資料頒布

荒井信一著
『コロニアリズムと文化財―近代日本と朝鮮から考える』岩波新書1376、2012年。

略奪か、合法的取得か―。地域や民族の歴史を端的にものがたる文化財は、近代において、ナショナリズムを高揚させ、統治の優位性を演出する格好の装置として機能した。

いま、文化財の所属をめぐり、大きな変化がおきている。
人類全体の遺産として位置づけなおすことは可能なのか。日本と朝鮮の場合を軸に、世界の動きも紹介しつつ考える。


一部 720円(送料込み)
 


慧門(ヘムン)著・李素玲(イー・ソリョン)訳
『儀軌―取り戻した朝鮮の宝物』東国大学校出版部、2011年。

1922年、朝鮮総督府が強奪した「明成皇后国葬都監儀軌」を2011年、日本宮内庁から取り戻すまでの韓国民間団体による海外文化財返還運動に関する最終報告書。

”真実は常に想像も出来ないような力を発揮する。
 魂を込めた卵が岩をも砕く”


 品切れ

荒井信一「書評: 慧門著・李素玲訳『儀軌―取り戻した宝物』」『図書新聞』3075号、2012年8月18日




黄壽永(ファン・スヨン)編、
国外所在文化財団 企画
李洋秀(イー・ヤンス)・李素玲(イー・ソリョン) 日本語訳
荒井信一 監修
『韓国の失われた文化財 増補 日帝期文化財被害資料』 三一書房、2015年

日本による侵略・占領期に行われた、韓国文化財の略奪と毀損に関する資料集。
日本の学者の論文、関連記事、公文書などを収録した『日帝期文化財被害資料』(1973 年、黄壽永博士編)の増補改訂版。
韓国文化財の返還は、過去・現在を貫き、未来に向けて解くべき課題である。
(定価:本体3500円+税)

日帝が略奪・破壊した文化財、その受難の記録(1)(2)
中央日報 (2015/08/13)

この書籍は取り扱ってません。直接書店でお求めください。

----------------------------------------
黄壽永(ファン・スヨン)編、
李洋秀(イー・ヤンス)・李素玲(イー・ソリョン)共訳補編
『日帝期文化財被害資料』 韓国美術史学会刊

1973年に韓国で刊行された資料集の日本語訳。
本書は、日本の植民地時代に朝鮮半島から持ち出された文化財の状況を広範に収集、詳細に記録した資料集です。

編著者の黄壽永氏は仏教美術の専門家で、韓国国立博物館館長、東国大学教授、同大学総長などを歴任。日韓会談では、韓国側の文化財返還交渉の実務代表者として活躍しました。

 残部なし


『第1次国際シンポジウム』
利川五重ノ石塔還収と新しい韓・日関係を祈願する

2010年8月27日に韓国京畿道利川市で開催された国際シンポジウムの記録


主催:利川五重ノ石塔還収委員会
    大韓仏教曹渓宗総務院

主な資料
利川五重ノ石塔日本搬出の経緯を示す原資料
大倉集古館陳列品目(1918年5月1日、朝鮮分)

頒価500円+送料100円


 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2022』
2022年6月1日 No. 11

頒価:300円+送料100円

目次
新しい言葉を紡ぐ努力と模索を 有光 健
「収奪文化財」は、「瑕疵文化財」である 五十嵐 彰
靖国神社の清朝・石獅子はいかに「運ばれて」きたか ケ 捷
朝鮮文化財・九州国際ワークショップ 大澤 文護
関連資料の紹介と活用に関する覚え書き 大澤文護
台湾から考える、脱植民地化の虚像と実像(2) 俵 寛司

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2021』
2021年6月1日 No. 10

無料:download (PDF, 2.3MB)

目次
歴史的葛藤から世界史的解決へ 有光 健
「返す」ということ         五十嵐 彰
利川五重石塔返還収運動13年間の報告 李相九
「観月堂」の調査・研究       佐藤孝雄
「『朝鮮半島由来文化財』に関する日本国内の認識研究」を基にした考察     大澤文護
朝鮮「労働新聞」連載記事について 金哲秀
台湾から考える、脱植民地化の虚像と実像 俵 寛司
韓国民主化運動の狭間で      廣瀬雄一
紹介:『奪われた朝鮮文化財、なぜ日本に』    陳 大哲
20年度「朝鮮半島の文化財」の授業を終えて   長澤裕子
欧州の文化財返還の動き/連絡会議10年の歩み

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2020』
2020年6月1日 No. 9

無料:download (PDF, 2.1MB)

目次
2019-20年の動きと今年の課題          有光 健
仏文化財返還レポートから1年         森本 和男
シンポ報告:世界史の中の文化財返還問題  編集部
訪朝報告                       有光 健
文化財返還を拒むものは、何か?       五十嵐 彰
書評:『文化財返還問題を考える』        宮瀧 交二
本の紹介・『京都の渡来文化と朝鮮通信使』  陳 大哲
対馬レポート                    森本 和男
文化財東京ワークショップ報告
連絡会議の歩み

