0から始める手作りおもちゃ4


                   
エイムズの部屋      傘袋のロケット2 箱型飛行機   牛乳パックの飛行機      
エイムズの部屋 エイムズの部屋の型版 紙の花 傘袋のロケット2  箱型飛行機  牛乳パック飛行機 うちわの骨のシャボン玉の輪   プリンカップコマ  ぶくぶくシャボン玉   
牛乳パックのポシェット  変身カード フォログラムの折り紙のコマ2 手回しコマ    小さな風車 坂道コロコロ   栞 レターケース 紙コップのメガホン
牛乳パックのポシェット  変身カード  フォログラムの折り紙のコマ2 手回しコマ  お祝い用のブーケ  小さな風車 坂道コロコロ  スクラッチ技法の栞  レターラック メガホン
 アルミ缶のピーク 新聞紙のかぶと     痛くない刀 スーパーの袋のパラシュート   ポリ袋のサッカーボール 魚型のヘリコプター   コロコロ車 ころころビー玉落とし コロコロ鈴落とし 
アルミ缶のピーク 新聞紙のかぶと 超簡単な射的の的 痛くない刀 スーパーの袋のパラシュート サッカーボール 魚型ヘリ コロコロ車 ころころビー玉落とし コロコロ鈴落とし 
フライ返し ペンダント 髪飾り 紙コップロケット コロコロ車2 ケーキ屋さんのキャップ
カラー積み木 秘技・フライパン返し クッションシート飛行機 ペンダント  あのねホン 簡単に作れるパズル 髪飾り 紙コップロケット  コロコロ車2 ケーキ屋さんのキャップ
全体像 七夕飾り:階段 あみ飾り  貝飾り 吹き流し 十字星     牛乳パックのバケツ 水鉄砲の的
針金の花のリース 七夕飾り:階段 七夕飾り:あみ 七夕飾り:貝飾り 七夕飾り:吹き流し 七夕飾り:十字星 七夕飾り:くずかご 七夕飾り:ちょうちん 牛乳パックの可愛いバケツ   水鉄砲の的
投げ縄 写真立て 写真立て トイレットペーパーの芯の写真立て   バズーカ ペーパークラフトの花
フォログラムの折り紙のコマ ヤクルト容器の投げ縄  カラー段ボールの写真立て1 カラー段ボールの写真立て2 トイレットペーパーの芯の写真立て 新:紙コップのクラッカー 立体的に見える(?)写真立て 紙コップの楽器 バズーカ  ペーパークラフトの花 


写真
掲示板『青い空』 

 気軽に感想や作り方のご質問をしてください。
 


イラスト  アルミ缶のピーク
アルミ缶(道具・材料)
アルミ缶(今回は口側が細くなっている管しか無かったのでそれを使いましたが、できればコーヒーやジュース等の缶で缶の太さが同じようなもののほうが作りやすいでしょう。)、カッターナイフ、はさみ、サインペン、布ガムテープかビニールテープ、缶切り、定規
底を缶切りであけます。缶切りであけた様子丸い棒等で折った部分を押さえていきます。(製作の手順)
@アルミ缶の底を缶切りで切り取ります。

A切り口が鋭利な状態なので、ペンチで押さえて平らにするか棒等で押さえて平らにします。

底から4pと1pの目印を書く底から5pの所にテープを巻きます。カッターナイフで切ります。B缶の底から4pとそから1pの所にサインペンで印をつけます。

C底から5pの所にテープをぐるりと貼ります。これで缶を切る目安ができます。


カッターナイフでアルミ缶を切った様子切り口から1pの所にテープを巻きます。はさみで切りやすいように余分なテープは獲ります。Dカッターナイフで缶を切っていきます。缶持っている手を傷つけないように気をつけます。

E切り口から1pの幅の所にぐるちとテープを巻きます。余分なテープは手で切ってハサミで切り込みしやすいようにします。


はさみで1pずつ切ります。はさみで切った様子内側に折り曲げていきます。Fテープの幅(1p)を目安にしてハサミで切り込みを

Gハサミで切り込みした部分を指で内側に折り込んでいきます。

H缶の内側に折り込んだ部分を棒などで押さえて平らにします。

丸い棒等で折った部分を押さえていきます。テープを巻いてはさみで切れ込みを入れます。手をけがしないようにテープを巻きます。ピークの投げるときの持ち方
Iガムテープかビニールテープを切り口に巻いて、ハサミで切り込みを入れてから内側に折り込みます。これで完成です。

※投げ方は、親指・人差し指・中指で缶を支えて前に押し出す感じです。うまく投げれば10m位飛んでいきます。
 



イラスト   牛乳パックのポシェット
カラーの段ボール(道具・材料)
100円ショップで売っているカラーの段ボール、牛乳パック、はさみ、定規、両面テープ、マジックテープ、ペン(サインペン)、ボンド
 
取っての部分をはさみで切ります。カバーにならない方は切り落とします。(制作の手順)
@牛乳パックの底から10pの所に線を引きます。前側と左右に線を引きます。後ろ側は蓋になるので、線は引きません。

A取っ手の部分を作ります。パックの箱の左右側を使います。真ん中から1.5pずつ計3pの幅に線を上まで引きます。

取ってになる所に両面テープを貼ります。取っ手部分のできあがり。B前側は10pの高さの所ではさみで切り落とします。左右側は取っ手の部分を残すように切ります。

C取っ手の部分の先端は1pほどはさみで切ります。片方の取っ手の部分に両面テープを貼り、取って部分を合わせて貼り合わせます。

Dカラー段ボールを箱の部分と取っ手の部分に両面テープで貼り合わせます。

パックに両面テープを貼ります。蓋の部分に貼る段ボールを作ります。蓋の部分にも両面テープを貼ります。マジックテープを切ってふたに貼ります。ボンドで貼ります。マジックテープの位置完成全体像
Eマジックテープを写真のような位置にボンドで貼り付けます。(箱の上側と蓋の中側。)

Fボンドが乾いたら完成です。



エイムズの部屋    エイムズの部屋
(道具・材料)
100円ショップで売っている厚画用紙(工作用紙が使いやすいです。)、はさみ、定規、のり、人のイラスト
寸法図上から見た様子上から見た様子(制作の手順)
@左の寸法図のように底(床面)・左右の壁・奥の壁・手前の壁(窓あり)を工作用紙か厚画用紙のい描いてはさみで切ります。のりしろは各1p位。

A壁の赤い線は出前が太く、奥へ行くほど細くします。

壁の様子側面から見た様子窓から見た様子人間のイラストB箱を組み立てます。組み立てると写真のように傾いた箱になります。

C人間のイラストを同じ大きさで印刷します。印刷したものは厚画用紙に貼って立てられるようにします。



箱の全体像那須にて:エイムズの部屋D手前の壁の窓から中を覗くと、同じ大きさの筈の人のイラストが大小の大きさに錯覚で見えます。



イラスト    箱型飛行機
(道具・材料)
厚画用紙か工作用紙、はさみ、ビニールテープ、定規、のり、ペン
 
寸法図寸法図を書いて切ります。(制作の手順)
@工作用紙か厚画用紙に寸法図のように寸法を入れます。(※工作用紙がお勧めです。)

A太線の所をはさみで切ります。

対角線上の2本の柱全体像B折れ線の部分を折ります。

C右側の2pの幅のところがのりしろになっているので、箱を折って組み立てたら、のりをつけて固定します。

D箱の上と下側にビニールテープを2〜3回巻きます。これで完成です。

※投げるときは、支柱になっているところ(1本)を指でつかんで、押し出すように前に投げます。



 イラスト   牛乳パックの飛行機
(道具・材料)
牛乳パック、はさみ、カッターナイフ、ビニールテープ、定規
 
牛乳パックの口側を切り落とします。底も切り落とします。(制作の手順)
@基本的には、上の箱型飛行機と同じですが、牛乳パックなので寸法が小さめになります。上下のビニールを巻く部分は、幅が3pで支柱になる部分は、幅は4pです。

