★大糸線トップページ★
周辺ガイド 1


大糸線の周辺ガイド 1

松本駅から豊科・穂高駅を経て信濃大町駅までの観光地や見どころ


※ アクセスに要する時間は、おおよその目安です。

(国 宝) 松 本 城
松本市  

現存最古の5層6階の天守閣を持つ松本城は
約400年前に石川数正により築城され、烏城
とも呼ばれます。天守最上階からは、松本平
北アルプス・美ヶ原が一望できます。 隣接して
民俗資料館が、あります。

松本観光協会 TEL 0263-34-8307

松本駅から 徒歩20分   公式サイト


(重 文) 開 智 学 校
松本市

明治9年に落成した和洋折衷ハイカラ校舎は
バルコニーに、牡丹の花と天使の彫刻が施され
大屋根には、八角楼塔が配されています。
すぐ近くに、松本市旧司祭館があります。

松本観光協会 TEL 0263-34-8307

松本駅から 徒歩20分   公式サイト


松 本 市 美 術 館
松本市

松本市出身で、世界的に注目をあびる草間彌生
「幻の華」の巨大なオブジェが迎えてくれます。
建物は松本城をイメージし、建築業協会賞を受賞
しています。

松本観光協会 TEL 0263-34-8307

松本駅から 徒歩15分   公式サイト
松本  中 町 通 り
松本市

城下町・松本の中町は、旧善光寺街道が通っていた蔵のある町
通りには個性的な民芸店や飲食店がが多く脇道も含めて散策が
楽しめます。


松本観光協会 TEL 0263-34-8307

松本駅から 徒歩15分   公式サイト


松本  ナ ワ テ 通 り
松本市

女鳥羽川の川岸に並ぶ松本の名物商店街
戦国武家屋敷長屋門風にリニューアルされた
歩行者天国の楽しい商店街です。

松本観光協会 TEL 0263-34-8307

松本駅から 徒歩15分   公式サイト
松 本 民 芸 館
松本市

美術品でもなく博物館資料でもない、庶民の使用
した日常品の展示を目的として、民芸研究家・丸山
太郎氏が柳宗悦氏の民芸運動に共鳴して創館。
現在は松本市教育委員会が管理運営しています

 TEL 0263-33-1569

松本駅から バス20分   公式サイト

貞 享 義 民 記 念 館

安曇野市 三郷

1686年(貞享3年)
ここ松本平に、生きる権利を主張して
戦った人たちがいました。
義民の業績をたたえ、史実を後世に伝えるために
平成4年に開館しました。

 TEL 0263-77-7550

中萱駅から 徒歩7分   公式サイト


臼 井 吉 見 文 学 館
安曇野市 堀金

堀金村出身の文人、臼井吉見は、小説「安曇野」
などを通じて安曇野を世に紹介しました。
文学館では遺品や原稿などを通じて氏の足跡を
たどることができます。

豊科駅から 車で10分   公式サイト

豊 科 近 代 美 術 館
安曇野市 豊科

中世修道院風の建物に、近代彫刻の巨匠
高田博厚と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の
作品を収蔵、展示しています。

 TEL 0263-73-5638

豊科駅から 徒歩10分   公式サイト


安曇野わさび田湧水群 憩いの池
安曇野市 豊科

北アルプスに降った雨水が、伏流水となって
この付近一帯に湧き出します。水鳥が泳ぐ、とても
きれいな池です。名水百選に選定されています。

豊科町役場 TEL 0263-72-3111

柏矢町駅から 徒歩20分   参考サイト

田 淵 行 男 記 念 館
安曇野市 豊科

山岳写真・高山蝶の生態研究でわが国の先駆的な
存在であった田淵行男の作品を保存・展示・公開
しています。

 TEL 0263-72-9964

柏矢町駅から 徒歩20分   公式サイト

栗 尾 山  満 願 寺
安曇野市 穂高

「信濃高野」とよばれる真言宗のお寺
信濃三十三番札所のひとつ、微妙橋の下には経文
が書かれ、橋を渡り苔むした170段ほどの石段を登り
つめた所に、本堂と広大なつつじ園があります。

TEL 0263-83-2088

穂高駅から タクシー20分   参考サイト

道 祖 神 公 園
安曇野市 穂高

NHK・朝の連続ドラマ[水色の時]に登場した
道祖神のある小公園です。
安曇野は道祖神の宝庫でもあり、この付近の
どこを歩いても、目につきます。

穂高町観光協会 TEL 0263-82-3133

穂高駅から 徒歩30分   参考サイト


等 々 力 家  (町文化財)
安曇野市 穂高

江戸時代、松本藩主の御本陣として鮭鴨猟の際には
休憩所として使われていました。
本屋の奥には殿様座敷などもあり、庭は桃山中期の
流れを汲む、江戸時代中期の作といわれています。

