これまでのゲストブック・掲示板(99年10月分)

[ 戻る ][ トップページへ ]


asktaka - 99/10/31 10:36:17
早慶戦の行方は?

おはようございます。早いものでもう六大学野球の秋季リーグも 最終戦で、早慶戦が行われていることをすっかり忘れていました。 そういえば高橋君が抜けてから神宮に行っていないなー。 ◆MSさん 28日の書き込みをよく読ませていただきました。ご指摘のポイント は次の4点だと思います。 1.以前から外国人デザイナーは活躍している 2.ハコと中身のミスマッチが商業開発の失敗の原因でテナント   ミックスが重要 3.日本の流通システムが構造上、アウトレットを阻害している 4.大規模商業開発では日米が協力、協働できる 1に関しては、おっしゃる通りで以前から海外のデザイナーが活躍 しています。福岡はジャーディさんの事務所がデザインしています。 私が言いたかったのは、デザインとソフト(MD、テナント誘致) を合体させたビジネスシステムをもつ海外勢は強く、特に最近は 海外テナントの誘致に期待して海外が受注するケースが多いという ことです。 2はご指摘の通りで、同感です。 3については、私も実際に相模大野を覗いてみてがっかりしました。 もう少し期待していたのですが、AMIでもあの程度で、小粒な アウトレットばかりですね。実は私は90年代の初めから、アウト レットに関していろんな雑誌に執筆していて、埼玉大井のリズム、 大阪のブロッサムを始め現在に至るまでフォローしています。最初は 日本には実物があまりなかったので、アウトレットの定義と日本の流 通構造上のネックを指摘したり、海外のアウトレットを紹介していま した。そんなわけですから、MSさんのご指摘を至極ごもっともだと 思います。でも、これからはエディ・バウアーやGAPなどのSPA (製造小売をするアパレル)が店舗数を増加させるので、一定のアウ トレットショップが必要です。やはり、流通外資のインパクトで日本 の流通業界も変化しますから、今後には期待できると思います。 4に関して、茨城県守谷の件はAMIと日本の商業コンサルとが組ん だプロジェクトでした。むしろ大手のM不動産などと組んだほうが よかったと思いますが、Mは自前でやってますからね。来年から新し い大店法(改悪です)が実施され、地元の意向が以前よりも反映され やすい仕組みになります。そうなると、今後一層大規模商業開発は 難しくなりますね。 それから、今日アップした第20回「独り言」と第19回の独り言 「ヴィーナスフォート誕生秘話」を参考までにご覧ください。 長レスになりましたが、また気付いた点を書き込みます。 ではまた。

asktaka - 99/10/30 10:06:44
おはようございます。

今日はよいお天気になりそうですね。皆さんはどこかへお出かけです か?私は今日はゆっくり静養します。 ◆くれはさん >身体に異変があり、医者で「原因はストレスかもしれないよ」 >と言われ、愕然としました。 それは大変でしたね。身体を動かすとか、自然にふれるとか、酒を (少しだけ)飲むとか、何か気晴らしが必要ですね。とかいう私は 仕事の中でストレスを解消しているようです。(爆笑) >もしかして、7777とか10000とかヒットしてたりして! 現在6075ヒットです。1日100から150ヒットしますから 10日から2週間で7777ということになります。画面にカウン ターが表示されないのはどうしてでしょうかね。更新、リロード してもダメですか。であれば再度ブラウザからアクセスしてダメで でしょうか(キャッシュが残っていて、最初のアクセスでカウンタ ーが表示されないと、そのままになることがあります。特にIE ではなくNNの場合に多いようです)。 ◆MSさん 28日の書き込みへのレスはもう少し待ってくださいね。まだ、体力 が戻っていないようです。 ではまた。

くれは - 99/10/29 15:35:44
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
あ。そうだ!(付け足し!)

私の画面ではなぜか、このページのアクセスカウンターが きちんと表示されないため、実は自分が何人目なのかわかりません。 もしかして、7777とか10000とかヒットしてたりして! 個人的にasktaka様の文章ってすごく好きなので、論文、ほしい んですよ。(^o^)これからも沢山読ませていただけると嬉しいです。

くれは - 99/10/29 15:32:46
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
こんにちわ。

