2005.5.14−15 登山

御座山は八ヶ岳の東、小海線をはさんで向かい合う位置にある。佐久地方を代表する山。登山道は北側の北相木村、南側の南相木村からそれぞれ有る。登山者の間では「おぐらやま」と呼ばれることが多いが地元では「おぐらさん」と呼ばれている。山頂は岩場になっていて東側以外の展望がよい。山頂周辺はシャクナゲの木が多い。

    (この山行の満足度  良い)  


御座山(おぐらやま)--日本二百名山--標高2112m--長野県

→御座山  →景観、行程地図  →展望

  1. 登山行程
  2. ワンポイント