往診

患者さん、ご家族の依頼により往診します

基本的に月〜土曜日の午後が往診可能です

夜間、休日も可能な範囲で対応しますが、状況によっては直接病院へ搬送されたほうがよい場合もあります
訪問看護 独立した訪問看護ステーションと連携をとっています 現在御世話になっている訪問看護ステーション:荒木医院訪問看護ステーション、グッとサポート、はまなす、ピアサポート、ふらむはあと、舞鶴赤十字訪問看護ステーション。(あいうえお順)
   

 

介護保険意見書記入

福祉部高齢者支援課
電話: 66-1013へ申請してください

各事業所ケアマーネージャーさんと連絡をとります

訪問診療

定期的に診察におうかがいします

月の回数、負担料金はお問い合わせください

急変の場合は往診をさせていただきます、またすぐに対応できない場合は連絡方法をお伝えします。

 
終末期医療

病院、訪問看護と連携のうえ 急変時の対応、疼痛管理を実施します

(京都府緩和ケア研修受講)

 
点滴
往診、訪問時、または訪問看護にて対応します
 
鼻腔栄養
最近は あまり行われていません
 
胃瘻チューブ交換
交換は基本的に病院でしていただきます。そのための段取り、連携を行います
 
褥瘡処置
軽度〜中程度は在宅で。重度や感染を併発しているものは病院皮膚科と連携し入院も含め対応します
 
導尿
往診、訪問時、または訪問看護にて対応します
 
膀胱留置カテーテル
往診、訪問時、または訪問看護にて定期的な交換を行います
 
気管カニューレ処置
訪問時定期的な交換を行います
 
在宅酸素療法
導入、維持。血液ガス検査
 
中心静脈栄養
状況により調剤薬局、支援病院と連携し実施します
 
麻薬治療
訪問看護、薬剤師と連携し実施します(京都府緩和ケア研修受講)
 
在宅人工呼吸
状況により支援病院と連携し実施します
     

Q:在宅医療はどうすれば始めることができますか?

Ans:通院中の医療機関がある場合は主治医に相談してみてください。

入院中のかたは 病院には「地域連携相談室」という部署がありますのでそこで相談してみましょう

主治医がいない方は 地域の包括支援センター(市に問い合わせるとわかります)で相談してみてください

 

Q:在宅医療中 体調が悪くなったときは?

Ans:臨時に往診します。入院が必用なときは 紹介元の病院と相談します。紹介元がない場合は

相談のうえ 入院先を選定します

訪問診療中の方には医師の携帯電話番号、メールアドレスなどを伝え

円滑に連絡がとれるようにしています

 

Q:在宅医療にいくらかかりますか?

訪問回数、処置内容、重症度により変わります

3500円/月〜10000円/月が目安です。

 

問い合わせメール

肥後内科医院のホームページへもどる