A牛乳パックの口側のところをはさみで切り落とします。

Bパックの底のところもはさみかカッターナイフで切り落とします。
余分なところを切り取ったところビニールテープを2〜3回巻きます。完成したもの
C上下の幅3p、支柱の部分が4pになるようにはさみでパックを切ります。(※支柱の位置は対角線上になります。)

D上と下側にビニールテープを2〜3回ぐるぐる巻きます。これで完成です。

※投げ方は、上の箱型飛行機と同じです。
 



イラスト   プリンカップコマ
(道具・材料)
プリンのカップ、きり、ボンド、竹ひごの太いもの、アクリル絵の具、筆、ビニールテープ、はさみ
きりで底に穴をあけます穴が開いた様子(制作の手順)
@プリンカップの底の中心にきりで穴をあけます。穴の大きさは竹ひごが通る大きさ。

A穴に竹ひごを入れます。穴の下は竹ひごを2p位出します。上の部分は9p位。余分なところははさみで切ってしまいます。

Bボンドで竹ひご(コマの軸)を固定します。(※この時、コマの下にビニールテープを置いておくと、コマの軸を垂直にしやすいしコマが倒れないので便利です。)
ボンド軸をつけますアクリル絵の具で色を塗ります完成
Cボンドが乾いたらコマにアクリル絵の具で色を塗ります。(色を塗るのはコマに穴を開ける前の方がやりやすいです。))

D絵の具が乾いたら完成です。


回転逆さでも回転このコマは普通に回しても軸を逆さにして回してもよく回ります。



    新聞紙のかぶと
(道具・材料)
古新聞紙、はさみ(または、カッターナイフ)
正方形に新聞紙を切るふたつに折る三角の左右を折る下から上に折る(制作の手順)
@新聞紙を正方形にします。

A三角に折ります。三角になったら、左右の端を三角形の頂点に合わせて折ります。これでダイアの形になります。
耳?を折る下側から上に折り曲げる下から折る左右の端を裏側に少し折る
B新聞紙をくるりと回し、ダイアの頂点側が下に来るようにします。左右の端を上に持って行き、折ってかぶとの耳(?)にします。


裏側上側に折っていく完成C下の方を上に折り、三角形を作ってから、余った部分を上に折っていきます。左右の端を外側に折ります。

D裏返しにして下を何回か折っていきます。これで完成です。



イラスト     紙の花
(道具・材料)
100円ショップの折り紙、はさみ
折り紙を半分に折ります。更に半分に折ります。更に半分に折ります。更に半分に折ります。切る線を描き、はさみで切ります。(製作の手順)
@折り紙を半分に折ります。⇒更に半分に折ります。⇒更に半分に折ります。⇒更に半分に折ります。⇒更に半分に折ります。


黄色の花花弁の多い花花弁の少ない花大小の花の2枚重ね花弁に切れ込みのある花A切る部分に線を引き、はさみで切り取ります。

B紙を広げれば花の完成です。(※折り紙を折る回数や切り取る部分の線の引き方を変えることで、花を小さくしたり、花の枚数を変えることができます。)



イラスト   ケーキ屋さんのキャップ
 
レースペーパーファブリックテープ(道具・材料)
100円ショップのケーキコーナーで売っているレースペーパーの中サイズ・厚画用紙かファブリックテープ、両面テープ、輪ゴム、はさみ
  
輪ゴム2本を結びます。レースペーパーを半分にはさみで切ります。ファブリックテープを両年テープで貼ります。両面テープをペーパーに貼ります。(製作の手順)
@レースペーパーを半分に折ってからはさみで切ります。

A両面テープをレースペーパーの下側に貼ります。

B厚画用紙を棒状に切ったものかファブリックテープをレースペーパーの両面テープに貼り付けます。厚画用紙かファブリックテープの長さは、キャップを使うお子さんや先生の頭の周囲の長さより15p位短くします。
テープの両端を折り曲げます。輪ゴムをテープに挟みます。セロテープで折り曲げたテープの端を貼ります。完成前から見た様子。テープの代わりに厚画用紙を使ったもの
C画用紙かテープの両端を折り曲げます。

D輪ゴム(1本か2本)の輪を折り曲げたテープの中に入れ、セロテープで留めます。これで完成。



ぶくぶくシャボン玉
(道具・材料)
ペットボトル、ダイソーで売っている靴下か家にある靴下、100円ショップのシャボン玉液、ビニールテープ、カッターナイフ、はさみ
 
ペットボトルに靴下をはかせますピンとはるようにします(製作の手順)
@ペットボトル(炭酸飲料のものが底が丸くて丈夫です。)の下側にビニールテープを巻いて、それを目安にしてカッターナイフで切ります。

A切った部分を整えるため、はさみできれいにペットボトルを切っていきます。

どんどん出てきますB普通は切った所にハンカチなどの布を当てて輪ゴムで布をとめるのですが、もっと簡単な方法として靴下をはかせます。靴下はぎゅっと上に引っ張ることで、切った部部の面にピンと張ることができますし、輪ゴムで固定する必要もありません。これで完成です。

Cピンと張った部分をシャボン玉液につけてから、ペットボトルの飲み口に口を当ててプーッと吹けば、誰でも失敗なくぶくぶくとシャボン玉がどんどん出てきます。



イラスト    手回しコマ
(道具・材料)
ペットボトルのキャップ、紙コップ、ボンド、はさみ、千枚通しかきり、小さめの+のドライバー、厚画用紙か工作用紙、割り箸(先が尖っている物がいいです。尖っていない場合は、カッターナイフで削ります。)、コンパス、定規
 
キャップに穴をあけます。半径8pの円(製作の手順)
@キャップに千枚通しかきりで穴をあけます。プラスのドライバーで穴を広げ、割り箸が入るようにします。

A厚画用紙か工作用紙にコンパスで半径8p位の円を描きます。

Bはさみで円を切り取ります。円の中心に千枚通しで穴をあけておきます。

紙コップをボンドで貼ります。コマの裏側全体像C紙コップの底の中心に穴をあけ割り箸を通します。割り箸を円の厚画用紙の穴に通します。

D紙コップの口側にボンドを塗って円の厚画用紙に貼り付けます。

Eキャップの穴に割り箸を通します。これで完成です。

シールが貼ってあるもの回し方※円盤のところに絵を描いたりシールを貼ると、回転した時にきれいです。回し方は写真のように両手で割り箸を挟んでおこないます。



イラスト    スクラッチ技法の「栞」
サクラクレパス(道具・材料)
サクラクレパス(これがお勧め)、100円ショップで売っている画用紙、ひも、穴開けパンチ、ラミネーター、ラミネーターフィルム、はさみ、定規、角丸君(ラミネーターフィルムの角を丸く切り落とす文具)、割り箸、ティッシュ
 
下地は明るい色(製作の手順)
@画用紙は適当な大きさにはさみで切ります。(写真の栞は幅が4pと5pです。5pの方がお子さん達には描きやすいでしょう。)

A下地の色は、明るい色を塗ります。(例:黄色、白、薄緑色、水色等)


かすはティッシュで拭き取ります。ラミネートします。B明るい色の上に濃い色(黒色、青色、赤色等)を重ね塗りします。

C割り箸で絵を描いたり線を描いたりします。この時に上に塗った色が取れますので、ティッシュでそれを拭いて落とします。

Dラミネーターでパウチします。

線の模様ロケットの絵作品例
Eはさみかカッターで切り分けます。角が四角で鋭利なままでは危ないので、はさみで角を丸くするか、文房具の角丸君を使って丸くします。

Fパウチで穴をあけ、ひもを通します。これで完成です。
 



イラスト    レターラック
(道具・材料)
100円ショップで売っている透明のA4クリアフォルダー、カッターナイフ、薄手の白い紙(計算用紙等のノートの紙)、色鉛筆、はさみ、穴開けパンチ、定規、葉、セロテープかビニールテープ
 
A4ファイルの側面を切ります。(製作の手順)
@クリアーフォルダーの閉じてある側の真ん中のところまで、カッターナイフで切っていきます。

A定規を当ててクリアフォルダーを折ります。


木の葉を紙に映す木の葉の形にはさみで切ります。B白い紙の下に葉っぱを敷いて、紙の上から色鉛筆でこすります。(※色鉛筆は、寝かせるようにして力を入れずにこすると紙が破れません。)