御無沙汰しています。くれはです。 asktaka様、皆様、お元気ですか? 仕事が立て込んでいて、どうも私は相当ストレスがたまっていた ようです。(自分でも気がつかなかったんですが、身体に異変が あり、医者で「原因はストレスかもしれないよ」と言われ、愕然 としました。そういえば、ここのところ、肌荒れもひどかった。 ( ・_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)ワーン) 気をとりなおし、改めて、また書き込みたいとおもいます。 PS:asktaka様に、以前メールしたかったのですが、 あの時メールしていたら「愚痴だらけのみっともないメール」に なっていたかもしれません。(笑) 今度は、お仕事の内容や姿勢について、御相談させて くださいね。(^_^) 雰囲気が悪くなる事を恐れ、同僚に「注意」ができない 小心者だったくれはでした。

asktaka - 99/10/28 22:06:59
こんばんは

今週は毎晩会社で夜食を食べています。今も会社にいますが、今日中 に帰れるのかなー。というわけで、 >MSさん 今日のMSさんの書き込みに関連して、今「独り言」に“都市開発・ 地域開発と私”をテーマに書いています。細切れの時間を使って書き 溜めているのです。金曜の夜か土曜日にゆっくりレスしますので、 今日はこれにて失礼。 >Tockyさん メールをお待ちしてまーす。それと、7777ヒットの記念品を考え なくちゃいけませんね。ささやかだけど、もらって嬉しいものは何で しょうか? ではまた。

MS - 99/10/28 21:02:11
今日の話題

今日の話題を読ませていただきました。 外国の商業不動産設計者の活躍は今に始まったことではなく、大分前 からありますよね。例えば博多のキャナルシティは、アメリカのホー トンプラザと同じ設計者ですし、埼玉にあるプリズムもたしか初期段階 に米不動産のチェルシーがサポートしています。バブルの時期は黒川 キショウ(漢字忘れました)がデザインした新宿のパークシティのような タイプが多かったのですが、最近の傾向は単純に外国の設計業者が 多いということではなく、建築される器のコンセプトが全て欧米の ものになっている重要に思います。この裏には、コンセプトは欧米的 であるが内容はそのコンセプトにそぐう物ではないというところに 日本における商業不動産の成功例の少なさの理由が隠れているのでは ないでしょうか。米国の不動産開発業者のうまさは、その器作りの うまさのみならず、テナントミックスの技術とネットワークの力で あるでしょう。このテナントミックスの妙なくして器だけ欧米テイスト にしたところでうまくいくわけがないでしょう。私の思うにパレット タウンはかなり器を欧米的にして注目を集めましたが、入居している テナントはさほど目新しさがありません。恐らく期待されているほどの 成功は収めないでしょう。  また、相模大野にあるモールズ インターナショナルのショッピング ビルを見ると分かりますが、日本の流通システムが米国のような OUTLETの実現を阻害していると言えるでしょう。日本のOUTLETでは OUTLET用に作られた商品が並んでいます。日本の流通システムは 米国のように一流商品のキズ物をOUTLETとして販売できないような 仕組になっているようです。つまり、このシステムを持ちつづける 限り欧米的な商業施設は実現できないでしょう。思うに日本では コンセプト作りや器の設計を含めて日本独自のスタイルを模索する 必要性があるように思います。   もう一点。モールズは本国米国で養ったノウハウを日本で活かす ためには自ら日本に乗り込む必要があると茨城県守谷に大型の ショッピング施設の計画を何年か前にぶち上げましたが、結局日本の 土地慣習の理解がなく頓挫しています。これは土地区画整理事業の 難しさ、それにからむ法的煩雑さ等によるものです。アメリカ的な 商業施設はかなりの大きさの土地開発を伴います。このような開発を 郊外で行うためには現状では土地区画整理事業でなければ不可能で しょう。つまり、逆に考えれば、日本の開発業者の大規模開発の 力と米国の商業不動産業者のノウハウは日本における商業不動産の 開発において協力し合えるのではないでないでしょうか。  かなり長くなってしまいましたが、あまりにも日本における商業 施設開発が同じ失敗を繰り返しているもので、日頃思っていることを 長々と書いてしまいました。

Tocky - 99/10/28 20:51:59
即レス、ありがとうございます。

仕事帰りにもう一度のぞいてみました。 早速、変更していただいたようで。 ほんと、おさわがせしてすみませんでした。 こんな私でも歓迎していただけるなんてウレシイです! (でも、なんかテンションちがう!?) 7777ヒットか10000ヒットあたりで訪れます。(笑) それでは、また。 お疲れ様でした!! P.S. ちょっと、気になることがあるので、家からでもメールします。    (今日か明日か…)

asktaka - 99/10/28 20:13:40
Tockyさん、どうもありがとう!