TEL 0263-82-2889

穂高駅から 徒歩20分  参考サイト

万 水 川 ・ 蓼 川 (よろずい川 ・ たで川)
安曇野市 豊科・穂高

自然が豊かな、きれいな川です。川沿いには
わさび畑やニジ鱒の養魚場が点在します。

穂高町観光協会 TEL 0263-82-3133

柏矢町駅・穂高駅から 徒歩20分〜30分  参考サイト


碌 山 美 術 館
安曇野市 穂高

蔦のからむ教会風の建物は安曇野の象徴的存在。
萩原守衛(碌山)・高村光太郎など、生命感あふれる
彫刻に出会えます。

 TEL 0263-82-2064

穂高駅から 徒歩10分   公式サイト

大 王 わ さ び 農 場
安曇野市 穂高

日本一の生産を誇る穂高町のわさびは、豊富な
湧水を利用したわさび畑で栽培されます。
ここは観光わさび農園で、ユニークな わさびソフト
クリームがあります。

穂高町観光協会 TEL 0263-82-3133

穂高駅から タクシー8分   公式サイト

穂 高 神 社
安曇野市 穂高

安曇族の祖神である海神をまつる大社。9月27日の
例祭では、勇壮・華麗な御船が引き回されます。
境内の御船会館では、御船や伝統人形飾り物を
公開・展示しています。

穂高町観光協会 TEL 0263-82-3133

穂高駅から 徒歩5分   公式サイト

安 曇 野 高 橋 節 郎 記 念 美 術 館
安曇野市 穂高

文化勲章受賞者 高橋節郎の漆作品をはじめ、墨彩画、
書など美術家としての幅広い作品を展示
2003年生家の建つ故郷、穂高に開館しました。

TEL0263-81-3030

穂高駅から タクシー5分
有明駅から 徒歩15分   公式サイト


(重 文) 松 尾 寺 薬 師 堂
安曇野市 穂高

昭和34年、国の重要文化財に指定
本尊の薬師如来は近江の湖水より出現したと伝えら
れています。一重・寄棟造りで、室町時代の特徴が
よく表われています。

 TEL 0263-83-4171

穂高駅から タクシー20分  参考サイト

(重 文) 曽 根 原 家
安曇野市 穂高

昭和48年に、国の重要文化財に指定された切妻造
板葺石置屋根の建築です。江戸時代前期に建てられ
本棟造系統に属する民家としては日本最古といわれ
ています。

穂高町観光協会 TEL 0263-82-3133

有明駅から タクシー10分  参考サイト

池 田 町 立 美 術 館
北安曇郡 池田町

安曇野を一望できる あずみ野池田クラフトパーク内
にあります。周囲はハーブが植えられ広々とした公園
になっています。

  TEL 0261-62-6600

安曇追分駅から 車で10分   公式サイト

池田町 ハーブセンター
北安曇郡 池田町

花とハーブの里、池田町のハーブセンター
オリジナルハーブ製品やハーブ鑑賞園があり
道の駅にもなっています。

  TEL 0261-62-6200

安曇追分駅から 車で10分   公式サイト

安 曇 野 ち ひ ろ 美 術 館
北安曇郡 松川村

いわさきちひろに出逢う。世界の絵本画家に出逢う。
絵本の歴史に出逢う。心がほっとする空間に出逢う。

 TEL 0261-62-0777

信濃松川駅から  徒歩30分 タクシー5分   公式サイト

(国 宝) 仁 科 神 明 宮
大町市

社地区にある仁科神明宮は、伊勢神宮内宮を勧請
して祭ったものといわれ建物には原初的な神明造り
の様式が残されています。国宝の本殿は寛永年間
に造営されました。

大町市観光協会 TEL 0261-22-0190

安曇沓掛駅から 車で10分   公式サイト

(重 文) 盛蓮寺 観 音 堂
大町市

社地区にある盛蓮寺。木造如意輪観音坐像を
安置する観音堂は、梁桁とも三間の寄棟宝形造の
様式で、重要文化財に指定されています。

大町市観光協会 TEL 0261-22-0190

安曇沓掛駅から 車で10分  参考サイト

若 一 王 子 神 社
大町市

重要文化財指定の本殿の他に、三重塔や観音堂などがあり
神仏習合の形態をを色濃く残しています。
夏祭りの子ども流鏑馬にも古い歴史と伝統が感じられます。

若一王子神社 TEL 0261-22-1626

信濃大町駅から 徒歩20分  公式サイト

塩の道 ちょ う じ や
大町市

江戸時代に建てられた古い塩問屋の建物の中に
塩の道の歴史と人々の暮らしを紹介する施設

 TEL 0261-22-4018

信濃大町駅から 徒歩10分   公式サイト

大 町 山 岳 博 物 館
大町市

北アルプスの登山・民俗・自然を紹介
付属動物園では、カモシカを飼育しています。

 TEL 0261-22-0211

信濃大町駅から 徒歩30分   公式サイト


立山・黒部アルペンルート 黒 部 ダ ム

富山県中新川郡立山町

立山・黒部アルペンルート
北アルプス・後立山連峰と立山連峰を貫き長野県と富山県を結ぶ
延長100キロメートルにおよぶ山岳観光ルートです。

黒部ダム
 7年の歳月と延べ1.000万人の人力をつぎ込み、513億円の巨費を
つぎ込んで1963年(昭和38年)に完成した日本最大、
世界でも有数のアーチ式ドーム超流型ダムです。
 高さ186m 長さ492m の巨大なダムは、貯水量 2億 トン
発電能力は33.5万 kwの能力があります。

信濃大町駅から扇沢まで バス40分   公式サイト





周辺ガイド 1   周辺ガイド 2




Copyright (C) ALPS-Sha All Rights Reserved.
.