2001.1.1 登山

行縢山は延岡市の西にあり、地元では冬の季節風を「行縢下ろし」と呼んでいる。行縢とは、昔、武士が乗馬の時に使った腰の前から足にかけてつけた毛皮。雄岳、雌岳の二つピークからなる山の形から名付けたものと思われる。雄岳の方がやや高い。二つのピークの間からは行縢ノ滝が流れ落ちる。ふもとには行縢神社がある。

    (この山行の満足度  まあまあ)  


行縢山(むかばきやま)--標高830m--宮崎県

→行縢山  →景観、行程地図  →展望

  1. 登山行程
  2. ワンポイント