ZSPCにも一言お礼を書き込みましたが、どうもありがとう ございました。 早速、"#FFFFFF"に変えました。なにせ自慢じゃないですが、 この分野はこれまで人任せでちゃんと系統だった勉強をしていま せんので、ファンダメンタルズに欠けるんですよね。またよろしく お願いします。 それから、最初の書き込みはご覧の通りに致しました。どんな テーマでも大歓迎ですので、いつでも書き込みに来てください。 ではまた。

Tocky - 99/10/28 19:37:44
ゴメンナサ〜イ!!

おっと! 記入通りに表示されてしまうんですね。 ちゃんと断り書いてあったのに…。 すみません、見にくくなってしまって…。 削除しちゃってください。 恥ずかしいから、退散っ!!

Tocky - 99/10/28 19:30:49
電子メールアドレス:tocky@d2.dion.ne.jp
上手くいってよかったですね。

こんにちは。初めまして。 Web Design BBSで asktakaさんの質問をみて、返事させていただいたTockyです。 早速変更なさったということで、これも縁と思い、立ち寄りました。 コンテンツを見るところ、私の世界にはない話が展開されていて、世の中 にはたくさんの人がいろんなお仕事をなさっているのだな〜っと改めて感 じさせられました。 ところで、背景を明るいトーンにしたということなら、できれば、 の中のBGCOLOR="#000000"は#FFFFFFにしておいた方がいいのでないでし ょうか。読み込みが遅いマシーンだと、背景画像がダウンロードされるまで 黒画面になっていると、背景画像が貼り付いた後とのギャップがあるかも? 参考にしてみてください。 なんか、全然ページにふさわしくないことをこの場で書いてしまいまして すみませんでした。(会社からメールできないので…) 削除できたら、削除しておいてください。 それではみなさん、お仕事、前向きに頑張ってやっていきましょうね。 asktakaさん、HP作成のほうも、いろいろチャレンジしてみてくださいね。 それでは、さようなら…

asktaka - 99/10/27 12:15:43
トップページの背景

こんにちは。 今日は朝から生憎の雨ですが、私はこれから外出です。皆さんは 今日はデスクワークですか? ところで、皆さんもお気づきのように、トップページの背景を変え てみました。世の中が明るくなるように、明るいトーンにしました。 まだ試行錯誤中で、気に入った背景をウェブ上で見つけたのですが、 どうも上手くいきません。週末に再トライしてみます。 文字が見にくいとか、何か問題がありましたらご連絡くださいね。 ではまた。

asktaka - 99/10/26 19:11:59
RE:はじめまして

asaさん、はじめまして。 来年からコンサルタントですか。大分ラフな話ですが、私の経験では 最初の3日か1ヵ月、遅くても3ヵ月ぐらいで新人コンサルの潜在能 力が分かります。最初の評価から大化けするケースは稀で、途中で MBAをとったとしてもちょっと化けるくらいですね。 ポイントは自分の頭でどこまで問題を考えられるかだと思います。 大学院でロボット工学を研究されているとのことで、思考のトレー ニングができていれば、後は創造力があれば大丈夫です。ただし、 コンサルタントは人間が相手なので、やはり人間好きでなきゃ、 と思います。 >お体に気を付けてがんばって下さい。 有難うございます。健康維持に努めたいと思います。 では、asaさん、またの書き込みをお待ちしております。

asa - 99/10/26 18:27:24
はじめまして

asktaka様,はじめまして. 現在大学院でロボットの研究をやっているものです. 来年から某コンサルティング会社で社会人としての一歩を 踏み出す予定です. 理系一辺倒で来た人間なので,経営の「け」の字も分からない のですが,興味とやる気でがんばって行こうと思っております. 好奇心は旺盛な方だと思うので. これからもちょくちょく立ち寄らせて頂くと思います. お体に気を付けてがんばって下さい.

asktaka - 99/10/22 10:11:14
電子メールアドレス:asktaka@geocities.co.jp
くれはさん、おはようございます。

そういえば周りにも風邪をひいた人が何人かいましたね。私は1980年 に風邪をひいて肺炎になって以来寝込んだことがありません。そのため、 “××(馬鹿 or 利口)は風邪ひかない”とか“風邪も逃げてい く”なんていわれますが、ちゃんと血の通った人間なんですがね。 でも早く回復してよかったですね。 それから、メールはいつでもOKですよ。もちろん書き込みも大歓迎 ですが。 ではまた。

くれは - 99/10/22 09:27:51
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
おはようございます。

今週は急に冷え込んだためか、「風邪かな?」と思えたその日に 有給を取り、病院へいってきました。早めに行くと、本当にいい ですよぉ。風邪は早いうちに治しましょう。(^o^)V ブイ また、あとでカキコにきまーす。 そうそう、asktaka様、メールしてもかまいませんか?

