自由市場 (イルクーツク)




 バイカル湖から流れ出るアンガラ河畔の町イルクーツクは「シベリアのパリ」とも呼ばれる美しい町。寒さの厳しいシベリアだけに、夏には活気がある。写真は市中心部にある自由市場。  (上段:1983年8月,下段:2011年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




露店 (イルクーツク)


市内のメーンストリートで見かけた花を売る露店。イルクーツクだけではなく、ロシア全土の都市で、かつてとは色彩感が全く違うと感じる。  (2011年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





冬景色 (イルクーツク)




 しかし、イルクーツクの町がほんとうにきれいなのは冬。冬季にバイカル湖は結氷するが、そこから流れ出るアンガラは凍らない。この川の水と大地との間にはかなりの温度差があり、川面から蒸発した水蒸気はたちまち万物に凍りつく。..というわけで、冬のイルクーツクは全市が樹氷で覆われてしまうのである。  (1988年12月撮影)





  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





オベリスク (イルクーツク)



 シベリア鉄道の建設を提唱したさる伯爵を記念するオベリスク。アンガラ河畔の公園に立つ。背後の赤い建物は国立総合博物館歴史館。日本のシベリア出兵に関する展示もあるが、日本人観光客が団体で入場した時には、気配りをしてくれたのかそのコーナーには案内されないことが多かった。  (1988年12月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





河畔の記念碑 (イルクーツク)




 アンガラ河畔の公園に立つ記念碑二つ。左は、アレクサンドルII世像。右は、Y.ガガーリンの記念像。このあたりは「ガガーリン並木道」という地名だけれど、イルクーツクとガガーリンとは、どういう関係なのか?  (2011年8月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ヴァンピーロフ像 (イルクーツク)



 イルクーツク出身の作家ヴァンピーロフの像。若くしてバイカル湖で事故死した。  (2011年8月撮影)


 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る





永遠の炎 (イルクーツク)




 アンガラ河畔、市ソビエトの建物のすぐそばにある永遠の炎(警備に立つ少女の陰になって炎そのものは写っていないが)。戦没兵士の霊を慰め、平和を願う施設。ソ連時代、どの町でも、永遠の炎は、結婚式を挙げたばかりの男女が花束を捧げる場所であり、小学生達が祖国の歴史を学ぶ場所でもあった。また、多くの町で、若者が立哨にあたり、一定時間ごとの交代式が右上の写真のように厳かに行われた。  (1984年3月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



アンガラ川 (イルクーツク)






 イルクーツク市を貫流するアンガラ川。バイカル湖に発し、イルクーツク、ブラーツクなどの町々を経てやがてエニセイ川に合流する。上段は、早朝の写真で、国鉄イルクーツク駅などの建物の灯が全部は消されていなくて、それらがまだ川面に映えている。下段は、それから20年近く経って撮った写真。駅の向こうに高層ビルが建ち並んで、雰囲気が一変していることがわかる。  (上段:1994年8月,下段2011年8月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




造船所 (イルクーツク)




 市の中心からいくらも離れない所にある造船所。アンガラ川を航行する船を建造したり修理したりするのであろう。  (2011年8月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る