研究テーマ->メディアアート->オリジナル・プロジェクト->天空のハープ
自作の楽器、天空のハープ(試作段階のものは回転式ハープと呼んでいました)と、その演奏に使用する星座楽譜の紹介です。第9回全国手づくり楽器アイデアコンテストの会長賞(入賞最上位)を受賞してます。(第9回は選考委員会で大賞の候補が2つに割れて絞り切れなかったため、2つの作品で分け合い会長賞として受賞することになりました。)
この楽器は
実用新案登録されています。
 
プロモーションビデオ

 

星座楽譜という楽譜を図にしたものを下に敷き、丸い印をたどって弦を弾くと曲が演奏できる仕組みです。
展示の様子
ユースホステルやその他の場所での展示です。
最初の外人さんは、でたらめに弾いていますが、交代した人は説明なしに「森のくまさん」の演奏ができています。

 

 記録ビデ オ(子供が説明なしに演奏できた)  記録ビデ オ(外人さんも演奏できた)

プロジェクトの概要

 

円盤の上に弦を放射状に配置した楽器です。弦を弾く爪の位置はなるべく動かさず、楽器のほうをくるくる回しながら演奏します。
ヘルマンハープのように弦の下に弦の演奏順を示した図を敷き、楽譜が読めない人でも演奏できるようにします。
左は試作品(2号機)、右は楽器部分の完成形(3号機)で回転式ハープと呼んでいた頃のものです。

制作過程

 

2012年10月、リサイクルショップで謎の楽器を購入。その後、それがヘルマンハープという名前であることがわかった。 楽器自体は普通のハープだが、弦の下に星座のような図を敷いて、演奏する。この図は弦の演奏順を示しており、楽譜が読めない人でも楽器が弾けるようになっている。

 

このころ、円盤の上に弦を放射状に配置する楽器が作れないか考えていて、これとヘルマンハープの星座のような図を組み合わせると面白いのではないかと思いついた。
円盤を回転させながら演奏するため、そのための仕組みが必要である。一輪車の上に木版を置くことを思いついて、一輪車を購入したが、結局、これは使えなかった。

 

とりあえず、木版でつくることにして、木を丸く切って、直接木版に線をひいてみた。どうも効率が悪いので、図面を制作。ギターの弦を使用することにした。6種類の弦を使うことになるが、各弦の長さは対数計算で求めることができる。配置してみると、中央部が風車のようになり、デザイン的にも良い感じである。

 

28個のペグを図面にそって配置。ペグの反対側は、チューニングピンと言って、ボルトに弦を通す横穴が空いたものが必要だが、購入も、制作も難しいことがわかった。

 

 

 

木製のチューニングピンを制作し、弦を張った。 ホームセンターで購入した回転盤に乗せて回してみたが、回転時にけっこうノイズがする。
ホームセンターで売られている座卓(卓袱台?)が、ちょうど同じ大きさなので、それを利用して3号機を制作。
音はそれほど大きくないので、合奏などに備えて、コンタクトマイクを設置。回転する都合上、アンプから出したシールドをそのままつなぐわけにはいかないので、ワイアレスシステムを導入。 下の写真のように、本体(白)、回転盤、丸テーブル(黒)の順に重ね、隙間にワイアレスシステムを挿入。
(下の写真の赤い器具はチューニングメータです。周囲がうるさくても、盤面から直の振動を拾ってチューニングできます。)

ケースを自作。龍の顔が上手に描けなかったので、一旦消して、そのままになっている。

下のビデオは日本畳楽器製造さんと合奏したときの様子。

 

浜松に、ピアノ用のチューニングピンを70円で販売してくれるところを発見。木のチューニングピンは音が狂いやすかったり、弦がビビったりの問題がある。

星座楽譜

 

赤とんぼの星座楽譜。ADOBEイラストレーターで作成。 記録用ビデオ 記録用ビデオ 記録用ビデオ 記録用ビデオ

 

 

映像プロジェクション

 