asktaka - 99/10/20 14:45:53
もうすぐ5000ヒットです。

こんにちは。 みなさんのおかげで、もうすぐ5000ヒットになります。そこで、 何か記念品を出さないのかとの声があります。私の論文集を贈呈して も余り喜ばれないのではないかと思い、かといって「煎餅セット」で は能はないし、と考えている間にあっという間に5000ヒットが迫 ってきました。というわけで、今回はごめんなさい。 今度、10000ヒットか7777ヒットあたりで何か考え、事前に トップページに告知しますので、その時までお待ちくださいね。 以上、お知らせまで。

asktaka - 99/10/17 08:36:53
おはようございます。今日は安息日!

おはようございます。この週末は久しぶりに予定を入れずゆっくり寛 いでいます。週明けから忙しくなるので、英気を養って今日は安息日 と決め込みました。 >MSさん ご指摘のように一人の評価者では限界がある以上、マルチプルな視点 から評価することは重要だと思います。現状では、部課長以上で複数 の人が評価する仕組みを作っている会社はありますね。メリルリンチ のM&A部隊のやり方は、マルチプロジェクトで仕事をするコンサル 会社では従来から行われていた方法です。 デルタ航空の例は、恐らくブラジルのセムコ社のやり方を取りいれた ものだと思います。5、6年前に全米でベストセラーになり、日本で も翻訳された、同社トップのリカルド・セムラ―の「セムラーイズム (邦題)」(新潮社)は、なかなか面白い本ですよ。同心円型組織、 部下による上司の評価、社員独立をサポートするサテライト・プログ ラムなど同社が実践した経営改革を著わしたものです。セムコ社はビ ジネス・スクールのケースになったり、各企業が競って研究していま したが、斬新なやり方を迅速にいいとこ取りする米国企業はすごいな 、と思ったものでした。 それから、ご指摘の通り、ワークアウトにしてもワークショップにし ても会社が積極的に推進しなければ定着しませんね。「今日の話題」 (10月17日・18日号)でふれたトークショーも、会社がどのよ うにそれをデザインしていくかがポイントになっています。 GEも企業文化、価値感の共有化に多大なエネルギーを費やしていま す。ご承知かもしれませんが、ホームページをご覧になればその一端 が分かると思います(こちらを参照)。 おっしゃるように、自律的に動くことができる社員、組織にすること は重要で、一部の企業、つまりインターネット時代を含め未来を意識 した一握りの企業群では十二分に認識されています(ただ、変化のス ピードは遅いですが)。だが、それ以外は感度は鈍いですね。 ではまた。

MS - 99/10/17 02:20:56

こんばんは。 私も評価制度については大変興味があり、経営の肝になるところだと 感じています。ITを戦略的に利用し、個人の能力や経験、知識を組織 の経営資源とし競争力を高めるためには、従来型のMBOで目標を 設定してそれに対して評価者である上司が評価するという1対1の やり方では、どんなに評価者側を教育してもそうした戦略に適当な 人事評価が出来るとは思えません。 メリルリンチのM&A部隊では 一人が複数の部隊に参加し、そのメンバーがその人についていかに チームに貢献していたかという視点から評価するという方法を適用 しています。また、大分前になりますが、デルタ航空(だったと思い ます?)が上司に対する部下からの評価を制度とした例もあります。 こうしたマルチプルな視点からの評価が大切になっているように 思われます。縦関係を壊すことになり、既得権を脅かすような問題 なんで、このような制度への変化はすごくエネルギーがいると 思いますが・・・。 ワークアウトについてもすごく重要で、且つ興味深いところだと 思います。アンダーセンではワークショップと呼んでいますが、 仕事とは別に集まり、情報・経験を共有しているようです。この ような集まりに参加することを会社側が積極的に評価することが 大切だと思います。私の前職はすごく古い体質で、個々の社員が 会社の管理の届かないところで別の活動をすることを嫌っていま した。このような会社や上司って今でも結構存在してると思い ます(表向きはそうではないかもしれません)が、組織内での 各構成員間のシナジーを生むような会社になるには、個々の社員 の自主性を重要視して、どんどんと自主的な活動を促すべきでは ないでしょうか。社内企業家がよく話題になりますが、企業家と いっても新しい事業を始めるのではなく、各社員が高い自主性を 持つことが大切なんだと理解すべきなんだと思います。 日本のサラリーマンは、仕事終わりに飲みに行って、喧喧諤諤の 会社議論をするのが大好きなんですから、そのエネルギーと魂を ワークショップみたいな形で生かせるのではないのでしょうかね。 結局、私の場合はこういう自主性を重視する企業文化を育てること ができないのかという組織文化に思考がいってしまいますが。

asktaka - 99/10/16 18:00:34
こんばんは、週末をいかがお過ごしですか?

