青木祐子作品のページ


長野県出身。「ぼくのズーマー」にて2002年度ノベル大賞を受賞。

 


                   

「これは経費で落ちません!−経理部の森若さん− 
 We cannot pay you for this!−Ms.Moriwaka of Accounting Department−


これは経費で落ちません!

2016年05月
集英社刊

オレンジ文庫
(550円+税)



2017/08/19



amazon.co.jp

石鹸や化粧品のメーカーである「天天コーポレーション」の経理部に所属する森若沙名子を主人公とし、会社を舞台にした、ささやかな連作日常ミステリ。
経理部からは社内の様々な人間模様が見えてくる?というのがコンセプトか。

表題に引かれて購入、読んでみたのですが、率直に言って今ひとつ、という印象。
登場人物、ストーリィとも、なんかインパクトを欠くよなぁ、という感想です。もっとも会社の若い経理部社員が見聞きする事々ですから、大事件ばかりでは困ってしまいます。そうした面では穏当と言うべきなのかもしれません。

森若沙名子、27歳。一応美人に分類されるものの、彼氏歴なし。仕事はきちんとこなし、経理部長の信頼も厚いのですがが、何故か、社内で“怖い”という評判。
社内や同僚との飲み食いには原則参加せず、レンタルビデオ店で借りた映画のDVD鑑賞が楽しみというのが、主人公のキャラクター。
それでも、経理部後輩の
佐々木真夕や、その同期で営業部所属の中島希梨香、そして森若の同期で入浴剤開発室の研究員である鏡美月と、森若さんの周囲は中々賑やかです。
そのうえ、営業部で現在「エース」と言われている4年目社員の山田太陽がやたら森若さんに関心を持っている、という具合。

森若沙名子という、地味ですが堅実な女性社員を巡る青春風ストーリィという面では、興味引かれるところもあるのですが。

※「これは経費で落ちません!」は既に文庫本2冊目が刊行されていますが、本書より前に刊行されている
「風呂ソムリエ」という作品、その登場人物は天天コーポレーション入浴剤開発室の鏡美月、研究所の受付係である砂川ゆいみ。
天天コーポレーションのストーリィはそこから始まっているようです。


1.これは経費で落ちません!/2.ミスしたら謝れ! いや謝ってくださいね?/3.あなたはぼくの太陽です!/4.今送ったメール間違いだから。見ずに消せ!/エピローグ〜代理の真夕ちゃん〜

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index