2013年10月頃、映像のプロジェクション機能を加え、「天空のハープ」としての作品を発表しました。
回転をとるセンサーをつけ、楽器の回転にあわせて映像を動かします。 記録ビデオ 記録ビデ オ(子供達が映像をグルグル)
実用新案 登録第3188244号

 

回転式ハープと星座楽譜の組み合わせで実用新案申請。

第9回全国手づくり楽器アイデアコンテスト

 

第9回は選考委員会で大賞の候補が2つに割れて絞り切れなかったため、2つの作品で分け合い会長賞として受賞することになりました。賞金も半額(25万円)づつ分けることになりました。
受賞後、インタビューを受け神奈川新聞、地元FM、地元TV、音楽誌などで紹介されました。 審査員の方にも言われたのですが、もうすこしブラッシュアップして、販売までもっていってはどうかということでした。
コンテストでは、天空のハープと、ものづくり大学の電子チェロ的な楽器が選ばれましたが、審査委員長の談によると、手づり楽器コンテストには、木材のような生の素材を利用した手作りの生楽器から、ハイテクを駆使した電子楽器まで色々な応募があり、同列に置いて優劣をつけるのは難しいということでした。ちなみに第8回の時も、大賞を会長賞2つに分けたようで、やはり、1つは電子楽器、もう1つは生楽器でした。今後も審査が難しいようなら、生楽器部門と電子楽器部門の2つに分けるような工夫が必要かもしれません。
回転式ハープ(試作品)の展示の記録
12/12/02 ゼスト ざ ほっとはあと(ゼスト御池)  GANK,回転式ハープ (試作機)、風鈴楽器のデモ演奏

前半、私のデモ演奏です。後半は本当に回転楽譜で、誰でも簡単に曲が弾けるか、観覧している人に演奏してもらいました。

13/01/13 〔FINNEGANS WAKE〕1+1(二十五年たたみEXHIBITION 新春お茶の間大興行) http://youtu.be/I4krxolp7fA (試作機)
13/01/19 〔FINNEGANS WAKE〕1+1(二十五年たたみEXHIBITION 新春お茶の間大興行) http://youtu.be/CkXr1y_no2g (試作機)
13/08/10 YCAM メーカーフェア(山口市) 日本畳楽器製造との共演 (試作機)
13/08/11 YCAM メーカーフェア(山口市) 日本畳楽器製造との共演 記録ビデオ  (試作機)
13/08/15 宇陀市榛原下井足自治会 夏祭り 特設ステージ (試作機)
13/08/24 下京・京都駅前サマーフェスタ2013 (西本願寺会場) 楽器のデモ 記録ビデオ  記録ビデオ  (試作機)
天空のハープのデモや演奏の記録

13/10/05 京都市宇多野ユースホステル ロビーでの展示、デモ演奏 (プロジェクション機能つき完成形) 
記録ビデ オ(子供達が映像をグルグル)  記録ビデ オ(子供が説明なしに演奏できた)  記録ビデ オ(外人さんも演奏できた)

13/11/03 府民の森ひよし Great Luck Festival 日本畳楽器製造のブース横でデモ 記録ビデオ
13/11/24 サッカー京都サンガデー 西京極スタジアム前特設ステージ 日本畳楽器製造コンサート 記録ビデオ 記録ビデオ

14/01/18 第9回全国手づくり楽器アイデアコンテスト 会長賞(入賞最上位)受賞
受賞後、インタビューを受け神奈川新聞、地元FM、地元TV、音楽誌、ヤフーニュースなどで紹介されました。 (テレビ神奈川 2014年2月23日 PM6:30〜7:00

14/3/2 京都市 左京博覧会 日本畳楽器製造ブースに設置 記録ビデオ
14/3/8 京都市 梅小路公園内 「すざくゆめ広場」「市電広場」オープニング 楽器をぐるぐる回す子供たち 演奏する子供たち
2014年6月22日 京都市 オレンジカフェ上京 記録ビデオ 
2014年6月29日 京都市 西陣中央小学校 記録ビデオ

2014年8月24日 読売テレビ 「大阪ほんわかテレビ」 ほんわか珍品コレクションのコーナーで紹介されました。