郊外への道




 モスクワ〜スズダリの間を走るバスの車窓から見た風景。さえぎるもののない平原が広がる。 (1983年1月撮影)





 道路も林を切り開いてほぼまっすぐに伸びる。影の長さから夕暮れの近いことがわかる。 (1995年1月撮影)





 そして日没。文字通りの「モスクワ郊外の夕べ」。 (1995年1月撮影)


 次のページへ
 目次へ戻る





路傍の民家




 モスクワからトゥーラへ向かう街道沿いの民家。庭には花がいっぱい。 (1985年8月撮影)


 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る





ウラヂーミル




 かつてのウラヂーミル・スーズダリ公国の首都。小高い丘の上に寺院などの旧市街があり、そこから鉄道駅などのある新市街を見下ろせる。 (1983年1月撮影)





前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





黄金の門 (ウラヂーミル)



 12世紀に凱旋門として建造されたという。内部にモンゴル軍の侵入の際の闘いを描いたジオラマがある。(1990年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る