ヤルタ


 クリミア半島南側にある国際的保養地ヤルタのホテルの前庭で。休暇でハリコフから来ていた家族の幼い娘さん。手に持っているのは目の前で折ってあげた日本の折鶴。旅から帰ってこの写真を送ってあげた時には何の返事もこなかったが、それから10年もたった1995年のお正月に突然この子の父親から年賀状が届いて驚かされた。 (1984年8月撮影)


前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ドゥヂンカ



 エニセイ川の港町ドゥヂンカの団地の中の遊び場で楽しげな2人。11歳と10歳だそうだから小学校5,6年生。下段2枚の写真は何をしているところかというと、鉄柱の先に縄をつけただけの素朴な遊具でその鉄柱のまわりを回っている。もちろん相棒に押してもらって。 (1999年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ドゥヂンカ


 その2人、カーチャとナージャが可愛がっていた小さな子たちと犬。近所の子?それとも弟妹?  (1999年8月撮影)

 前のページへ 次のページへ 目次へ戻る





ストールビィ


 クラスノヤルスクの町外れにある景勝地ストールビィ国立公園のリフトですれ違った女の子。「こんにちは」と挨拶して行った。 (1999年8月撮影)


前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





エニセイ最下流域


 北方のツンドラ地帯でトナカイを飼育して生活している家族の一員。カメラを向けたら、隠れてしまいたいのか、写してほしいのか....。 (1999年8月撮影)


前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





カムチャッカ


 民族音楽を披露してくれたカムチャッカの先住民の歌舞団の中で最年少の女の子。公演が終わったらすぐに普段着に着替えて母親のそばで甘えていた。 (2000年8月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




カムチャッカ



 ナリチェヴォ自然公園の管理人をしている女性の息子さん。寡黙な男の子だったが、母親の仕事を手伝う姿もよく見かけた。茸や木の実などもどれが食べられるものか良く知っていて、美味しいのを見つけると黙って我々にくれたりする優しい子。写真は公園内の遊歩道の途中に設けられた質素な休憩所にて。 (2000年8月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る





シベリア鉄道


 ウラジオストクからモスクワへの鉄道の旅のとき同じ車両に乗っていたベラルーシの少女リューダ。両親と兄との4人で旅行中だった。チェルノブィリから35kmの所に住んでいたそうで、実際、父親と兄はあまり元気そうには見えなかったし、はじめは元気そうだったリューダもイルクーツクの手前で高熱を出してしまい途中下車して治療を受けた。 (上・中段 1991年8月撮影)



 9年後に再会した時は高校生になっていた。数学が得意だと言っていたけれど、やはり健康には不安がある様子であった。 (下段 2000年12月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




シベリア鉄道


 やはり同じ列車に乗っていたハバロフスクの少女ナージャ。かつてはこの家族だけでなくソ連の市民の多くがこうやって遠くまで旅をすることができた。しかし、近頃では交通費がとても高くなって休暇も近郊のダーチャで過ごすくらいしかできないと手紙に書いてくる。下の写真は8年後にハバロフスク市内で再会した時のもの。  (右1991年8月,下1999年3月撮影)



前のページへ  次のページへ  目次へ戻る






チェボクサリ



 私たちがこの町を訪れた日、翌日が市政記念日ということで、中心部の広場はとても賑わっていた。そこで有料で貸し出されている遊具で遊んでいた子。  (2014年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





サラトフ



 サラトフの町の中心部の広場の噴水で、女の子が母親に写真を撮ってもらっていた。その母親の背後から撮ったのが右の写真。ところが、その子が「あの変なおじさんも私のことを撮ったよ」って母親に言いつけてしまった。仕方ないので、言い訳がわりに、持っていた折り鶴をあげたら母子ともすごく喜んでくれて、少し離れた所にいた姉妹も呼んで、左の写真を撮ることに....。  (2014年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




サラトフ



 サラトフの町を一望する高台に立つモスクワの少女ユーリャ。あれ、あちらの子も写真を撮る時に「ピース!」ってするのかと思わないでほしい。手の形がVサインになってはいない。  (1997年8月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ボルガ川



 ヴォルガの船旅で、同じ船にいたソーニャとナースチャ。 (2014年8月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ボルガ川


 ボルガ川の船旅で一緒の乗り合わせて仲良しになったこどもたち。  (1997年8月撮影)



前のページへ 次のページへ 目次へ戻る




ボルガ川



 上の子たちのなかでいつもリーダーのような役割を果たしていた少女スクーシャ。 (1997年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





ボルガ川


 ボルガ川クルーズの船で仲良しになった子ども達のうち最年少のナースチャ。船内で出会った時にカメラを向けたらさっそくポーズをとって。 (1997年8月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る