調味料



 日本のあるロシア料理店でペリメニを注文したら酢と醤油が添えられてきたことがあり、あとで「ロシア料理に醤油はなかろう」と電子メールで文句を言ったことがある。店側の返事は「ハルビンではペリメニを醤油で食べた」というものであった。ところがいまやハルビンどころでなくロシアでれっきとした醤油が出回っていて、ロシア料理の店ももう文句を言われる筋合いはないというかっこうだ。  (2000年8月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





シャシリクを焼く



 家庭やレストランでの豪華な食事もいいけど、屋外で楽しむのもいい。気取らないこのタイプの「パーティー」ではシャシリクの人気が高い。上の写真は、バイカル湖上のオリホン島の岸辺でシャシリクを焼くための火をおこしている現地スタッフ。下は、サハリンにある小さな村の食堂で観光客のためにシャシリクを焼いているところ。  (上:1994年8月,下:2006年8月撮影)




  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





オームリ



 バイカル特産の淡水魚。湖畔に立つ市では、このオームリの燻製を売っていて、それを買って歩きながら食べるのもいい。写真の魚は、お腹の皮がちょっと欠けているが、これは食べ始めてから写真を撮るのを思い立ったため。  (2011年8月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





オームリ料理



 バイカル湖畔の高台に建つホテル『バイカル』のレストランで提供された「オームリづくし」のコース。言うまでもなく、左から、ザクースカ(サラダ)、ピェルヴァエ、フタロエの順。  (2013年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ピロシキ



 日本では「ロシア料理」というと、まっさきにピロシキを挙げる人が少なくない。写真は、ハバロフスク郊外の青少年のための施設「オケアン」で、昼食時に提供されたもの。見るとわかるように、揚げパンとは限らない。と言うより、むしろ、揚げてある場合のほうが少ない。中にいろいろな具が入っていて、この時私が食べたのはキャベツ入りだった。  (2012年8月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





ピロシキ



 こちらは揚げパンのタイプ。ウラジオストク駅近くのピロシキ屋さんで買った。キャベツ入りとジャガイモ入り、それぞれ35ルーブル(70円ほど)を1個ずつ。  (2017年9月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





ブリヌィ


 ロシア風クレープ。上の写真では単にバターを塗ってとかジャムを添えてとかおとなしいが、財布が許しさえすればイクラを載せるとか、さらにはキャビアのせにするとか、いくらでもバリエーションがある。  (左:2005年4月,右:2006年8月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ザクースカ



 「ザクースカ」はふつう「前菜」と訳され、レストランで食べる時には、文字通りの前菜だが、個人のお宅に呼ばれたり、どこかの会館での歓迎会の場合には、これより後の料理は用意されてないことも珍しくない。だって、写真を見たらおわかりのように、もうこのザクースカだけで、十分お腹いっぱいになるから。  (2012年8月撮影・ハバロフスク)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ハルヴァ



 米原万里さんの「旅行者の朝食」に書かれたことで、テレビでも取り上げられ、一躍有名になった「ハルヴァ」。米原さんが感嘆したものと同じかどうかはわからないが、とにかく同名の商品をラトビア・リガの中央市場で見つけて買った。右のがバニラ味、左のはナッツとレーズンのハルヴァ。紅茶によく合う感じの味だった。  (2014年3月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る