街角



 なんでもない通りの風景だけれど、やはりソ連時代とは何かが違う感じがする。  (2013年8月撮影)


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る





街角 (小さな郵便局)


 

市の中心部で見かけた郵便局。中央局ではなく、日本で言えば特定局にあたる小さな局。なぜ郵便局の写真など撮ったのかというと、ヨーロッパでは珍しくないらしいホルンのシンボル・マークがロシアではとても珍しかったから。  (1999年12月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る






教会・聖堂



 市内で見かけた教会や聖堂。由緒あるものと言うより、むしろ、一見して、最近になって建てられたという感じだ。  (2011年12月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る






モスク



 市内にあるイスラム教のモスク。   (2011年12月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る





ネヴァ川


 

ワシーリー島の岸辺から見た凍結したネヴァ川。川の向こうに見えるのが冬宮。川には都市型の排水も入るからか、湯気のようなものも水面に見える。  (1987年12月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ネヴァ川の川岸



ネヴァ川に面したワシーリー島の岸辺。  (2011年12月撮影)        前のページへ  次のページへ  目次へ戻る





ネヴァ川にかかる橋



ペテルブルク市内には、ネヴァ川にかかるものだけでも、何本もの橋がある。橋によっては、欄干に綺麗な透かし彫りがあったり、夜になると電飾が点いたりと、きれいなのもある。  (2011年12月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る





ドストエフスキーの墓


 

アレクサンドル・ネフスキー修道院内の墓地にある。。  (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







チャイコフスキーの墓


 同じくアレクサンドル・ネフスキー修道院内の墓地にある。  (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







グリンカの墓


 

 同じチフヴィン墓地にある作曲家グリンカの墓。  (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ボロディンとムソルグスキーの墓



 やはりアレクサンドル・ネフスキー修道院の境内のチフヴィン墓地にあるムソルグスキーとボロディンの墓。右側がムソルグスキー、左側のがボロディン。ボロディンの背面の楽譜は歌劇「イーゴリ公」の中の「ダッタン人の踊り」。  (1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る