オランダ旅行記 オランダ旅行記
■ホームページに戻る
■旅のページに戻る
■オランダトップへ
  
 オランダ旅行記 その2
 <アムステルダム運河クルーズ>
王宮の前を抜けてマダムタッソー蝋人形館、戦没者慰霊塔などを見ながらアムステルダム中央駅に向かった。
土産物店やカジノなどもあって面白い。
いろんな国のいろんな人があふれている。
駅までまっすぐな道なのでわかりやすい。

運河めぐりはアムステルダムを運河から眺められるので人気があるという。

チケットを買って20分ほど次の船が来るのを待った。
船は橋桁をクリアしなければいけないので、大阪の遊覧船と同じく背が低い。
エンジン音が低いので、船員さんに、
「電気船ですか」と聞くと、
「ディーゼル」と返事が返ってきた。それほど静かで振動も少なかった。
船から見る町並みは期待を裏切らず、楽しかった。
なんとなく微妙に傾いている建物が多かったが、帰ってオランダの番組を見たら、やはり傾いているとのこと。
埋め立てをしているので傾いてくるのだとか。それをさほど苦にしていないのも面白い。

オランダ旅行記
(マダムタッソー蝋人形館)
オランダ旅行記
(木靴のミニチュア)
オランダ旅行記
(公衆電話)
オランダ旅行記
(乗船チケット)
オランダ旅行記
(満員の乗客) 
 オランダ旅行記
(乗り場から見えるアムステルダム中央駅)
オランダ旅行記
(おもしろいディスプレイのビル) 
オランダ旅行記
(船内) 
オランダ旅行記
(すれ違った同じ形の船)
オランダ旅行記
(何となく皆傾いている感じである)
 
オランダ旅行記
(船からの町並み)
オランダ旅行記
(さりげなく電気自動車)
オランダ旅行記
(食事をねだる白鳥)
オランダ旅行記
(運河から見たムント塔)
オランダ旅行記
(オランダ的広告看板。うーん)
オランダ旅行記
(電気自動車もあるが馬車もある)
オランダ旅行記
(いた。カヌーイストがいた)
オランダ旅行記
(跳ね橋をくぐっていった。漕ぎたいね−)
オランダ旅行記
(自転車置き場)
オランダ旅行記
(船尾で一緒に写真を撮っていて仲良しに)
<アムステルダム中央駅>
船を下りてからアムステルダム中央駅に向かった。ここはアムステルダムの玄関口である。東京駅のモデルになったといわれ、赤煉瓦が美しい。
ゴシックとルネッサンスを融合させた風情ある建物である。駅前は観光客もたくさん行き交っていた。日本人もちらほら目についた。
中に入ってみたが、想像以上に荘重で1889年できたというが長い歴史を感じた。


オランダ旅行記
(様々な彫刻がある)
オランダ旅行記
(ヨーロッパはライオンの彫刻が多い)
オランダ旅行記
(雰囲気がある)
オランダ旅行記
(ホームに自転車があるのは面白い。電車にも自転車用車両がある。さすが自転車王国  
 オランダ旅行記
(ロビーも歴史を感じる)
オランダ旅行記
(ちょうど列車がはいってきた) 
 <昼食>
オランダ旅行記中央駅から商店街をブラブラしながら昼食する場所を探した。
「るるぶ」を持っていたが、それらを無視して飛び込みで入ることにし、何となくおいしそうな雰囲気のある店を選び入った。
かなり大きいパンに挟まれたハンバーグにフライドポテト。そしてサラダ。味は悪くなかった。
歩道では家族連れらしき人たちが同じ店の食事をしていた。何となくゆったりとしている。

オランダ旅行記
(新しいトラムと古い建物。いいなー)
 オランダ旅行記
(歩道が広いのでゆったり)
 オランダ旅行記
(レストランの中。チェック中)
オランダ旅行記
(トラムと並んで馬車が。この取り合わせもいい)
 オランダ旅行記
(なにやらデモらしい。仮装が面白い)
 オランダ旅行記
(監視の警官は馬車というのもいい)

▲ページトップへ
▲次のページへ;
■ホームページに戻る
■旅のページに戻る
■オランダトップへ