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2019』
2019年5月1日 No. 8

無料:download (PDF, 1.7MB)

目次
2018-19年の動きと今後の課題          有光 健
フランスの返還政策とその波紋         森本 和男
荒井信一先生追悼シンポジウム         編集部
貴重な墓誌を韓国へ返還
釜山ワークショップの報告            森本 和男
東京大学駒場キャンパス2018年度
  「韓国文化財オムニバス授業」を実施して  長澤 裕子
東洋陶磁美術館・「高麗青磁」展を見て     森本 和男
[訃報]南永昌さん逝去
第3回関西ワークショップ報告/今年の案内
連絡会議の歩み

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2018』
2018年5月1日 No. 7

無料:download (PDF, 1.3MB)

目次
双方の歴史を知り、冷静・知的な対処と調査を  有光 健
2011年衆院外交委議事録より(荒井信一参考人陳述)
荒井信一先生インタビューの思い出        大澤 文護
対馬の仏像問題:韓国の近況            菅野 朋子
金銅観音菩薩像の早期返還を求める要望書
故李一満先生を偲んで                金 哲秀
「生ける歴史」とは何か ―渤海国半拉城址発掘を中心に―
                               五十嵐 彰
李英介コレクションを巡って              陳 大哲

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2017』
2017年5月1日 No. 6

無料:download (PDF, 2.1MB)

目次
2016-17年の動きと今後の課題             編集部
対馬から盗まれた観世音菩薩坐像問題について 菅野朋子
大田地方法院判決・仮処分決定           訳=李 洋秀
長崎・高島、端島、対馬を訪ねて            長澤裕子
「返還考古学」という新しい枠組みへ          五十嵐彰
関西国際ワークショップに参加して           森本和男
「高麗仏画展」観覧記                   森本和男

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2016』
2016年6月1日 No. 5

無料:download (PDF, 3.7MB)

目次
2015-16年の動きと今後の課題             編集部
文禄の役と常宮神社の朝鮮鐘              森本和男
調印直前、約束がどんどん反故にされる過程    李 洋秀
公開された日韓会談文書の文化財目録        森本和男
「小倉コレクション」について 目録は語る       李 素玲
書評『韓国の失われた文化財』三一書房       五十嵐彰

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2015』
2015年6月1日 No. 4

無料:download (PDF, 5.6MB)

目次
2014-15年の動きと今後の課題             編集部
文化財返還と植民地主義の清算            荒井信一
文化財をめぐる争いから平和と交流のための文化財返還運動に
                                有光 健
文化財関係の日本側外交資料公開状況について  李洋秀
ドイツ・シュピーゲル誌記事から文化財返還問題について考える
                                五十嵐 彰
新たに発見されたナチ略奪美術品           森本和男
『民族文化財を探し求めて』を訳し終えて       李一満
「不都合な真実」に再照射を               慧門
イスラム過激派による文化財の破壊・盗掘・違法輸出
兪弘濬・丁圭洪さんの著書紹介

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2014』
2014年6月1日 No. 3

無料:download (PDF, 3MB)

目次
2013-14年の動きと今後の課題            編集部
政府間直接対話の提言(連絡会議)・関連ニュース
韓国・朝鮮の人々の「悔しさ」について        荒井信一
「小倉コレクション目録」との出会い          李素玲
連絡会議の歩み
日本側外交資料公開状況について(2)       李洋秀
[書評]小野勝年・日比野丈夫『陽高古城堡』    五十嵐彰
映画「ミケランジェロ・プロジェクト」紹介       森本和男

 
『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2013』
2013年7月1日 No. 2

無料:download (PDF, 2MB)

目次
2012-13年の動きと今後の課題            編集部
「対馬仏像盗難問題に関する私たちの見解」・関連報道
東京国立博物館所蔵・朝鮮半島由来の文化財   李素玲
文化財関係の日本側外交資料公開状況について 李洋秀
アメリカの文化財返還 −最近の動向から−    森本和男 
本の紹介
韓国訪問報告                      森本和男
連絡会議の歩み


『韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2012』

2012年5月1日 No. 1

無料:download (PDF, 14MB)

目次
年報発行に当たって・2011年の動きと今後の課題
「朝鮮王室儀軌」の返還と植民地支配の清算  荒井信一
慧門師講演から: 奪われた文化財について    李素玲
『日帝期文化財被害資料』を訳して          李洋秀
晋州シンポジウムに参加して            五十嵐彰
利川市議会決議
晋州(チンジュ)の論介(ノンゲ)と鐘           森本和男  
提言 映像記録の呼びかけ
連絡会議の歩み・主な活動

 



資料の問い合わせ先:

韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議
〒102-0074 千代田区九段北4-1-31-401
Tel: 03-3237-0217 Fax: 03-3237-0287
kcultural_property@yahoo.co.jp


郵便振替口座: 00140-9-607811 「韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議」
   銀行口座:ゆうちょ銀行(店番)018 普通預金(口座番号)3379125 同


Home | Top                     韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議