アントワーヌ・ローラン作品のページ


Antoine Laurain  1970年代初頭、フランスのパリ生。大学で映画を専攻後、シナリオを書きながら短編映画を撮り、パリの骨董屋で働く。自分そっくりの18世紀の人物画を手に入れたコレクターをめぐる小説「行けるなら別の場所で」にて作家デビューしドゥルオー賞、4作目となる「ミッテランの帽子」にてランデルノー賞およびルシ・デ・ワイヤジュール賞を受賞。

 


                                   

「ミッテランの帽子」 ★★★ ランデルノー賞、ルレ・デ・ヴォアイヤジュール賞
 
原題:"Le Chapeau de Mitterrand"     訳:吉田洋之


ミッテランの帽子

2012年発表

2018年12月
新潮社刊

(1900円+税)



2019/01/25



amazon.co.jp

1986年の議会選挙で大敗した仏大統領フランソワ・ミッテランが、再びその座を取り戻すまでの2年間を背景にした物語。

うだつの上がらない会計士
ダルニエ・メルシエがふと入ったブラッスリー。何とその隣席に、ミッテランが着席。
そのミッテランが置き忘れて行ったフェルト帽、ダニエルはついその帽子を手に取って店を出てしまいます。
しかし、そのミッテランの帽子が、手に取った人々の運命を変えていく。
まずはダニエル、次いで見込みのない不倫関係から抜き出せないでいた
ファニー・マルカン、長いスランプに沈んでいた天才調香師のピエール・アスラン、そして最後は資産家のベルナール・ラヴァリール

とにかく最初から面白い。何と言っても、あのミッテランの<帽子>が重要な脇役を果たしているのですから。
そして、ストーリィ全体が、温かみのあるユーモラスな雰囲気に包まれていると言って過言ではありません。
帽子が4人の手を次々と渡っていく経緯、その彼らの運命を変えてしまう様子が何といっても楽しい。
ストーリィ展開は歯切れよく、シンプルかつ明快。そしてテンポも良し。

それだけでも十分面白かったのですが、最後のエピローグがまた抜群。
エピローグが、それまでの面白さをさらにもう一段、グン!と引き上げた感じで、もう興奮しました。
軽く読めて面白く、飽きることのない傑作。是非、お薦め!

     



新潮クレスト・ブックス

      

to Top Page     to 海外作家 Index