シャフリサーブス




 サマルカンドからやや南に下った位置にあるやはりソグディアナの古都。チムールの生まれ故郷としても知られる。 (1991年12月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る





アク・サライ宮跡 (シャフリサーブス)


 チムール時代の宮殿の遺跡。 (2007年1月撮影)



  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




広場 (シャフリサーブス)


 宮殿跡の前にある大きな広場。 (2007年1月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




チムール像 (シャフリサーブス)


 その広場に立つチムールの像。
(2007年1月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




ジャハンギール廟 (シャフリサーブス)




 チムールが亡くなった息子のために建てたと言われる廟の遺跡。右の写真は、「チムールの墓穴」とよばれる小さな地下室の入口。でも、べつだん彼がここに葬られているわけではない。
(2007年1月撮影)



 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る