C葉っぱの形になったら、周囲をはさみで切り落とし、紙の裏側に両面テープを貼ります。(葉の形に切らないで折ったフォルダーの袋状の中に入るサイズに紙を切ってもOKです。こちらが下の完成写真の右側のラックです。)

中に紙が入るように。木の葉の絵を入れます。Dクリアフォルダーの折った部分に葉っぱの絵を貼るか、そのままの白い紙を挿入するかします。(紙ではなく、本物の葉っぱを貼ってもOK))

Eクリアーフォルダーを折って下側にきたところにセロテープかビニールテープを貼り袋状にします。

パンチで穴をあけるレターラックF穴開けパンチでクリアフォルダーの上に穴をあけます。(ここに画鋲を挿してもいいし、リボンを通してもいいです。リボンのほうがかわいいでしょう。)・・・これで完成です。



イラスト   牛乳パックのかわいいバケツ
(道具・材料)
牛乳パック、はさみ、定規、ペン、両面テープ、ビニールテープ
 
胴の部分取っての部分はさみで切ります。(製作の手順)
@牛乳パックの底側から高さ10pの所に線を引きます。

A線を引いたところの真ん中に印をつけ、印から左右に1〜1.5pの幅でパックの上まで線を引きます。ここが持ち手になります。
両面テープで取っての部分を貼ります。全体像ビニールテープを巻きます。
Cはさみで持ち手の部分と底側の高さ10pのところの線を切ります。

D両面テープで左右の持ち手の端を貼り付けます。

完成水を入れています。Eビニールテープを持ち手の部分と底側の周囲に貼り付ければ完成です。


※水をたっぷり入れても大丈夫です。



 イラスト    フォログラムの折り紙のコマ
(道具・材料)
100円ショップで売っている折り紙(フォログラム)・厚画用紙、ペットボトルのキャップ、千枚通し、コンパス、楊枝、はさみ
 
キャップの中心に穴をあけます。厚画用紙に円を描いて切ります。(製作の手順)
@ペットボトルのキャップの中心に千枚通しで穴をあけます。ここに楊枝に軸が入ります。穴は小さめに。

A厚画用紙にコンパスで円を描きます。大きさは自由。はさみで切り取ります。

折り紙に円を4個描いて切ります。折り紙をのりで貼り付けます。B折り紙(キラキラ光るフォログラムの折り紙)に厚画用紙の円盤に入る大きさの円を4個描いてはさみで切り抜きます。

C厚画用紙の円盤に折り紙の円4個をのりで貼ります。

D円盤の中心の穴から楊枝をさして、キャップの中心の穴に通します。キャップにボンドを塗って厚画用紙に貼り付けます。
ボンドでキャップを貼り付けます。キャップを厚画用紙の円盤に貼ります。完成形こんな感じに見えます。虹色
Eこれで完成です。

※暗くした部屋でコマを回し、真上から懐中電灯でコマを照らします。「CDの虹色コマ」のように虹色が上に立ち上がるようには見えませんが、キラキラして虹色がきれいです。
イラスト    フォログラムの折り紙のコマ2
(道具・材料)
100円ショップで売っている折り紙(フォログラム)・厚画用紙、ペットボトルのキャップ、千枚通し、コンパス、楊枝、はさみ
  
全体像ライトを当てると(製作の手順)
@作り方は、上の折り紙のコマと同じです。違うのは、写真を見てわかるようにフォログラムの折り紙を4個の円ではなく、1個の大きな円にしていることです。部屋を暗くしてからコマを回転させ、懐中電灯で横や上から光を当てると虹色にきれいに輝いて見えます。「CDの虹色コマ」のように虹色が垂直に立ち上げって見えるようにななりませんが、上のコマよりも簡単で、こちらの方がきれいです。



 イラスト   傘袋のロケット2
(道具・材料)
輪ゴム1本、セロテープかビニールテープ、傘袋(大きなホームセンターに売っていますが、雨の日にスーパー等でただでもらえます。)
 
輪ゴムにテープを通します。傘袋に貼り付けます。(製作の手順)
@輪ゴムにセロテープかビニールテープを通します。

A傘袋の先の方にテープを巻き付けます。


空気を入れて完成親指に輪ゴムを引っかけて引きます。B傘袋に空気を入れて、口側を絞って輪ゴムでとめるかテープをとめます。空気が出ていかな刈れば、どんな方法でもOKです。

※飛ばし方・・・親指に輪ゴムを引っかけ、もう一方の手でロケットの後ろ側を持って引っ張ります。手を放すと輪ゴムの力でロケットがビューンと飛んでいきます。



イラスト    坂道コロコロ
(道具・材料)
100円ショップで売っている「色画用紙:からーぺーぱー」、定規、はさみ、ペン、単3の乾電池1本、のりかセロテープかビニールテープ 
寸法図(製作の手順)
@左の寸法図のように描いたら、はさみで切ります。

A上の部分は赤鉛筆やペンでしごいて丸みをつけます。

B1p幅ののりしろのところで貼って、細長い円にします。

C下の部分は点線部分を折って、箱を作ります。

D単3乾電池を細長い円の筒の中に入れます。この電池が重しになるわけです。

E電池の入った細長い円の筒のほうを箱の中に入れ、写真のように円の筒が飛び出さないようにテープを貼ります。

中の細長い円筒が抜けないようにテープを貼ります。乾電池の様子坂の角度の様子
Fゆるやかな斜面を作り、コロコロを立たせます。前側に押し倒してやるとくるんくるんと回転していきます。これで完成です。



イラスト   小さな風車
(道具・材料)
100円ショップで売っている計算用紙(折り紙等でもOK)、定規、ペン、はさみ
 
寸法図はさみで切ります。定規を使って折ります。完成形(製作の手順)
@計算用紙に左の寸法図のように描きます。

Aはさみで切り取ります。

B点線の部分を定規を当てて折ります。(※定規を当てて折るときれいに直線を折ることができます。)

Cテーブルに置いた「小さな風車」に真上から息を吹き付けて回します。回転が悪いようでしたら、羽になる部分の折り曲げた角度を変えて試します。・・・これで完成です。



イラスト  立体的に見える(?)写真立て
カラー段ボールDトレイ(道具・材料)
100円ショップで売っているカラー段ボールか厚紙(段ボールの方が丸めやすいです。)・Dートレイ2個(写真の透明の箱・プラスチックの容器を売っているコーナーにあります。フィギュアなどを飾るケースであれば1個ですみます。)、はさみ、定規、ペン、ホチキス(ステプラー)、パソコンとプリンターと写真用紙、好きな写真の画像データ、セロテープ、ボンド
 
幅の違う段ボールホチキスでとめます。幅(高さ)の違いリング(製作の手順)
@段ボールを幅5mm・1p・2p・3pと違う幅に線を引き、はさみで切ります。

A段ボールを丸めてリングにします。ホチキスでとめます。

写真を貼っていきます。下のトレイと上のトレイに写真を配置します。下側の写真と上側の写真が重ならないように配置します。高さが違う配置B高さの違うリングにボンドで写真を貼ります。(写真は自分の好きな写真を使い、大きさや形を好きなように変えていきます。)

Cリングに貼った写真をDトレイの箱の中に配置していきます。箱は2個あるので、下の箱の写真の位置と上の箱の写真の位置が重ならないようにします。

正面からD写真の配置が決まったら、ボンドで写真のついたリングをトレイに貼り付けます。

E箱を重ね、ボンドが乾かないうちに写真の位置を調整します。2つの箱は、セロテープをぐるりと貼って固定します。ボンドが乾いたら完成。ペ
 



イラスト    新・紙コップのクラッカー
(道具・材料)
100円ショップで売っている折
 
楊枝を押さえつけるように。ビニールテープを押さえて貼ります。紙コップの底に糸を通した様子。(製作の手順)
@紙コップの底に千枚通しで穴をあけ、糸を通してから楊枝に糸を結びビニールテープで底に貼り付けます。