こんばんは。今日は朝から一日家にいて、本や雑誌の整理をしていま した。いやはや、たまるのは紙ばかりなり。 >くれはさん 確かに評価者が問題です。一般論からいえば、自分の力量を超えて 他者を評価することは困難ですからね。日本でも人事諸制度を変えて 人事評価の仕組みを改正すると、考課者訓練なるものをやりますが、 おざなりですよね。GEやATT、HPなどの米国の大企業はコンサ ルティング予算を年間30億円から50億円とっていて、もし報酬及 び評価システムを変えれば徹底的にコンサルタントによる評価者教育 をします。日本では、コンサルタントなどからシステムだけを導入し て後は自社でやろうとしますからね。その結果、運用が自己流で最初 の理念からだんだん乖離して行くのが目に見えます(おっと、くれは さんの会社のことをイメージして言っているわけではないですよ)。 泣きたくなる、くれはさんの気持ちはよく分かりますよ。 それから、GEのワークアウトは、ホームページのコーポレート・カ ルチャーのページを見ると、次のように定義していますね。 「ワークアウトとは、職域や肩書にこだわらず、その仕事に実際に携  わり熟知している人たちが集まり、積極的に意見を交換し、問題点  を見つけ、解決策を導きだす一連のプロセスです」 トークショーは、くれはさんのご賢察のように、GEのワークアウト の部分プロセス(アイデア、問題点の抽出など)の別の方法論の一つ だといえます。GEやHPなどは、このようなプロセスを見事にマニ ュアル化して、徹底して定着のための教育を行っています。そうして 、HP WayとかGE Wayとなっていくのですね。 そうそう、スマイリーをたくさん見せていただきありがとう。ただ、 意味が分からなーい。今度、お時間のある時に解説していただければ 有難いのですが。(^-^)(←コピー&ペーストしました) 長いレスになりましたが、ではまた。

くれは - 99/10/16 15:37:19
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
こんにちわ。

こんにちわ。くれはです。 私は人事という職業柄か、私のキャラクターのせいなのか、 社員から相談(なかには愚痴もあります。)を受ける事が 多いのですが、先日、こんなことを言われました。 『上司が僕を評価するときに、こんなことを言ったんです。 「俺がおまえの仕事をやってたときはここまでできた。なのに おまえがそこまでできないというのは能力が足りないからだ。」 と。たしかに彼にはできたかもしれないけど、僕がこの仕事を やってるときと、彼がやってたときでは、状況も立場もちがう。 彼は当時、「主任」だったけど、現状で「主任」というポストは なくなったじゃないですか?今の僕には当時の彼ほどの権限だ ってないのに。しかも、自分の評価が誰々と比べられた上での ものっていうのは、どういうことなんですか?』と。 「うちの人事(評価)制度は、他人と比較して決めるような 狒蠡仞瓩任呂△蠅泙擦鵝だから、その評価はどうかと思いま す。また、それは上司がいう言葉ではないですね。」と コメントしましたが、内心情けなかったです。 人事としては「評価者訓練」という研修を行っており、比較する ような言葉・評価を禁止していたのですが・・・。 ちょっと泣きたくなりました。(ノ_<。)クヤシー ****** 16日の提言にあった「トークショー」。今はやり(?)のGE では、「ワークアウト」と呼ばれる制度がありますが、すこし イメージが重なりました。すこし。。。ね。 *************** スマイリー。。。私、好きなんです。 逆に嫌いな方もいらっしゃるかと思いますが、文字だけでは 感情を、伝える事が難しいので、ついつい入れてしまいます。 文字だけで誤解されることもありますものね・・・。 (゜ー゜)(。_。)ウンウン では、また〜(^-^)ノ~~☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★

asktaka - 99/10/14 22:56:26
汗を流して頭もすっきり!

