レストランの料理


 目次では、ロシアのレストランの料理はいかにも美味くないように書いたが、「市場経済」が進むにつれて生き残るも残らないも他店との競争次第ということが理解されつつあるのか、美味しい料理を出す店も増え始めている。このページの写真は、ペトロパブロフスク市内のレストランで食べたもの。この段は、ザクースカ。左は、ロシア料理の前菜としてはあまりにもオーソドックスなイクラの料理。右は、左のとは違う店だったような記憶だが、茸のサラダ。ロシア人の茸好きはつとに有名。


 日本でもあまりに有名なウクライナのスープ「ボルシチ」。この旅行に出る直前に、知人のロシア人一家を東京のさるロシア料理店へ招いてロシア料理をご馳走したのだが、出されたボルシチを口に運んだとたん「これはボルシチじゃない!トマトの味がする。」と言っていた。ボルシチの赤色はビーツの色。それにスメタナとよばれるサワークリームを落として食べる。


 日本にあるロシア料理店で「壺焼き茸」を看板料理にしている店は少なくない。ロシアの壺料理はそれとどこが違うかと言うと、まず壺の大きさが日本のものの比ではなく大きい場合がほとんど。日本人ならだいたいこれ一つで満腹になる。なかみは茸とは限らず、牛肉、鶏肉、..なんでもありだ。そして材料はよく煮込んであるから味がよくしみこんでいて美味しい。


 コースの最後を飾るデザート。これで他店との差別化を図る?  (2000年8月撮影)







レストランの料理



 もう、どこのお店だったか覚えていないが、モスクワ市内のレストラン。左上から右下へ、前菜・スープ・肉料理・デザートと、お決まりのコース。  (2013年8月撮影)



前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




レストランの料理



 同じ年・同じ季節の旅行で、これもどこのお店だったか覚えていないが、ペテルブルク市内で立ち寄ったレストラン。左上から右下へ、前菜・スープ・肉料理・デザートの順なのは同じ。  (2013年8月撮影)



前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ダーチャの庭での食事



 ハバロフスク郊外にある個人のダーチャの庭での夕食。会食中、誰彼を問わず、幾度となく乾杯の辞を述べ、その都度全員がウォトカを飲み干さなければならないのがロシア流。 国際交流の場ともなればなおさらだ。    (2012年8月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




アイスクリーム



 アイスクリームはデザートの“王様”だと私は思っている。  (2005年3月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る