Aもう1個の紙コップの口側に輪ゴムを通します。紙コップの縁に穴を2カ所あけて通す方法でも4カ所ハサミで切り込みを入れ、輪ゴムをねじって8の字にして引っかけてもいいです。引っかけた場合は、ビニールテープをぐるりと巻いて輪ゴムがとれないようにします。

輪ゴムを通します。輪ゴムの間に糸を通します。糸を輪ゴムの間に通した様子完成B輪ゴムの間に糸を通した紙コップの糸を通します。これで完成です。

※上の紙コップに折り紙等を細かく切ったものを入れます。糸を手前にひき放すと上の紙コップが勢いよく飛び出し、紙が空中に舞い散ります。



イラスト   お祝い用のブーケ
レースペーパー(道具・材料)
100円ショップ(ダイソー)で売っているお花紙(すでに折ってあります。)・レースペーパー(100円ショップのケーキのコーナー)・モール、はさみ、輪ゴム
お花紙を1/2にします。(製作の手順)
@お花紙はそのままでは花が大きすぎるので、はさみで1/2に切ります。

A輪ゴムを通したら、お花紙を1枚ずつ広げて花を作ります。


輪ゴムにモールを通します。モールを束ねます。レースを折って先をはさみで切ります。切って穴をあけた様子B輪ゴムにモール(真ん中で折り曲げたもの)を通します。

Cレースペーパーを折りたたみ、根元をハサミで切って穴をあけます。


穴に通します。レースを折ってセロテープで端をとめます。輪ゴムでモールを束ねます。完成Dモールのついた花を数本レースペーパーの穴に通します。レースペーパーは折ってセロテープで端をとめます。

Eモールは束ねて輪ゴムでとめます。これで完成ですが、リボン等をつけるともっと素敵になります。



イラスト    紙コップの楽器
通常の形 紙コップの底に糸を通して固定し、その糸を手前に引っ張りながら指で弾くことで音を出す楽器(左の写真のもの)はありますが、今回の楽器はその音を2倍以上に大きくするものです。紙コップを3個連結し音の出る側にどんぶりもつけることで、音が共鳴する容器の容量を増やしています。
(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップの大きいもの3個・紙のどんぶり1個、糸かたこ糸、はさみ、カッターナイフ、楊枝、千枚通し、ビニールテープ、鉛筆か割り箸1本
 
ビニールテープで楊枝をとめます。楊枝を押さえつけるように。糸を底から引き出します。(製作の手順)
@紙コップの底に千枚通しで穴をあけ、糸を通します。

A底に通した糸を楊枝に結び、楊枝ごとビニールテープで紙コップの底に貼り付けます。ビニールテープを鉛筆か割り箸で押すようにするとしっかり貼りつきます。

縁に沿って切ります。仮止めします。ビニールテープで紙コップをつなげていきます。B2個目と3個目の紙コップの底をカッターナイフで切り落とします。

C1個目と2個目と3個目の紙コップをビニールテープで仮止めしてから、テープをぐるぐると巻いて貼り合わせます。


D1個目の紙コップの口側に底を切り取ったどんぶりをビニールテープで貼り付けます。これで完成です。どんぶりの底を切ってつなげます。全体像



イラスト   コロコロ車
コロコロ車  体育館など余り風の影響のないところで使います。棒でコロコロ車の中央を押しながら走って遊ぶものです。直進性がよくないというか、カップの中央を棒で押していかないと真っ直ぐ進まないので、意外と難しいです。体育の時間でも使える教材です。紙コップを2個合わせてビニールテープで貼るだけですので、工作の時間でも作れます。カップに回転したらきれいに見える色の模様を描くといいでしょう。
(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ・ビニールテープ・木の棒
ビニールテープでコップをつなぐビニールテープをぐるりと巻く(制作の手順)

「お母さんのための教材作りの部屋」をご覧ください。
 



 イラスト コロコロ車2
コロコロ車2 これは、上のコロコロ車の両端に紙皿をつけたものです。サイズが大きくなり進む方向も安定します。上のコロコロ車が難しいお子さん達には、こちらのタイプに方が扱いやすいでしょう。紙皿に切れ目を入れていけば、風車のように風を受けて自走していきます。
(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ・紙皿・ビニールテープ・木の棒
 
ビニールテープでコップをつなぐビニールテープをぐるりと巻く紙皿を両端にテープで貼り付ける(制作の手順)
 
「お母さんのための教材作りの部屋」をご覧ください。



 イラスト    針金の花のリース
(道具・材料)
100円ショップで売っているアルミの針金(太さ1mm金・銀・青・赤)・花の造花、ペンチ
 
束ねた針金をねじります。2個の輪っかをねじって1つにしています。花の茎の部分をペンチで切ります。針金ととめます。(製作の手順)
@アルミの針金を長さ1m位に各色を切ります。

A色ごとに針金をまとめます。まとめた針金をすべてたばねて、雑巾絞りのように両手で絞っていき棒状にします。

完成形
B輪っか(リース)を作ります。4カ所(左右上下)ほど余っている針金を使って束ねるようにします。

C100円ショップの造花の茎の部分をペンチで切って、1本1本短い針金でリースの部分に巻いて取り付けていきます。リースの部分がきれいな円になるように針金を調整し、ほぼ円状になったら完成です。



ヤクルト容器の投げ縄
(道具・材料)
ヤクルトの容器2個、きり、たこ糸()40p位、ビニールテープ、はさみ、太さ1oの針金
 
底に穴をあけます。穴の様子(製作の手順)
@ヤクルトの容器の底の中心にきりで穴をあけます。容器2個。

A容器1個の穴にたこ糸を通します。

糸の先端を折り曲げます。テープを巻いて糸を固定余った糸を折り曲げテープで巻きます。B3〜4p穴から糸を出しておき、ビニールテープをぐるぐる巻いて糸を固定します。糸の長さはテープの幅よりもあるので、余った糸を折り返し、もう一度ビニールテープを巻いて糸を固定します。これで糸がはずれることはありません。

Cもうひとつの容器の穴は、ヤクルトの容器の口側から糸を通すようになります。そこで太さ1oの針金に
糸の先端をテープで巻き、それを口側から入れて底の穴に通すようにします。
針金に糸をビニールテープで巻きます。底の穴に糸を通します。全体像
D糸が穴に通ったら、1個目のように糸をビニールテープをぐるぐる巻いて固定します。

Eヤクルトの容器にビニールテープを巻きます。容器は軽いので、ビニールテープをぐるぐる巻くことで重くするわけです。これで完成。
棒状の的に投げます。
※遊び方は、容器の片方を持ってもう1個の方をぐるぐる回し、的になる棒状のものに投げてからませるというものです。



 イラスト  カラー段ボールの写真立て1
(道具・材料)
100円ショップで売っているカラー段ボール・ビニールテープ・両面テープ、はさみ、定規、写真1枚(L版か2L版)
 
端に両面テープを貼ります。筒ができました。(製作の手順)
@トイレットペーパーの芯などを使うともっと簡単にできますが、今回はカラー段ボールを使います。写真の大きさよりも10p位幅を取ります。長さは20p位。

A両面テープを貼り、段ボール板を丸めて筒を作ります。筒は2本作ります。

筒を2個作ります。はさみで切り込みを入れます。全体像
B筒にはさみで切り込みを入れます。長さは板の下から5pの所まで。飾りのビニールテープを巻きます。写真を差し込むので、切り込みの所は内側にビニールテープを折り込みます。

C写真を差し込んで完成です。



イラスト  カラー段ボールの写真立て2
(道具・材料)
100円ショップで売っているカラー段ボール・ビニールテープ・両面テープ・のり、折り紙、はさみ、定規、写真1枚(L版か2L版) 
 