昨晩はクライアントと打ち合わせの後飲み会になったので、スポーツ クラブには行けませんでした。その代わり今日たっぷり2時間ほど汗 を流し、身体も頭もすっきりです。こういう時には、頭が冴えて夜更 かししそうなので気を付けなきゃ。 >くれはさん こんばんは。 社員みんながくれはさんのように向上心があれば、言うこと無しです ね。会社が少しサポートすれば、積極的に自己啓発して社員の質が向 上しますからね。しかしながら、どんな組織でも、優秀な(あるいは やる気のある)人2割、ダメな人2割、普通の人6割という構成にな ります。超進学校でも普通の高校でも、出来る生徒と出来ない生徒が いるのと同じです。 これからはマネジメント側は、優秀な人を更に伸ばし待遇もよくして いくはずです。問題は普通の人達と優秀でない人をどう戦力化してい くかだと思いますが、永遠の課題かもしれません。 スキル教育重視はご指摘のように「即戦力重視」の表れであると共 に、会社が社員をストックとしてよりもむしろフローとして見るよう になったことに起因するように思えます。 いやはや銀行を含む金融業は大変な時代ですね。何せ米国の戦略産業 の一つが金融で、世界の金融を牛耳ろうという魂胆ですからね。もう MOFが銀行をコントロールできる時代ではないですね。 それに「個人的な話」は全く論外ですね。今度そのような事態になっ たら(そうならないことを祈りますが)、にこっと笑って相手の横面 を張り倒してやったらいかがでしょうか(爆笑)。 それから、くれはさんはスマイリーがお上手ですね。私も7、8年前 にニフティのフォーラムで遊んでいた頃少しばかり使っていました。 が、ビジネス・メールが多くなった最近では全く使わなくなりました。 ほとんど忘れているので、そのうち教えて下さい。 ではまた。

くれは - 99/10/14 18:20:24
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
まーだ、日本は金融腐食列島なのかな?

銀行がつぎつぎ合併していきますね。金融再編のシナリオって やっぱりMOFが作っているのかな?(^-^)イマサラ? 金融市場が狭くなっていき、(銀行が減っていき)われわれが 銀行口座開設で「どの銀行がいいかしら?」なーんて悩む日なん てなくなっちゃっりして。あまり銀行事情についてはさまざまな 書籍や仮説がでまわっていますが、個人的には非常に面白い業界 だと思います。 〜独り言〜 個人的な話ですが、 弊社に訪問してきたので受付にでた私と会議室で二人きりになっ たとたん口説き始めた○○銀行はそれだけで信用できなくなって しまいました。(窓口の女性はすごくいい応対をするのに、それ を無に返すような真似をするのが、たまりませんね。。。)

くれは - 99/10/14 18:15:52
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
長いレスになりました。m(__)m

asktaka様、MS様 そうですね。スキル教育に関していえば、日本企業は、バブル以 降の不景気により(”不景気”と言う言葉ももはや言い訳に聞 こえるようになりましたが)ますます「少数精鋭」だとか、 「実力主義」だとか、そういった言葉をよく使うようになりま したが、そのうちの「即戦力重視」の顕れではないでしょうか。  さらに、景気の長期低迷により、会社は従業員を長い目で育て る体力をますます失っていくことは容易に想像できます。  すなわち、「短期習得」=スキル教育であって、 「長期教育」 =ウェルチ的に言えば、「ソフト改革」する余裕などないと。  実際、目先しか見えていない経営者も多くいるように感じます。 (それだけ状況が深刻なのでしょうけれど。) MSさまの言う、「Motivationをたかめるプログラムを積極的に 使うのも必要」というのはもっともだと思います。本当はそれ に気が付くというのは、すごく簡単な事。誰にでもわかる事の はずなんですよね。それに気が付かない、気が付いてもできな い、気が付いているけど価値を感じない、という人が多い。。 。。・゜゜・(>_<)・゜゜・。いいのか、それでぇっ!  会社は「人・物・金」というけれど、その価値をみずから変動 させることができるのは人間だけなんですよね。  自分を高める(勉強・思考・行動・実務成果)事で自分の価値 (給与なり評価なり)を高めることができるのって、人間だけな んですよね。  経営者サイドからいうなら、 「今、安い賃金で働いている人も勉強や経験を重ねる事で今以上 の労働力を提供するようになる」かもしれないんですよね。大勢 の従業員が同じように自分を高めていけたら、その労働力は想 像以上のものになると・・・。だから現状に甘んじているのは時 間的にもったいないことです。  うまく表現できないなぁ・・・わかってください〜 (私自身はまず、日本語の基礎をしっかり学ぶべきですね。)

