P・G・ウッドハウス作品のページ No.2



11.P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー


【作家歴】、ジーヴズの事件簿、エムズワース卿の受難録、マリナー氏の冒険譚、ユークリッジの商売道、比類なきジーヴス、よしきたジーヴス、それゆけジーヴス、ウースター家の掟、でかしたジーヴス

 → P・G・ウッドハウス作品のページ No.1

  


     

11.

●「P・G・ウッドハウスの 笑うゴルファー」● ★☆
 
原題:"WODEHOUSE ON GOLF"        訳:岩永正勝・坂梨健史郎


ウッドハウスの笑うゴルファー画像

2009年04月
集英社インターナショナル

(1400円+税)

 

2009/06/09

 

amazon.co.jp

ユーモア小説数多いウッドハウス作品の中から、ゴルフを題材にした作品を集めた短篇集。

スポーツという題材にユーモアの要素が加われば、それだけでも楽しいようなものですが、そのうえP・G・ウッドハウスの手によるユーモア・ゴルフ小説だというのですから、面白さは半ば保証されているようなもの。
とくに本短篇集に収録されている短篇は、若い男女の恋愛騒動ばかり。
男女の片方あるいは両方が、ゴルフと聞けば目の色が変わるというくらいのゴルフ愛好者であるが故に、恋愛のゴタゴタはいつもゴルフ場に持ち込まれ、最後の勝負もゴルフ絡みによって決せられるという具合。

各篇、基本的にゴルフ倶楽部の最長老メンバーが語る話、という形で繰り広げられますが、唯一「恐怖のティーグランド」だけ釣遊亭マリナー氏が語る話となっています。
どれも同じように面白いユーモア作品ですが、収録6篇中、私は冒頭の「ゴルフは非情」が一番面白かった。
臆病者の青年が、ゴルフ場に立つや様相を一一変、若い美人がその命令口調に腹を立てて・・・・というストーリィ。
次いで「恐怖のティーグランド」は、ゴルフの勝負に勝ったら結婚してあげると約束してもらえた男性2人が、お互いに負けを競うとして・・・というストーリィ。抱腹絶倒の面白さです。

理屈ぬき、気軽に楽しめる屋外型ユーモア小説選です。

ゴルフは非情/恐怖のティーグランド/ルールは厳正/道化師よさらば/ゴルフさえあれば/意外な弱点

  

P・G・ウッドハウス作品のページ No.1

 


     

to Top Page     to 海外作家 Index