温泉 (セヴェロバイカリスク郊外)




 バイカル湖北岸は温泉の湧くところがあり、それを利用した休息施設が作られている。私が訪ねた日も、温泉場はおおぜいの小学生たちの歓声が終始響き渡っていた。  (2001年3月撮影)




   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





山とBAM鉄道 (セヴェロバイカリスク郊外)




 市から前頁の温泉場に行く途中の景色。日本でも温泉が湧くあたりの景色は美しいというのが常識だ。  (2001年3月撮影)





 写真にはうまく写らなかったが、右の川は水面が緑色に見えて、この写真で見るよりはるかに綺麗であった。

   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





鉄橋 (セヴェロバイカリスク郊外)




 上の写真の場所からそう遠くない位置にあるBAM鉄道の鉄橋。  (2001年3月撮影)



   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





コルシューニハ・アンガルスカヤ




 セヴェロバイカリスクから500kmほど西へ行ったところにある町。停車中の列車から駅のプラットホームを撮影したのだが、この色彩感が「都会」の近くまで来たことをうかがわせてはいないだろうか。  (2001年3月撮影)



   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





ブラーツク


 イルクーツクよりさらにアンガラ川の下流、シベリア鉄道本線から少しはずれたところにブラーツクがある。戦後にアンガラ川をせきとめたダムと大きな水力発電所が作られ、そのために出現した都市。エネルギー関係の他に製材や製紙などの産業もある。写真は住宅地区のだが、一見して新興都市の感じがよくわかる。 (1983年8月撮影)

   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る




ブラーツク




 ブラーツク付近を通るBAM鉄道の線路。  (1983年8月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る