asktaka - 99/10/14 07:12:52
「今日の話題」はくれはさんの言葉を引用しました。

おはようございます。昨夜は宴会でお酒を飲んだせいか、随分蒸し暑 い夜でしたね。今日は夕方から東京では小雨模様の天気になるようで すが、週末は少しは秋らしくなるようです。食欲が増すこの頃ですが 皆さんはいかがですか? 食欲の秋に思いを寄せていたら、住銀とさくら銀の全面提携というビ ッグニュースが飛び込んできました。金融の世界も財閥も組織も大き く変化していきますね。そこで、「今日の話題」では、くれはさんの言 葉を引用しながら、近未来の組織について触れてみました。さわりだ けですが、このテーマは後日突っ込んだ話にしてアップしたいと思い ます。 >MSさん ご指摘のようにスキル教育偏重は問題がありますね。このへんは、教 育予算が削減されているせいもあるとは思いますが、人事のビジョン 、将来への展望が求められる所以ではないかと思います。また、確か に勉強に対する評価は重要ですね。これまで、日本企業は知識や理論 を“青臭い”として退ける傾向にありました。だが、MBA取得者に 対しても、帰国後ちゃんと活用するようになってきたし、変化の兆し はあります。今後に期待したいですね。 >くれはさん “同感”というコメントをいただき有難うございました。「今日の話 題」をご覧いただき、人事のお立場から何かご意見をいただければ、 発展的に議論が展開できるのではないかと思います。 ではまた。

MS - 99/10/14 01:11:35
有難うございます。

質問に答えていただき誠にに有難うございます。 たしかに、ビジョンの重要性はジャック・ウェルチも ルイス・ガースナーも強調してますね。組織設計と組織文化の 戦略的形成について是非勉強したいと思います。 くれはさん、私は社員教育関係の仕事をしておりますが、最近 思うのはどこの会社もスキル教育ばかりに注力しすぎているという ことです。アメリカのテキスタイルの会社でミルケンという企業が あるのですが、会社の中にミルケン大学と俗称されている施設が あります。勉強したいものが勝手に勝手に参加して勉強するという ことなのですが、どの教室もかなりの割合で埋まっていました。 要は、勉強する環境を整えること、自ら勉強して会社の知識の クォリティを高めることに対して会社が明確に評価すること、そして 同様の昇進基準を設けることが重要なんだと思います。また、教育 パッケージもスキル中心のものと同時に、Motivationをたかめる プログラムを積極的に使うのも必要かもしれないです。これらは まさに企業文化につながる部分であると思います。

くれは - 99/10/13 12:27:14
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
同感!です!

>MS様、asktaka様 私もasktaka様に同感です。もう本当に一語一句同感です。 (私がなんとなく思っていた事がasktaka様によって美しく 文字で表現されていたので、感動・・・。) マネジメントはビジョン無しでは成立しません。 弊社には明確なビジョンが見えなくて、仕事を突き詰めていく うちに(特に社員教育。)必ずこの壁に当たります。 明確なビジョンを持たない経営は、成り立たないと思います。 ビジョンって会社の大黒柱だなぁと思うことさえあります。 目にみえないものだけれど、会社が目指す方向性を示すという 重要なポイントですよね! お勉強、頑張ってください!私も応援しています。 asktaka様、お返事ありがとうございました。うれしかったです。

asktaka - 99/10/13 07:53:42
連休明けは疲れますね。

昨日は連休明けで道路も随分込みました。来年から月曜までの連休が 増えるようですから、今後こんなパターンになるのでしょうね。 昨日は前日の11日に秋川下流の川原で遊んだ余波なのか、どこか身 体もしまらない気がしました。週末にスポーツラブで汗を流さなかっ たせいかなと思い、今日の夜はフットネスをと心に決めました。 >MSさん はじめまして。ご愛読と書き込み有難うございます。 さて、ご質問について私は次のように考えます。つまり、もちろんROE やEVAなど経営指標はある意味では重要です。しかし、あくまでも企業 の目的を達成するための手段であると思います。マネジメントにとっ て真に重要なのは、ビジョン(企業が向うべき方向)を定めて、その 方向に会社全体を変身させる(企業文化を含む)ことだと思います。 B−Schoolも一時の効率一辺倒への批判から、企業文化、企業 倫理を重視し、"Change"をテーマにした講座なども充実させて いますから、「企業文化の戦略的形成」についてMBAで学べると思 います。 ではまた。

