日野・ルノー 

現在大型・中型トラックを生産している日野自動車ですが戦後いち早くフランスのルノー公団と技術提携してルノー4CVの生産を開始しました。小型で小回りがよく効いたためタクシーとしても重宝され生産終了までに35,100台余りが生産されました。

昭和28年2月 日野ヂーゼル工業がフランスのルノー公団と技術提携

昭和28年4月 ノックダウン組立車発売.....................................................

          昭和33年8月 完全に国産化.................................................................................................

          昭和38年10月 生産終了.....................................................................................................

当時の価格は ..ルノーデラックス が   ...  880,000円
..........................         ....................スタンダード が   .....730,000円 となっています
       
 ....

昭和35年(1960)度のルノーの生産台数は 7,409台となっています

以下に昭和35年(1960) 型日野・ルノーをカタログより紹介させていただきます。

風洞実験によって決定されたスマートなボデー・ラインは空気抵抗が少なく、高速時にも素晴しい安定を保ちます。ボデーは完全に点溶接されたモノコック構造で軽くて 強じん走行振動よるゆるみを生じません。

●前後とも窓が大きく見透しがよいので、安全な運転ができます。
●各計器類は見易く、一ケ所にまとめられ、各種装置が合理的に配置されておりますから、どなたにも容易に運転できます。
●イグニツション・キイはフロント・ボンネット及びエンジン・ルーム・キイと共通になっております。
●ステアリング・ホイールの左下に指先で楽に操作できるホーンと兼用のライトスイッチレバーがあり、右下には自動復元式の方向指示器レバーがあります
●ダッシュボードの下縁に治って クッションゴムが取り付けられ、急停止の際前の席に掛けている方の膝を衝撃から護ります。ステアリング・ホイールも柔軟性を持たせてありますので、突然前に投げだされるような事態が生ヒても衝撃を最小限に緩和します

●回転半襟は、わず−か4.2メートルです。車両の重心が非常に低いので転覆の恐れがありません
●狭い路(巾1.5メートル)でも楽に通れ、8.4メートルの巾さえあれば容易にUターンできます。
●混雑した通りでも、他の車の運転手を羨しがらせながら、やすヤ⊃すと通り抜けられ、大型車の駐車できない狭い場所でも、日野ルノーなら簡単に駐車させることができます

●トランスミッションは前進3段、後退1投でセカンド及びサードはシンクロメッシュが付いていますから、スムーズな変速により軽快に走ります。
●リヤ・アクスルはコイルスプリングとショックアブソーバを併用した独立懸架方式で安定度が高く乗心地を大変よくしています。
●日野ルノーのKGH21型エンジンは総排気量、748cc、出力21馬力という小型ながら、軽い車両重量にマッチし、最少の燃料消費で最大の効率を発揮する経済的で耐久力の強いエンジンです 
●容量が大きく消音効果の良好なマフラが付いており、静かな運転が楽しめます。
●エンジンルーム・ボンネットの開閉はオート・ストッパ付きですから、整備点検に便利で、エンジンも事載のまゝオーバーホールできます。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書 .....................        デラックス..........

 エンジン   .....................................    サスペンション..

主な仕様書

全   長

3,685 mm

エンジン形式

O・H・V水冷4シリンダ

全   高

1,440 mm

総排気量

748  cc

全   巾

1,435 mm

圧 縮 比

7,25:  1

車両重量

640 kg

最高出力

21PS/4000 rpm

最高速度

100 km/h

最大トルク

5,0kgm/1800 rpm