2011.7.16−18 登山

黒河内岳は笹山とも呼ばれ、南アルプスの登山口の一つ、奈良田の西側に位置する。南峰と北峰からなる双児峰で北峰の方がやや高い。北岳から間ノ岳、農鳥岳と続く稜線を更に南へ進むと広河内岳、黒河内岳、伝付峠を経て笊ガ岳へと至る。広河内岳から南を白根南嶺と呼び、南アルプスでも人の少ない山域である。広河内岳から伝付峠の間では、この黒河内岳が最も顕著なピーク。黒河内岳を境に南側が樹林帯、北側がハイマツや岩場で見晴らしの良い稜線となる。稜線の縦走路の他、奈良田からの直接の登山道もある。

    (この山行の満足度  とても良い)

農鳥岳   


黒河内岳(くろごうちだけ)--標高2733m--山梨県・静岡県

→黒河内岳(笹山)  →景観、行程地図  →展望

  1. 登山行程
  2. ワンポイント