折り紙を貼ります。両面テープを貼って筒を作ります。(製作の手順)
@カラー段ボールの板の幅は、写真の大きさ(幅)より10p長くします。

Aカラー段ボール板の真ん中にのりで折り紙を貼ります。折り紙ですと下側の長さが足りなくなるので、同じ折り紙をそこにたします。

全体像B段ボールの片側の端に両面テープを貼り、丸めて筒を作ります。はさみで筒の下側5pのところまで切り込みを入れます。

C切り込みに写真を差し込んで、丸めていない方の段ボールを丸めて大体の位置を決めて線を引いておきます。線のところに両面テープを貼ります。

D丸めていない方の段ボールを丸め両面テープの所で貼ります。写真の位置を見ながらはさみで切り込みを入れ、写真を入れてみてOKなら完成です。
 



イラスト    トイレットペーパーの紙芯の写真立て
 
(道具・材料)
トイレットペーパーの芯、はさみ、のり、折り紙、輪ゴム
輪ゴムをはめて乾燥させる。余分な部分をハサミで切ります。(製作の手順)
@トイレットペーパーの芯に折り紙をのりで貼ります。すぐには乾かないので、輪ゴムを3本くらいはめておくとしっかり貼りつきます。

Aトイレットペーパーの紙の芯からはみだしている折り紙の部分をはさみで切ります。

ハサミで切ってスリットをいれる。完成
Bトイレットペーパーの紙の芯の下から1pまで縦にハサミで切ってスリットをいれます。

C写真(L版)を2本の芯のスリットに入れれば完成です。



    メガホン
使っている様子 簡単にできてメガホンの役目もバッチリ果たしてくれる「紙コップのメガホン」です。材料は大きさの違う3種類の紙コップとビニールテープとボンドだけです。水性ペンキを塗って見た目をきれいにしてあげると愛着もわくでしょう。紙コップの底の部分をカッターナイフで切るところを大人がやってあげれば、小さなお子さんだって簡単に作れます。
(道具・材料)紙コップ(大・中・小の3サイズ。後で色を塗るようでしたら、白いコップがいいでしょう。)、カッターナイフ、木工用ボンド、ビニールテープ、水性ペンキ、刷毛か絵筆
紙コップの大・中・小コップの底を切るコップの底を切る(製作の手順)
コップの大・中・小のサイズを用意します。ここでは計4個で作っていますが、もっと多く使ってもおもしろいです。


A全部の紙コップの底をカッターナイフで切り取ります。(底を切り抜くときは、カッターナイフを初めから円周に沿って切ろうとせず、底の真ん中辺りから切り込んで小さいコップを2個つなげるコップを重ねる、コップを回転させながら次第に円周に沿って切り込むと上手に丸く切れます。)

B小さなコップの底側と底側を合わせて、セロテープでくっつけます。(セロテープではなく接着剤を使った方がきれいに塗れます。)

C中サイズのコップを差し込みます。(中サイズのコップが入る方の小さなコップの縁の内側にボンドを塗っておきます。)

ビニールテープを巻いた状態メガホン完成Dその中サイズのコップの中に大きなサイズのコップを差し込みます。(中サイズのコップの縁の内側にボンドを塗っておきます。)

Eカップとカップの継ぎ目の部分にビニールテープを貼って補強します。

Fこれで完成ですが、きれいにするため、水性ペンキでメガホンを塗ります。水性ペンキを塗ったら1晩おいて乾燥させて完成です。



イラスト   水鉄砲の的
カラーボード(道具・材料)
牛乳パックの容器か100円ショップで売っているカラーボードやプラスチックのカラー段ボール、マジックや絵の具、スズランテープかたこ糸等のひも、トイレットペーパー、洗濯ばさみ、ビニールテープかセロテープ
 
コンパスで丸を描く色々な形(製作の手順)
@水に濡れても破けないということで牛乳パックや100円ショップのカラーボードやカラー段ボールを材料として使いますが、外で水鉄砲をやるときに風の影響を受けづらいのは、牛乳パックの紙よりも重さのあるカラーボードやカラー段ボールです。はさみで丸や四角等好きな形に切り、必要に応じて鬼の絵やバナナなどの絵を描いたり貼ったりします。


トイレットペーパーと的をテープで貼ります。洗濯医ばさみでとめます。的の様子Aカラーボード等の裏側にトイレットペーパーをビニールテープかセロテープで貼り付けます。トイレットペーパーの長さは自由ですが、30p・50p・1m等々色々あると楽しいです。

Bひもにトイレットペーパーの端を洗濯ばさみでとめれば完成です。水鉄砲でトイレットペーパーをねらい、ぬらして下に的がおちるようにして遊びます。



イラスト  七夕飾り1
 
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 



イラスト   七夕飾り2
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 
 



イラスト   七夕飾り3
 
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 



イラスト   七夕飾り4
 
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 



 イラスト  七夕飾り5
 
 (道具・材料)
100円ショップの
(製作の手順)
@レースペーパ
 



イラスト   七夕飾り6
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 
 



イラスト    七夕飾り
(道具・材料)
100円ショップの
 
(製作の手順)
@レースペーパ
 
 



イラスト  バズーカ
おしぼりケース伸びる書類ケース(道具・材料)
100円ショップで売っているプラスチックのおしぼりケース・伸びーる書類ケース・大きめのビーズ1個、輪ゴム8本、千枚通し、たこ糸、はさみ、ビニールテープ
底に穴をあけ、たこ糸を通します。上下左右に穴をあけます。(製作の手順)
@おしぼりのケースの底に千枚通しで穴をあけます。たこ糸を穴に通し大きめのビーズを結びます。これで糸を引いても抜けません。

Aおしぼりケースの口側のところに左右上下の4カ所千枚通しで穴をあけます。

ケースの底に穴をあけます。おしぼりの糸をケースの穴に通します。おしぼりケースと書類ケースを輪ゴムで結びます。柔らかなボールをいれたところ完成B書類ケースの底に千枚通しで穴をあけます。この穴におしぼりケースの底から出ているたこ糸を通します。

Cおしぼりケースの4箇所の穴に輪ゴム(2本を結んで1本にしたもの)を通し、その輪ゴムを書類ケースの穴にたこ糸を結んで取り付けます。これで完成。ボールや紙吹雪などをおしぼりケースに入れて飛ばすことができます。移動の際にはおしぼりケースのふたをしておけば、紙吹雪の紙がこぼれてしまう心配なしです。



イラスト  超簡単な的
超簡単な的横にするとこんな感じ 材料さえそろえれば数分できてしまう超簡単な的です。簡単すぎる・・・と言われそう。教室や家庭で遊ぶときに簡単便利!?・・ですよ。ゴム鉄砲の的にしたり、ボール投げの的にしたりと的のサイズや貼りつける絵を工夫すれば色々な的に使えます。簡単に超がつくほどですが、まあ難しいよりはかんたんなほうがいいですから・・。
(道具・材料)厚紙や工作用紙や100円ショップで売っているカラーボード(発砲スチレンボード)、洗濯ばさみ
(製作の手順)
@厚紙か工作用紙を用意します。的なので絵を描くと楽しいでしょう。パソコンとプリンターがあれば、適当な絵をインターネットで見つけることもできます。

A洗濯ばさみを厚紙の底の側に何本かつけます。これで完成。



イラスト    変身カード
(道具・材料)
100円ショップで売っている厚紙や画用紙・細い棒(竹ひごなど。赤鉛筆のようなものでもOK)・トレーシングペーパー、はさみ、顔の絵、、両面テープ、ペン、セロテープかビニールテープかガムテープ、のり
トレーシングペーパーを敷いて書く顔の絵とメガネの絵(製作の手順)
@顔の絵にトレーシングペーパー(顔の絵と同じ同じ大きさ)をのせ、メガネを描きます。

A厚紙等に顔の絵を貼ります。同じ大きさの厚紙にメガネの絵を貼ります。


軸になる棒をつけます。表側裏側Bひごなどの棒を絵を貼った厚紙の裏側の真ん中にセロテープやビニールテープ、ガムテープなどで貼り付けます。

C棒を貼り付けていないほうの厚紙の裏に両面テープを貼り、棒のついている厚紙と貼り合わせます。これで完成です。



メガネをかけてるように見えます。※両手で拝むように棒を押さえて、交互に手緒前後させて棒をかいてんさせると、目の錯覚でメガネをかけた顔が見られます。顔以外の他の例としては、輪郭だけの動物の絵と裏側に色を塗った輪郭なしの絵を描くことで、回転させるとちゃんとした動物に見える等、色々な工夫ができます。



