クレムリン (ニジニ・ノブゴロド)


 1段目は、ボルガ河から見たクレムリンの城壁。2段目は、比較的近くから見たクレムリンの壁。3段目以下は、いずれもクレムリン内部。白い建物はミハイロ・アルハンゲリスキー教会。  (3段目左端:1997年8月,1段目及び3段目中右:2007年8月,それ以外は2014年7月撮影)


 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



街角 (ニジニ・ノブゴロド)



 ニジニ・ノブゴロド旧市街の様子。
  (上段左:1997年8月,同中右:2007年8月,中・下段:2014年7月撮影)

 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る




教会 (ニジニ・ノブゴロド)



 往時の大富豪ストロガノフ家が寄進したロジェストヴェンスカヤ教会。  (2007年8月撮影)

 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



教会 (ニジニ・ノブゴロド)



 クレムリンの下、河港の近くにある聖ヨハネ・バプテスト教会。その教会のすぐ近くにはモスクワ・赤の広場で見たことのあるミーニンとポジャルスキーの像が。17世紀はじめ、ポーランドがロシアに攻め込んだ時、義勇軍を組織して国を救った一人であるミーニンは、ここニジニ・ノブゴロドの商人だったという。  (2014年7月撮影)

 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



教会 (ニジニ・ノブゴロド)



 そのほかにも市内には沢山の教会が。  (2014年7月撮影)

 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



M・ゴーリキーの家 (ニジニ・ノブゴロド)


 ソ連時代、このニジニ・ノブゴロドはゴーリキーという名前の都市であった。作家M・ゴーリキーがここで生まれたのを記念しての命名であろう。彼が子ども時代、それもごく幼少の時期を過ごしたという家が博物館になって保存されている。  (1997年8月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




チカロフ像 (ニジニ・ノブゴロド)



 北極点経由の無着陸飛行に始めて成功したヴァレリー・チカロフの像。ヴォルガを見下ろす高台に建てられている。  (2014年7月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




濃霧


 川旅の良い点の一つは、海とは違って、大波を受けて船が揺れるということがほとんど無いところだ。しかし、川と言えども霧が発生することはある。実際は、この写真程度ではなく、それこそ「一寸先は闇」状態になるが、そうした写真をここに置いても何を撮った写真かわからないので、割りにおとなしい写真を選んで載せた。濃霧になると、当然船足を落として、霧笛を成らしながらレーダーを頼りに航行することになるが、スケジュールは遅延してしまうので、帰港してすぐの東京便の飛行機を予約してあったりすると、それに間に合うのか気が気でなく、霧に包まれた幻想的な景色を楽しむなどという精神的余裕は無くなってくる。  (2014年8月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



マカリエフ



 ボルガ中流にあるロシア正教の拠点の一つマカリエフの教会。修復作業が進められていた。マカリエフはかつてニジニ・ノブゴロドとならんでボルガ川沿いで大きな市の立つ町としても知られていたという。  (上:1995年8月,下:2007年8月撮影)

前のページへ 次のページへ 目次へ戻る





コズモデミャンスク


 マリ共和国の首都はヨシカル・オラだが、そこから南西方向に行ったボルガの岸辺にコズモデミャンスクがある。そこの「青天井の博物館」でグースリによる民族音楽を披露するマリ人の女性。  (1995年8月撮影)

[追記] 私は、この楽器を「グースリ」と書きましたが、マリの民族楽器で「キュースレ」というものだそうです。


 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



青天井の博物館 (コズモデミャンスク)


 その「青天井の博物館」の一部。マリの人々の伝統的な生活がわかるようにしてある。  (2007年8月撮影)


 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



コズモデミャンスク




 「青天井の博物館」の敷地から見たコズモデミャンスク市街。その向こうはボルガ河。  (2007年8月撮影)


 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




りんご園 (コズモデミャンスク)




 同じくその敷地内にあった林檎園。取って食べていいと言ってくれた。  (2007年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




街角 (コズモデミャンスク)




上の4枚は市内の比較的中心部の通りの様子。下の2枚はごく普通の建物にあった窓飾り。  (2007年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




教会とお堂 (コズモデミャンスク)




 左の写真は市の比較的中心部にあるやや大きめの教会。右はボルガ河畔に立つ小さなお堂。  (2007年8月撮影)

前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



像 (コズモデミャンスク)



 市内で見かけたモニュメント。右は言うまでもなくレーニンだが、左のは誰?  (2007年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



チェボクサリ


 チュヴァシ共和国の首都。町の中心部だけだと思うが、地方都市とは思えないほどの近代的な風景に驚かされた。上段右の写真の建物はチュヴァシ共和国大統領府。  (上段:2007年8月,下段:2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



チュヴァシの母の像 (チェボクサリ)


 市の中心部に断つ巨大な像。  (左:2007年8月,右:2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




河港 (チェボクサリ)


 河港のターミナルビル。  (左:2007年8月,右:2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




市創建の日のお祝い (チェボクサリ)



 2014年夏にここを訪ねた時、ちょうど市の「お誕生日」のお祝いにぶつかった。日本と同じで、特設のステージで記念のだしものが演じられたり、通りには屋台のようなお店が出たりで賑わっていた。  (2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



勝利の公園 (チェボクサリ)


 さきの大戦の戦勝記念公園で、市の中心部の小高い丘の上にある。  (2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



チュヴァシ国立オペラ・バレエ激情 (チェボクサリ)


 現代的な建築スタイルの劇場。  (左:2007年8月,右:2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




街角 (チェボクサリ)




 河港からそんなに遠くない、市の中心部の様子。  (2段目左端及び3,4段目:2014年8月,その他:2007年8月撮影)

     前のページへ 次のページへ 目次へ戻る



コンスタンチン・イワノフ像 (チェボクサリ)



 チュヴァシではよく知られた詩人。20世紀はじめに活躍した。  (2014年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




レーニン像 (チェボクサリ)



 こちらは、まぁ、どこの町にもある、お馴染みのレーニン像。  (2014年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




教会と修道院 (チェボクサリ)



 チュヴァシの宗教は正教で、ロシアの他の都市と同じように市内のいたるところに教会や修道院がある。  (上:2007年8月,下:2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




水力発電所 (チェボクサリ)



 河港からヴォルガを少し下った所にある水力発電所。もちろん、船はダムの閘門を通って上り下りする。  (2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



近郊の住宅地 (チェボクサリ)



 ダムよりさらに下流で、川岸に見えた住宅地。中心部だけでなく、近代化が進められているのがわかる。  (2014年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



マリインスキー・パッサート



 ヴォルガ河畔にあるチュヴァシの町の一つ。チェボクサリより少し下流にある。川を行く船上から撮った。  (2014年8月撮影)

    前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



コズロフカ



 さらに下流に行ったところにある、やはりチュヴァシの町の一つ。これも、川を行く船上から撮った。  (2014年8月撮影)

    前のページへ  次のページへ  目次へ戻る