コルム・トビーン作品のページ


Colm Toibin  1955年アイルランド東部ウェックスフォード州生れ。祖父はアイルランド独立運動の活動家。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで歴史と英文学を学び、ジャーナリストとして活躍後、90年代から小説を発表。アメリカ各地の大学で創作を教え、現在はコロンビア大学で教鞭を執る。

 


                

「マリアが語り遺したこと」 ★★★
 原題:
"The Testament of Mary"  
    訳:栩木伸明


マリアが語り遺したこと画像

2012年発表

2014年11月
新潮社刊

(1600円+税)

  


2014/12/22

 


amazon.co.jp

イエスが処刑された後、その母マリアは小アジアのエフェソに逃れ、老境に達した今、静謐な日々を送っている。
そこを訪れてきた2人の男、2人はマリアから数々の話を聞きだし、それらを綴り合わせて「福音書」を書き上げようとしているらしい。しかし、男たちが望むような話をマリアが語ることはない。

イエスの母=マリアを主人公にした類稀な小説作品。
その着想の見事さ、鋭さには、あっと驚かされる思いです。

母マリアから見ると、息子の行動は理解不能。おまけに息子の周りにははぐれ者たちが大勢集まり、やたら訳の分からぬ気勢を上げている、といった風。そんな息子の行動を、マリアは理解しようとも思わない。彼女にとっては安息日の様な平穏で落ち着いた一日こそが大切なのである。
それでもマリアは、自分が腹を痛めた息子の、その身のことを心配して止みません。
まるで昭和の時代、闘争に熱を上げた全学連の息子をもった母親のようではありませんか。まさに普遍的で永遠の母親像を見る思いです。

そんなマリアにとっては、後日“聖母マリア”と称えたりすることは、思いも寄らぬことであったし、きっと望むことでもなかったことでしょう。
イエスが何を考えているかなどは関係なく、その身に迫る危険を案じ、処刑の場で息子が受ける苦痛に自らもさいなまれ、そして自らの安全を図るためにその場から逃走する。
本書に描かれるマリアは、聖母マリアなどという抽象的な存在ではなく、生々しい声をもった、極めて普通の母親でしかないマリアです。
そんな彼女にどんなに親近感を覚えることか。

あまり語られることのないマリアを生身の母親として描くという着想の見事さと、その筆力の素晴らしさに脱帽です。
約 130頁とごく短い作品。是非お薦め!

    



新潮クレスト・ブックス

      

to Top Page     to 海外作家 Index