☆50MHz バンドの使われ方。(50-52MHzまで編)☆
BAND PLANについては以下のURLを参照してください。
  http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20150105.pdf

以下、現実の使われ方を補足します。 あくまで慣習であり、法的にはBAND PLANに違反しなければ運用は可能ではあります。

★50.000-50.100MHz CW 専用周波数

◎50.000-50.050MHz 国内ビーコン

50.010 JA2IGY 三重県
50.017 JA6YBR 宮崎県
50.023 JA1ZYK 千葉県
50.027 JE7YNQ 福島県
50.032 JR0YEE 新潟県
50.037 JR6YAG 沖縄県

◎50.050-50.080MHz 国内向けCW運用

 CW/Phoneを切り替えて運用する人は50.150MHz以上が多い。


◎50.080-50.100MHz DX向けCW運用

★50.100-51.000MHz CW 狭帯域の電話・電信・画像


◎50.100-50.150MHz DX向けPhone(CW)運用 
 
50.110MHz は国際的にもDX Window として使用されています。
 
JAでは50.080MHz〜50.150MHzはDXの入感に備えてクリアーにしておこうという慣習があります。

HFのDXに比較して入感頻度の少ない6m DXですので、QRMで潰されないよう国内向け運用との住み分けがキッチリされています。

サイクルのピーク時のW大オープン時には 50.100-50.300MHzまでWでぎっちり埋まることもあります。               

◎50.150-50.500MHz 国内向けPhone(SSB)運用

国内向けSSB運用のほとんどがこの範囲内で行われています。またPhoneとCWを切り替えながら運用する方もこの範囲内が  多くなっています。ワッチしていると分かりますが、50.200MHz付近が人気が高いようです。

ビーコン
50.480 JH8ZND 北海道千歳市
50.485 JH9YHP 富山県
50.490 JG1ZGW 東京都

◎50.200-51.000MHz 国内向けDATA(RTTY,SSTV,JT65等)運用。

RTTYは移動局はその時々の周波数で出るか、過去のバンドプランの名残で 50.300MHz以上にQSYしての運用がされています。
JT65の運用が 50.276MHzで行われています。
MSK144の運用が 50.280MHzで行われています。
アナログSSTVのCQが 50.300MHz で時々出ています。

◎50.500-50.700MHz 国内向けPhone(AM)運用

 50MHzはまだAMの運用が盛んです。ほとんどの運用がこの範囲内で行われています。

★51.00-52.00MHz 広帯域の電話・電信・画像

◎51.00-52.00MHz 国内向けPhone(FM)運用。
 
   51.00MHz はFMの呼出周波数

JARL コンテスト周波数は以下のとおり。
DXとの住み分けを図るため平成24年4月開催のALL JAコンテストから変更になりました。

CW 50.250-50.300 MHz
AM/SSB 50.300-51.000 MHz
FM 51.000-52.000 MHz


50MHzはBAND幅が4MHzもある広いバンドです。慣習であり、"紳士協定"ではありますがこれを守ることにより、DX向け運用と国内向け運用がお互いに尊重し合いながら、変化 に飛んだこの50MHz BANDを楽しむことが可能となっています。同じバンドを愛するもの同士が、無用な軋轢を生むことを避けるためにできている合理的 な慣習です。

なぜ 50.080MHz〜50.150MHzを国内運用に使用しないでおこうという慣習があるのでしょうか?50MHzはその周波数の特性上HFとは異なりDXの入感の頻度が低くなっています。しかもその 信号強度がかなり弱いこともあります。したがって普段ここの周波数を国内通信に使用していると、DXの入感に気がつかないことも あり得るのです。DXが入っているときに限ってその周波数での国内通信を控えればよいのでは、という意見も ありますが、上記のことを踏まえれば「いつ入ってくるか分からない 50MHzのDX」にはその使用方法では不具合があるのです。

50MHz帯は 4MHzも幅があるバンドで、日常的に使用されているのはその中の50MHz〜52MHzだとしても 2MHz も幅があり、さらにSSB CW AM等が主に運用されいるのは 50MHz〜51MHzの 1MHzです。十分な広さがあり、その中の70KHzを国内向け運用にしないようにという暗黙の了解があっても通常の運用には何ら支障が無いでしょう。自らトラブルの元となるような運用をする必要もありません。

6m BAND は色々な運用方法を楽しむ方がいるBANDです。移動運用、ローカルラグチュー、コンテスト、DX等。DXを特別扱いしているというご批判もあるかもしれませんが、6mの周波数の特徴を踏まえて、色々なスタイルの楽しみ方をする人がお互いを尊重して、お互いがストレスにならずトラブルを回避するための工夫がこの「棲み分け」なのです。
言ってみればBANDプランとは別の 「公序良俗」「暗黙のルール」 なのです。
どこのバンドにも慣習や暗黙の了解がありますが、それぞれのバンドの慣習はフォローしておくのが無難です。無用なトラブルを避けるために。

私は趣味は自分の人生を豊かにするために存在すると考えています。アマチュア無線も趣味の一つ。この趣味でその趣向の違いで摩擦やトラブルのためにストレスを感じることは本末転倒です。それを予め避ける手段や工夫があればそれを活用したほうが良いのではないでしょうか。

この慣習・暗黙のルールは大人の譲り合い精神の基にできたと理解しています。私が提唱しているのではなく、私も開局した頃に近所のOMさん達から習ったものです。最近は局数も減りローカルとの付き合いも減ったため、このような話が伝わりにくくなりました。そこでこのようなページを作って広く知っていただこうと思った次第です。

de JP1LRT

以下のページも参考されてください。
JA1RJU 小笠原OMのページ
http://www5.big.or.jp/~ja1rju/six_doc.html

オペレーションに関する続編は
http://www.asahi-net.or.jp/~vj5y-tkur/6m/6m_ja2.txt