佐藤亜有子作品のページ


1969年岩手県生、東京大学仏文科卒。96年「ボディ・レンタル」が第33回文藝賞優秀作となり、ベストセラー。2013年01月死去、享年43歳。

 


 

●「ボディ・レンタル」● ★★★  第3回文藝賞優秀作




1996年12月
河出書房新社
1998/05・10刷
(1165円+税)

1999年
河出文庫化

 

1999/01/24

河出・文芸賞選考史上に残る4時間の大激論の末に優秀作となった作品とのこと。
まず、題名からして非常に挑発的。すぐ内容を連想します。
「援助交際」という変なオブラートに包んだ言葉でないだけに、現代世相を鋭く突き、かえって快感を覚えてしまう響きがあります。
「わたしの体は誰のものでもない。だったら、誰に貸し与えたっていいわけだ」 そして注文にしたがってレンタルに赴く。
本書は、そんな言葉から始まる最高学府の女子大生・マヤ(20歳)の遍歴のストーリィ。そう言われてしまうと反論に窮し、最初からマヤの世界に引きずり込まれてしまいます。
ボディ・レンタルという言葉には、心と身体は別という前提があります。身体をレンタルする、そして心はそんなシーンを別次元で眺めている。読みながら私が思い浮かべた作品は、三島由紀夫「青の時代」、そしてケッセル「昼顔」
でも、読み進むうち心はどうなんだ?という疑問を感じました。マヤに問いかけたいのは、ボディ以上にそのこと。だからといって、マヤの学友たち、桐子、雅、野獣くん等が正常とも言えません。
読んだ後とても答えが出せるような小説ではありません。すべてが非常に刺激的。その刺激がなかなか消えません。

 


 

to Top Page     to 国内作家 Index