健康象源法


リンク
本日の御神託
経済象源論
霊能新聞
気功師の食事
象さんの犬猫写真ブログ
霊気神気を受ける動画
気功師の紀行的生活






男性ホルモンと免疫力


まあ、聞きかじったところによると、男性の場合、男性ホルモンであるテストステロンが免疫力を低下させる原因のひとつであるそうである。

それで、動物の場合なんかでも去勢した豚さんや猫さん犬さんは、そうでない豚さんや猫さんや犬さんに比べて大変長寿であるということである。

これがメスの場合は避妊手術をしても寿命はオスの皆さんほど伸びないそうである。

人間でも、古代中国に始まる宦官(かんがん)の皆さんは、天子樣以外の男はだめよという宮廷の禁中でお勤めになる場合は去勢してお勤めになるのである。

これが、やっぱりそうでない男らしい御仁に比べてはるかに長寿であったそうである。

また、17世紀から18世紀のイタリアのオペラ歌手でファルセット(裏声)を得意とするカストラートと呼ばれる皆さんは思春期以前に家畜の去勢をする人に牛さんなんかといっしょにナニ抜きをしてもらうそうである。

すると、ソプラノに近い声が出るということであるが、ものすごいことをするもんだと思うのである。

宦官の皆さんの去勢も基本的に牛さん豚さんその他の皆さんの去勢をなさってる皆さんに去勢してもらうそうであるので、とにかくそのナニ抜きをしたカストラートの皆さんも平均寿命より長寿であったそうである。

まあ、思い当たるのは、あたしの周囲を見回しても、堂々の体躯で豪放磊落なおっさんが、ある日急に体調を崩してころっとお亡くなりになったりするのである。

しかし、なんとなくなよっとして、元気がないような人が、へろへろととんでもなく長生きであったりするのはそのためかしらんうふふと思うわけである。

まあ、あたしの親族は、どこの家族もこれが笑うような女系家族で、見渡すかぎりの女々で女ばかりで、男はめったにおめにかかれないのであるが、この、女どもはどこの家でも90歳以上まで生きることになっているのである。

だから、これ、あたしの家系が長生きだというのは、女系であることから、男も何かしらそれが原因で、その影響で男性ホルモンの出が悪くて、免疫力が強いということなのかもしれないのであるが、さすがにこれはどーだかわからないのである。

まあ、男性諸氏は他人より少しでも長生きしたけりゃ、不老長寿の薬を探さなくても、ほんの少しの勇気を出して牛さん豚さんといっしょにナニ抜きしてもらえば、かなりの不老長寿になる可能性があるわけである。

あたしはまっぴらごめんであるが。

美容・健康




Copyright (C) Zoukikou All Rights Reserved 無断転用転載厳禁 プライバシーポリシー Contact