イラスト   痛くない刀
(道具・材料)
100円ショップで売っているスチレン棒ライト、新聞紙
新聞紙とスチレン棒ライト新聞紙を巻いて芯にするスチレン棒に新聞紙を差し込む完成(制作の手順)
@100円ショップで売っているスチレン棒ライトの中に新聞紙を丸めたものを入れます。これで終わり。

※新聞紙はゆるめに巻いて入れます。堅めにすると叩かれた時に痛いので・・。



イラスト   ペーパークラフトの花
プラスチックボードカラー段ボール(道具・材料)
100円ショップで売っているカラー段ボール・カッターナイフ、定規、ペン、はさみ、両面テープ、下地に使う厚画用紙かプラスチックボード(色は白等好きな色)、ボンド
 
カラー段ボールを幅2pで15本くらい切ります。カッターナイフで段ボールを切ります。両面テープを貼り輪を作ります。輪を作る。テーブルに置いて貼ります。(制作の手順)
@カラー段ボールを幅2pで15〜20本カッターナイフで切ります。この部分が葉や花びらになります。花の茎に当たる部分は、幅1pで切ります。長さは特に決めなくても、段ボールの幅等で大丈夫です。

A段ボールを切った帯が長いので、はさみで1/2に切ります。両面テープを帯になった段ボールの端につけて輪っかを作ります。

B小さな輪っかは花の中心部になります。1/2に切って輪っかにしたものは、写真のように片方を折り曲げて花弁にします。葉のほうには、葉脈を表す板状の段ボールを真ん中に置きます。
花の部分から始めます。ボンドで貼ります。全体像
C下地になる厚紙やプラスチックボードに花や茎・葉を並べてみます。位置を調整してそれでいいようなら、ボンドをつけて台紙に貼っていきます。乾燥させるときには、雑誌等を上に乗せておくとしっかり台紙に段ボールが貼りつきます。一晩経ったら完成です。


ページのはじめへ


イラスト スーパーの袋のパラシュート
スーパーの袋のパラシュート 簡単にできるパラシュートはたくさんあるのですが、特別支援学校の小学部のお子さん達には、それでもまだ簡単とは言えないので、今までのやり方ではできないお子さん達でもなんとかできそうな形のパラシュートを考えました。 お子さん達の活動は、スーパーの袋をはさみで切る(予め切るところは教員がマジック等で線を引いておきます。)・袋のマジック等で絵や模様を描く・糸か細いひもを印のある所にセロテープで貼る・紙粘土を丸めてひもにつける・・・ということなので、なんとか小低のお子さん達でもできるでしょう。完成したら、滑り台の上や2階の教室から投げて遊びます。重しの部分は粘土等のやわらかいものを使うようにします。硬い物でないほうが、万が一人にぶつかっても安心です。
(道具・材料)
スーパーの袋、はさみ、セロテープかガムテープ、糸(糸が手元にないときは、スズランテープを縦に裂いてひもの代わりにするのでも大丈夫です。)、粘土などの重しになる物、油性マジック(絵や模様を描く場合)
 
イメージ図 (製作の手順)
@スーパーの袋の取っ手の部分をはさみで切ります。

A図のように糸を4カ所(難しいようでしたら、手間と奥の2カ所)にセロテープで貼ります。

B袋に絵や模様を描くようでしたら、油性マジックで描きます。

C粘土で丸めたもので球を作り、糸を粘土の中に入れて取れないようにして完成です。



  サッカーボール
ポリ袋のサッカーボール ビニール(ポリ)袋のボールは、ふわっとしていて蹴っても人に当たっても痛くありませんが、 ストラックアウトには軽すぎて使えません。段ボール箱の的を倒すためにはある程度の重さが必要なので、ビニール袋のボールの中に新聞紙等を詰め込んで、ストラックアウト用に重さを与えたボールです。100円ショップに売っているビーチボールは軽すぎるし、柔らかな素材で作られている各種のボールは大きさが小さいので、小さなお子さん達が蹴るには大きさが足りませんので、お子さん達に合わせて重さ・硬さ・大きさを調整できるボールは、意外なほどなかなか使えます。
 (道具・材料)
100円ショップで売っているポリ袋かビニール袋(大きさはスーパーやコンビニの袋より2回りくらい大きいものがいいでしょう。)、ビニールテープか布ガムテープ、新聞紙や広告の紙
ボールを蹴って遊んでいるところ(製作の手順)
@ビニール袋の中に軽く丸めた新聞紙等を入れていきます。(ぎゅっと硬く丸めると蹴った時に足が痛くなりますので、ゆるめでいいでしょう。)

A新聞紙等の量をボールの大きさや・重さを調整しながら決めます。※袋の中に空気が残るようにしたほうが、軽く蹴っても遠くへ飛びます。(大体こんな感じかなあという具合です。)

Bビニールテープか布ガムテープで口を綴じます。縦方向と横方向に布ガムテープを十字状に巻いて完成です。 



イラスト   髪飾り 
髪飾り4種 女の子の髪を束ねる髪飾りです。お子さんと一緒にお母さんが作ると楽しいでしょう。紙の筒(紙筒)は、100円ショップに売っているファブリックテープが便利です。テープは紙筒の飾りとして使え、テープを巻いてある紙筒も使えますので、一石二鳥。ラップ等の紙の筒は硬いのでのこぎりでないと切れませんが、ファブリックテープの芯の紙筒は、はさみで簡単に切れますので工作が楽です。完成したら、作った女の子だけのオリジナルの髪飾りになります。
100円ショップのファッションビーズ(道具・材料)
100円ショップで売っているファブリックテープかラップ等の紙の筒かセロテープの芯(※100円ショップのファブリックテープならば、テープもテープのを巻いてある紙の芯も使えます。紙の芯を切るのもはさみでOKです。)、両面テープ、のこぎり(普通ののこぎりよりも工作用のクラフト鋸のほうがきれいに切れます。)、木工用のやすり紙やすり、100円ショップに売っているファッションビーズ等  
材料ラップの紙の芯のこぎりで切った紙の芯切った角を磨いて丸めます。(製作の手順)
@紙筒をのこぎりで適当な長さに切ります。(今回は、3p)

A切った紙筒の輪っかを1カ所だけ幅3o〜5o切ります。

B紙筒の切った箇所をやすりで磨いて角を丸めきれいにします。

両面テープを貼ります。ファブリックテープを巻いて貼ります。テープを巻いた様子。ボンドでビーズを貼ります。C紙筒の輪っかに好きな色を塗ったらりテープを貼ります。(色を塗る場合は、アクリル絵の具がお勧めです。100円ショップでも売っています。)

Dファッションビーズ等をボンドで貼ります。ボンドが乾いたら完成です。
 



 イラスト  紙コップロケット
紙コップロケット  小さいお子さんでも簡単に作れる紙コップロケットです。ただし、紙コップの飛び上がる高さは30〜40p位です。もっと高く飛ばそうと思ったら、紙コップではなくラップの紙筒のように丈夫な素材を使わないと難しいでしょう。このロケットは、小さなお子さんと親御さんが、おしゃべりしながら一緒に作る・遊ぶというようにするといいですね。
(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ2個・輪ゴム1本、はさみ、色紙か絵の具かマジック等 
はさみで切り込みを入れます。輪ゴムをかけます。輪ゴムをねじって8の字にします。(製作の手順)
@紙コップの上下左右の4カ所にはさみで切れ込みを入れます。

A切り込みの2カ所に輪ゴムをかけ、その輪ゴムをくるりと回して8の字のようにします。

輪ゴムの様子ゴムのついたコップを上から重ねます。コップを重ねて、手をはなします。B8の字になって輪ゴムを他の2カ所のきりこみにかけます。

Cロケットになる紙コップに羽をつけたり色を塗ったりします。(色紙を切って貼っても良いです。)これで完成。
 



イラスト     魚型ヘリ
魚型のヘリ くす玉の中に入れたり、滑り台の上などの高い場所からはなすとくるくる回転して落ちていくのを楽しむものです。文化祭の劇で大きなかぶが宙に上がってふたつに割れると、中からくるくる回って「幸せの種」が落ちてくるようにという脚本を書いた先生からの要望で作ったものです。以前から作り方は知られていますが、紙の大きさや羽の部分の長さを変えることで、どんな回転差が出るかも試してみました。家の中で試した為高さが不十分なのか、魚のしっぽ部分の長さの違いでは回転自体あまり変わらないように見えます。 
(道具・材料)
厚めの紙の広告か折り紙(100円ショップで売っている輪っかを作る為の折り紙を使うと楽にできます。)
切り込みを入れる(製作の手順)
@広告の場合は横長に紙を切っておきます。100円ショップで売っている輪っかを作る為の折り紙なら、すでに横長になっていますので、そのまま使うことができます。

