2019.7.4 登山

チェーホフ山はユジノサハリンスクの東にある山。サハリン南部では最も標高が高い。自然が豊かに残り、高山植物が多い。ボタンキンバイ(の近縁種?)など興味深い花も咲く。山頂手前の標高950m付近で森林限界を越え、ハイマツが多くなる。道標はほとんど無いものの道はしっかりしていて標高1000mの前衛峰までは分かりやすい。ユジノサハリンスクからの日帰りが可能。

(この山行の満足度  まあまあ)

→前日の山 トゥナイチャ湖   →翌日の山 プガチョフスキー泥火山   


チェーホフ山--標高1045m--ロシア・サハリン州

→チェーホフ山  →景観、行程地図  →チェーホフ山の花

  1. 登山行程
  2. ワンポイント