くろがね・ニューマイティ 

昭和21年(1946)年7月に三輪トラック・くろがね号の生産開始した日本内燃機(株)は1957年6月オオタ自動車を吸収合併1959年6月に東急くろがね工業(株)社名変更しています。最初に三輪に直列4気筒エンジンを搭載するなど先進的な技術を誇っていましたが1962年1月に会社更生法を申請して生産を中止しています。

昭和34年(1959) 10月 ニューマイティ 発売...

昭和37年(1962) 1月 生産を中止.....................

くろがね・ニューマイティの当時の価格は565,000円となっています。 ..

昭和36年(1961)度のくろがね・三輪と四輪の生産台数は 679台となっています

以下に昭和36年(1961) 型くろがね・ニューマイティをカタログより紹介させていただきます。

独創的なスタイル NC型 1.25屯積

合理的なアンダーシートエンジン

独特の座席配置により、水冷4気筒42HPエンジンがシートの下にセットされており、エンジンの調整や点検に便利なように、ドライバー用と助手用(二人)に二分されており、シート及びシートバックを各々単独に装着、操作出来るように設計されています。

積載物の積卸しが楽に行えるのが三方開の特徴です。特に長尺物及び嵩の張る品物の運搬用には三方開を御使用になれば効率的です。

堅ろうでバランスのとれた直線フレーム

空車時、積載時の均一した・・・乗心地 スプリングブッシュにラバーブッシュを使用し、サービスの簡易化及び耐久性の向上を計り、又空車時、積載時の乗心地を快適にして振動を小さくするためヘルパーラバーを採用し、荷傷みを少なくしました。

その他の画像は下記にてご覧ください

 詳しい仕様書 ............/.......        エンジン.

主な仕様書

全   長

4,100 mm

エンジン形式

E-10型 頭上弁式

全   高

1,920 mm

総排気量

1,046  cc

全   巾

1,690 mm

圧 縮 比

8,0 : 1

車両重量

1,265 kg

最高出力

42HP/4700 rpm

最高速度

85 km/h

最大トルク

7,9kgm/2400 rpm