久しぶりにシルクスクリーンの作品展を開きます。
時間がある方は、是非みにきてください。
パネルに作品をじかにはって展示します。
B1サイズの作品13~14点。
表現したものは、水、オペークインキ、生命の記憶と循環、流れる時間と空間、有機的な自然の外と内、共振するリズム、木の枝や葉と手、
植物の種、身体の記憶と交感、色彩と形の体験、版、刷る、紗#250~180,蒸発して乾燥して残されたものと消えたもの、捨てられたウエス。
様々なものや現象に触れる中で感じる感覚を道しるべに、ぼくのなかの直感があたらしいであいのなかで、形象と生命を生成する体験をする
気がした。今回の制作過程では、生命記憶や水の記憶を感じました。
シルクスクリーン工房での制作作業は、印刷現場の体験の中での作品制作です。1色1版の版を作り1色刷ることのプロセス作業の中で、ゆっくり、失敗しながら少しづつ時間をかけて制作します。
ものと意志と感覚の共同作業であり、共感作業のような気もします。



















ストライプハウスギャラリーでの展覧会無事終わりました。
ありがとうございました。
最後の日、搬出間際で来た人のための入り口での展示風景。
これもいい
・SILKSCREEN seminar2019は、シルクスクリーンの工房で基礎的な学習と実習をとうして作品制作します。
 ぜひ参加してください。

・information

渡部広明セリグラフ展2019
Hiroaki Watanabe Exhibition
Serigraphy Works
3/4(月)~3/10(日)am11:oo~pm7:00
ストライプハウスギャラリー
東京都港区六本木5-10-33-3f
tel. 03-3405-8108


 
  ABOUT US | WORKSHOP | SEMINAR | GALLERY12WORKS | DESIGN | CONTACT US | HOME | ENGLISH
  シルクスクリーン工房、アート、デザイン