。新聞社、出版社勤務を経て、2001年「水曜の朝、午前三時」にて作家デビュー。同作がベストセラーとなり話題となる。

  


 

●「水曜の朝、午前三時」● ★★




2001年11月
新潮社刊

2005年12月
新潮文庫
(476円+税)

2017年11月
河出文庫化



2006/12/05



amazon.co.jp

翻訳家であり詩人でもあった四条直美は、45歳の若さで脳腫瘍のため死去。その彼女が当時NYに留学中だった娘の葉子に残した4巻のテープ。そこには彼女の秘めたラブストーリィが語られていた、というストーリィ。
児玉清氏の「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた」という評に惹かれて読んだ作品ですが、それによりかえって身を焦がすような恋愛がある筈と思い込んでしまった所為か、それ程でもないなァと感じたのが前半部分。そうなると後半には一体何が残されているのだろう?と戸惑ったのですが、むしろそこからが本作品の真骨頂と言うべきストーリィです。

恋愛小説というより、四条直美という自他共に認める型破りな女性の生き方を描いた点に、むしろ目を向けるべきでしょう。
就職するまで親の敷いたレールに大人しく乗ってお嬢様らしく生きてきた直美。いつの間にか許婚者・式場の日取りまで親に決められていた直美が自立しようと選んだ道は、大阪万博のホステス(コンパニオン)への応募。
そこからの直美は、それ以前とは打って変わったような奔放な姿を見せ始めます。日本中が熱気をはらんだ様な万博騒ぎ(私はその場外でしたけど)、その現場で直美は激烈な恋をします。相手は、会場スタッフから一様に将来のエリート外交官と目された青年・臼井礼
その臼井に向かって直美はなりふり構わない行動を示すようになります。しかし、直美が知ることになった衝撃的な事実、そしてその後にもたらされた、ある女性の午前三時の死。
一時の熱愛ではなく長きにわたって連綿として続く恋こそ、その恋の深さを感じます。そしてその恋は直美の人生を大きく揺り動かすものだった。
本作品はその内容にもかかわらず、意外と静かで毅然とした雰囲気を持っています。直美自身による語りに加え、葉子の夫で直美のテープをまとめた「」という視点が良い効果をもたらしています。「僕」は葉子の小学校時代の同級生であり、初めて好きになった大人の女性が直美である、という。その構成が巧みです。

直美ほど熱烈な恋をしなくても、過去の恋の思い出をずっと胸に抱えている人は多いのではないでしょうか。それは非難されるようなことではなく肯定されるべきこと。だからこそ本ストーリィに共感する気持ちが生まれます。
読了後に残る、人生にはそんなことがあっても良いのだ、という思いがとても心地良い。

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index