A紙の左右にはさみで切り込みを入れます。

紙の左右に切り込み線を書くはさみで線を切る切れ目と切れ目を重ねて完成
B紙を丸めて互いの切り込みのところに差し込んで終わりです。



イラスト  うちわの骨のシャボン玉の輪
うちわの骨のシャボン玉の輪シャボン玉の様子うちわの骨組みを使ったシャボン玉作りの輪です。(輪という言い方がいいのかわかりませんが・・。)市販のシャボン玉用の大きな輪は、シャボン玉がうまくできたり全然だめだったりと、お子さんたちが使うには案外難しいです。それは、輪自体が大きいので持ち上げる際にシャボンがはじけて破れてしまうからです。針金で作る輪は作るのも簡単なので、今までそれを作った使っていたのですが、それも上手く扱えるお子さんと手首を上手く使えずシャボン玉が作れないお子さんとがいました。うちわの紙の部分をとって骨組みだけ使う輪は、ほとんどどんなお子さんが使っても(乱暴に振っても軽く振っても、持っているだけでも)上手に一度に数10個のシャボン玉を作れます。これ以上うまくシャボン玉ができる輪に出会ったことがありません。水に濡らして紙をはがすだけですので、是非試してみてはいかがでしょうか・・。
(道具・材料)不要になったうちわ(骨の上の部分がないものは不可)、バケツ、水
(製作の手順)
@バケツに水を入れ、その中にうちわを入れておきます。

A数分入れておけばうちわの紙が簡単にはがれるようになりますので、紙をはがします。うちわの骨の部分に紙が貼りついていたら、内輪を床に置いて乾いたぞうきん紙の所をこすれば簡単に紙ははがれます。それで終わりです。



イラスト   秘技?フライパン返し
秘技!フライ返し目玉焼きの裏側 フライパン返しの要領で、フライパンに乗っている円盤状の板に貼ってある卵焼きや魚やホットケーキを裏返しにする遊びです。何かに役立つことはないでしょうが、遊びとしておもしろいです。段ボール等で作るよりも100円ショップで本物のフライパンを買ってきたほうが早いし、本物のフライパンのほうが気分も本格的になるでしょう。フライパンに乗せるものは、板にイラストなどを貼ったものを使います。板にするのは、カチンと音がしておもしろいからです。勿論、厚紙や段ボールでもいいのですが、少々重さがある方が、手首や腕の使い方が難しくなって本物ぽくていいでしょう。 
(道具・材料)
100円ショップで売っているフライパン(20p)ゴムの木の小皿(円盤状の板等)、魚や目玉焼き等の写真かイラスト、はさみ、ボンド
フライパン目玉焼きの表側目玉焼きの裏側(製作の手順)
@フライパンに乗せる食べ物等のイラストや写真を丸い板(魚の場合は楕円形)の大きさに合わせて印刷します。(板の表と裏で焼かれていない状態と焼き目がついた状態のイラストや写真にします。これで、裏返った時に違いがすぐにわかります。)

木の小皿を2枚貼り合わせるゴムの木の皿と印刷した目玉焼き小皿に写真を貼りつけるA100円ショップで買ったゴムの木の小皿2枚をボンドで貼り合わせます。

B板の両面ににイラストや写真をボンドで貼りつけます。これで完成です。


※子どもたちがやる場合、板(魚や目玉焼きの貼ってある板)が落ちてしまうと足に当たったりして危ないと感じるようでしたら、板に穴をあけてひもを通し、フライパンの取っ手の部分にひもを巻いておけば、板が落ちても心配なしです。 


ページのはじめへ


イラスト  クッションシートの飛行機
クッションシートの飛行機持ち方 100円ショップの材料で行う実験や工作の本を読んでいて、簡単にできそうだなということで作ったものです。作ってみてわかったことは、材料はシートとシールだけですし、はさみ位しか使わないからお手軽な工作と思いきや、本の説明だけでは作れないと言っていいような難易度でした。まあ、奥が深いと言えばそういうことですが、とても養護学校のお子さん達では無理。小学生でも高学年のお子さん達でないと、試行錯誤して完成させるまでにはいたらないかも・・。ただ、材料はすぐに手にはいるので、すぐにはできない・試行錯誤の連続だということを楽しめる人には、おもしろい工作です。
(道具・材料)
100円ショップで売っているクッションシート・シール(丸い形がいいでしょう。)、はさみ、ペン、定規
幅15〜20pシートの幅を調べて切る(製作の手順)
@クッションシートは形(縦・横の長さ)がふぞろいなので、定規を使って横の長さを15p〜20pにそろえて、はさみで切ります。

A縦の長さは10pくらいにして長方形のシートにします。縦の長さは、本には何pと書かれていないので、色々と試行錯誤して決めていくしかないようです。

シートを折って形を描くシールを貼っておもりにするBシートを真ん中で折り、写真のような形になるようにペンで描いてはさみで切ります。この形も色々考えられるので、飛行機の翼のようなものや四角なものなど色々試すしかありません。飛行機の翼の形のものは、結構良かったです。

C真ん中の先端部分にシールを貼ります。シートがふらふらと木の葉のように落ちるときは重さが足りないので、シールを1枚ずつ追加していきます。すっと行ってからストーンと落ちてしまう場合は、重すぎです。また、羽根の部分が中側に折り曲がるような時は羽根の大きさ(横の長さ)を少しずつ短くしていきます。

D水平よりやや下に向けてはなすと、すーっと前に滑空していけば完成です。

※うまく滑空するまでシートを3枚使い、シールをつけたりはがしたりと、思いの外大変でした。本の説明だけでは、ちょっと難しいというのが実感です。



イラスト    カラー積み木
カラー積み木で遊ぶカラー積み木教室でカラー積み木をする子どもたち クラス(小学部の2年生)のお子さんで積み木が好きなお子さんがいます。学級に置いてある積み木は、年期が入っていてもう10年以上はたっているようなかなり古いもので、色が塗ってあるものではありません。自然な木の色と感触は幼いお子さん達にはいいものです。私も息子達が幼い頃には、そういった木の玩具を与えていました。外国製が多くて値段も高かったことを思いだします。今回わざわざ木に色を塗ったのは、クラスのお子さんが積み木の中に唯一ある赤い球の木を使って、四角の木でどうやら車らしきものを作った上にその赤い球を置き、「救急車!」と見立てていたことが、色つきの積み木があってもいいのではと思った理由です。見立てができるお子さんなので、カラフルな積み木を与えることで積み木の世界がもう一段広がるかもしれません。自由に使ってもらい、片付けは自分でやるという約束でいこうと思います。材料は、木材を切って使ってもいいのですが、100円ショップで売っている工作用の四角・三角・円柱を使うことにしました。100円という値段の割に袋に数が入っているのと花押の手間がいらないのでで重宝します。また、木の材質が柔らかなものが多いので、お子さん達が使うには硬いものよりは安全性が高いでしょう。ペンキに関しては、積み木を口に持って行くお子さんはいないので、大丈夫かなと思っています。
(道具・材料)
100円ショップで売っている工作用の円柱・三角・四角等の木、新聞紙、スプレー(赤・青・緑等)
スプレーで色付けする(製作の手順)
@売っているままの状態でカラースプレーを使ってもいいのですが、木の表面に透明ニス(?)が塗ってあるので、できれば電動サンダーや布やすり(紙やすり)で表面を磨いたから色付けをしたほうが、なめらかな仕上がりになります。

