宴の前



 カレリアの首都ペトロザボーツク市内にあるレストランでの昼食のテーブル。飲み物とザクースカだけが並べられている。飲み物は白ワインとコケモモか何かのジュース。私が食卓の前にいる人たちではなく、食卓の上の料理だけを撮った珍しい写真。 (1998年8月撮影)





 ヴォログダ市内のある家庭に客人を招いての新年パーティー。宴はまだ始まっていなくてここでもテーブルにはシャンペンとザクースカだけが並べられている。しかし、上の写真でもそうだが、このザクースカというのが日本のロシア料理店のそれとは違って種類・量ともに豊富で、その後にスープやメインディッシュを出されても口に入れるのさえ難しいほどだ。それはホスト側でも心得ていて、スープ以下は省略されることもある。 (1999年12月撮影)


   次のページへ
   目次へ戻る







船の料理



 エニセイ川クルーズ船「アントン・チェーホフ」号のキャプテン・ディナー。
 左の写真は前菜(ザクースカ)。これまで見たこともないような可愛らしいブリヌィ3枚のそれぞれにシュリンプのサラダやキャビアを載せてある。  (1999年8月撮影)

 キャプテン・ディナーのようなきちんとした食事の時は、ロシアでは必ずコース料理で、ザクースカに次いで出されるのが「第一の皿」と呼ばれるスープ。ロシアのスープで私の口に合わなかったものはない。有名なボルシチをはじめ、シー、サリャンカなどどれも好きだ。写真は、おそらくブィヨン。

「第二の皿」と呼ばれるのが、肉・魚などのメイン・ディッシュ。この時は、柔らかな肉料理だった。付け合わせの卵料理が少し崩れているのは、私が食べ始めてから、まだ写真を撮ってないのに気づいて、あわてて撮ったため。

 「第三の皿」と言われるデザートには果物やコンポート、あるいはケーキなどいろいろだが、日本人観光客にとっての一番人気は何と言ってもアイスクリーム。デザートでなくても、街角の立ち売りのを買って食べたことのある人も多いだろう。近頃では通りを歩くと外国ブランドのアイスクリームをあちこちで売っているけど、昔ながらの素朴なロシア国産のがいちばんうまい。  (1999年8月撮影)