MS - 99/10/12 23:29:52
同じく、はじめまして。

はじめまして。 MBA ApplicantのMSといいます。 私も若輩者ですが、提言や話題のコーナーを読ませていただき、 大変勉強になります。 私は今社員教育を手掛ける会社で社長付で 働いています。最近B−Schoolで学ぶことについて考えるのですが、 経営において重要なのはやはりROEやEVAなど経営指標の理解のような テクニカルなものだとお考えになりますか。当然そうした分野は今の 経営でも大切だと思うのですが、私は企業文化に大変興味があります。 細かく書くと延々と長くなってしまいますのでここでは控えますが、 私はMBAで企業文化の戦略的形成について学べないかと考えています。 私の考えはPracticalじゃないでしょうか。意見をお聞かせください。

asktaka - 99/10/12 17:32:32
RE:はじめまして

くれはさん、こんにちは。書き込みいただき有難うございました。 くれはさんのような若い方々(一応額面通り、このように想定させ ていただきました。失礼!)に読んでいただき、少しでも関心を持 っていただければとても嬉しく思います。これからも頑張って更新 していきますのでよろしくお願いします。 ところで、ご指摘のように総務・人事の仕事は深いし、今後その 機能が特に重要になってくると思います。何せ、会社のこれまで の文化、歴史が最も染み込んでいるところですから、ここを何とか しなければ変わりようがないですからね。くれはさん、やりがいの ある仕事ですから頑張って下さいね。私も陰ながら応援させていた だきます。 では、また遠慮なく書き込んでくださいね。

くれは - 99/10/12 12:33:51
電子メールアドレス:kureha1@geocities.co.jp
はじめまして!

こんにちわ。はじめてお伺いしました。 私は勉強中の若輩者です。 経営には非常に興味を持っていますが、前々から「経営は経営者 だけではできない。社員の協力(労働力)が必要だ」とひしひし と感じていました。あたりまえのようで、なかなか理解していな い経営者はまだまだ多いのではないでしょうか?労働者がみずか ら生産性をあげようと努力すれば、命令で動いているそれより余 程効率化がはかれると思うのです。 これに必要なのは教育かな?と感じていますが、押し付けの教育 では意味がないようにも思えてきます。。。 私は某社の総務・人事を担当しています。この仕事、本当にふか ーいと思っています。これからも勉強を重ねていきます。 その参考になるように思えますので、こちらにはちょくちょく 来るようにします!(^-^) asktakaさんのTALKはとても読みやすくて内容も好みなので、 嬉しいです!頑張って続けてください!!

asktaka - 99/10/11 23:34:17
RE:芋煮会

Minaさん、こんばんは。実は芋煮会は1日順延して今日になりま した。来年も開催する予定ですので、もしMinaさんの日程があえ ば歓迎しますよ。 ところで、子育てとコンサルタント業の両立の件、なかなか難しいと は思います。というのは外資系のコンサル会社の場合、3〜5年単位 で昇進しなければ退社するのが原則ですから。もしご両親に子供の 面倒をみてもらったとしても、少なくても産前産後の休暇期間はハン ディキャップとなると思います。 Bainのトップはやり手の女性コンサルタントだし、コンサル業界 は女性に門戸が開かれているとは思います。だが、子育てとどこま で両立できるかとなると、クエスチョンマークですね(もっとも今後 改善される可能性はあると思いますが)。 現時点では、MBAを採用する外資系の事業会社の方が子育てと両立 出来ると思います。 しかしながら、コンサルタントになって2、3年はとても忙しいでし ょうから、とても子育てをしようという余裕はないと思います。子供 が出来た時点で子育て環境を考えて、コンサルのキャリアを活かして 有利に転職する手もあります。Minaさんにはこの方が合っている ような気がしますがいかがでしようか。 ではまた。

Mina - 99/10/11 01:01:46
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Berkeley/2205
芋煮会

asktakaさん、こんにちは。10日の芋煮会はいかがでしたか? 私も来年は日本に帰りますので、ご迷惑でなかったら、是非次回は 参加させてください。 話は変わりますが、asktakaさんは、子持ちの女性がコンサルタント を続けられるとお考えになりますか?私は今のところは子供はおり ませんが、将来的には持ちたいと考えています。夏の間、インターン として連日深夜まで働いてみて、育児と両立できるのか不安になり ました。私の両親がバックアップしてくれるとは言うものの、親に 甘え過ぎるのは間違っていると思いますし・・・。私個人としては、 コンサルタントは、やりがいのある面白い仕事だと感じています。 思いきって飛び込んでしまうべきなのでしょうか。

asktaka - 99/10/01 00:31:45
お知らせ

ご挨拶のところにも書いておきましたが、10月1日より 「今日の話題」のページをオープンします。平日は毎日更新し、 土日は随時更新する予定ですので、ご愛読のほどお願い申し上げ ます。 これから、このゲストブック・掲示板は、肩の凝らない話で盛り 上がることを期待しております。皆様の自由な書き込みをお待ち しております。

[ トップページへ ]