Aスプレーは、一度塗って乾いてからもう一度塗るといいでしょう。一晩おいて乾いたら完成です。



イラスト   ペンダント
ペンダントペンダント 紙粘土で作るペンダントです。秋はどんぐりが手にはいるのでドングリを使ったペンダント作りをすることが多いのですが、今回は材料が100円ショップで全て手に入るペペンダント作りにしました。子どもたちがやる時に紙粘土を型にとって行うのはちょっと難しくなってしまうので、型の替わりに100円ショップで売っている金属製のケースを使いました。100円ショップのプチケースはケースが2個入っているので、蓋を外して使うのでペンダントが4個作れます。材料が全てお店で手にはいることと予算が余りかからないのが、とってもありがたいですね。
プチファンシーケースビーズコレクションツートンカラーリボン(道具・材料)
100円ショップで売っているプチファッションケースなど形のおもしろいものや丸い形のケースなど・ビーズ、ガラスボール・リボン(1本で4人分くらいとれます。)・紙粘土(1袋)、はさみ、ホチキス、布ガムテープ
ケースに紙粘土をつめるビーズを押し込んで入れるビーズやガラスを入れたところ(製作の手順)
@ケースの蓋やケースに紙粘土を指で押し込みます。あとからビーズやガラスボールを入れるので、たっぷり入れるというよりもやや少なめに紙粘土を入れます。

Aビーズやガラスボールは押し込むようにいれます。しっかりいれないと後でぽろぽろ落ちてしまうからです。

Bリボンを首にかけられるだけの長さにハサミで切ります。

布ガムテープでリボンをつけるリボンを首に掛ける長さに切るケースの裏側にも紙粘土を貼るCホチキスでリボンの先端を留めて、輪っかにします。

D布ガムテープでケースやケースの蓋の裏側にリボンを貼り付けます。

Eこのままでもいいのですが、紙粘土が余っているようでしたら、ケースの裏側にも紙粘土を貼り付けます。紙粘土が乾燥したら完成です。



  あのねホン
あのねホン 「あのねえ・・・」と小声で話したい先生や友達の耳元で小さい声でささやいても、案外声は外に漏れてしまいますが、メガホンを口にして話しかければ声は殆ど漏れませんし、聞く側にもメガホンがついているので、声が耳にすっと入ってきます。今回は普通サイズのメガホンを使いましたが、メガホンはミニタイプの方が大げさにならなくていいかも・・・。友達や先生にに「あのね・・。」とやったり、伝言ゲームで使ったりといった使い道が考えられますが、おもちゃですので気軽に色々なところで使ったらおもしろいかもしれませんね。
(道具・材料)
100円ショップで売っているメガホン2個(普通サイズのメガホンでもミニサイズのメガホンでもOKですが、ミニサイズのほうがいいかな?。)・ビニールテープや超透明梱包テープ
(製作の手順)
@2個のメガホンの口をつける側をテープ(ビニールテープや超透明梱包テープ)で貼りつけるだけです。



イラスト   簡単に作れるパズル
 100円ショップの商品を使って誰にでもできるだけ簡単に子どもたちが喜ぶようなパズルができないかと考えて作ったものです。簡単に作れるので、マットさえ買っておけば、パズルのピースをやさしいものから難しいもの(パズルのピースの数を少ない枚数から多い枚数へと増やす・ピースの形を単純なものから複雑なものへ等)へと変えられます。作ることが難しいとなかなか作る気になりずらいし、作ってみて実際に使ってみたらところ、子ども達の実態に合わなかったりしたら努力も無駄だったということになりますが、簡単に作れるなら、そういった点もすぐに修正できます。マットは、絵を描いたりする必要もなく、適度な厚みもあり柔らかいのでけがの心配もないので、うまく使えばいい素材です。
(道具・材料)
100円ショップで売っているマット(キャラクターの柄)・将棋盤・カラーボード、カッターナイフ、定規、サインペン、ボンド
将棋盤とマット将棋盤のサイズにマットを切るカッターナイフで切る(製作の手順)
@将棋盤の底側のサイズに合わせて、マットにサインペン等で線を引き、マットの縦・横をカッターナイフで切ります。

A将棋盤の縦のサイズがマットよりも1pほど長いので、隙間はカラーボードを切ってうめます。(ボンドで接着)

隙間をカラーボードでうめるマットの裏側に線を引くカッターナイフで線にそってを切っていく完成Bマットの裏側に線を自由に引きます。

C線に沿ってカッターナイフで切れば、パズルが完成です。



  ころころビー玉落とし
ころころビー玉落とし おもちゃ屋さんで売っている透明のビニールのような材質の筒状の中に段が付いていて、穴がそれぞれの段に位置がずらしてあいているものです。中に入っているビー玉状のものや鈴を上手に転がして、穴に入れて、下の段に転がしていきます。100円ショップの商品を使えば300円〜400円程度で作れます。子どもたちには、休み時間などに自由に使って遊んでもらうものです。容器の材質が余り硬くないので、安全性も高いです。ビー玉を見ながら両手で容器を振って、穴にビー玉を導くという遊びを通して、目と手の協応動作の向上を図ります。容器は思っているよりもしっかりしているので、カッターナイフを使うときは気をつけなければなりません。
(道具・材料)100円ショップで売っている透明の容器3個から4個(今回は、「なるほど便利食品容器 お味噌」を使用。)、ビー玉または鈴、サインペンかマジック、スプレー等の蓋
容器を3〜4個用意する蓋の中心に穴を開ける印をつけるカッターナイフで切る(製作の手順)
@容器の上側の蓋にビー玉(または、鈴など)を入れる穴をあけます。丸い穴を開けてもいいし、カッターナイフで十字に切って、ビー玉を押し込んで入れるような形にしてもいいです。使うお子さんの実態に合わせてですね。



A容器の2番目以降の底にカッターナイフで穴を開けます。(カッターナイフで切るのは相当穴を開ける印穴の位置を変える穴の様子力が必要です。木工で使う座ぐりや電動ドリルを使うと簡単です。)穴はビー玉等の大きさよりも2周りくらい大きめがいいでしょう。スプレー等のキャップで円を描くと楽です。穴の位置は、重ねる容器ごとに変えていきます。

B1番上の容器のみに蓋をつけ、2番目・3番目の容器は積み重ねるだけです。ぎゅっと押し込むとはずれなくなりますが、心配ならば超透明梱包テープを容器と容器のつなぎめに貼ります。これで完成。



イラスト   コロコロ鈴落とし
コロコロ鈴落とし 両手で容器を持って、容器を傾けたりくるくる回して穴に鈴を入れていきます。一番下まで行ったらゴールです。100円ショップで手に入る物で簡単に作れるおもちゃです。上のころころビー玉落としは容器を3〜4個使って作りますが、こちらは容器は1個で済みます。重ねる容器の代わりに100円ショップで売っているカラーボード(発泡スチレンボードで5枚100円のもの。A5サイズ)を使います。簡単ですのでチャレンジしてみてください。
(道具・材料)容器、カラーボード(発泡スチレンボード、5枚100円)、鈴、カッティングマット、コンパス、カッターナイフ、鈴(ビー玉でも可)
大体の大きさを書く小さめの円を描き直す鈴の通る円を描く容器の中に押し込んで入れる横から見るとこんな感じ大きさの違う円を描く(製作の手順)
@容器の口の大きさを大体でいいので調べます。

Aカラーボード(発泡スチレンボード)にコンパスで容器の口の大きさ(直径)よりも小さな円を3〜4種類描きます。
(例:容器の口の大きさが7pならば、6p・5p・4.5pという風に大きさの違う円です。)

2枚目のボードを入れる3枚目を入れるBコンパスで付いた円状のへこみに沿ってカッターナイフで円を切ります。

C切り取った円(3〜4種類)の中にそれぞれ鈴が簡単に通り抜けられる大きさの円をコンパスで描き、カッターナイフでその円を切り取ります。

D容器の中に小さな円(発泡スチレンボード)から順に入れます。これ以上は下がっていかない位置まで押し込みます。3〜4枚の円のスチレンボードを容器の中に入れ終わったら完成です。


ページのはじめへ

TOPページへ