WiSP SoundModem and HW_VSP3



● (No.970) WiSP SoundModem and HW_VSP3 (2017年10月9日)

HardTNC, SDR を使わずに、WiSP, SoundModem, VSP3 のみで衛星信号を受信送信
する方法を、うまくいかなかった例も含め、ここに時系列で紹介していきます。

------------------------------------------------------------------------

 

From: Andy UZ7HO
To: JE9PEL
Date: Sat, 7 Oct 2017 06:38:58 +0300

Finally I got it!
WISP32 does not work correctly with VSPE driver, I replaced it with
HW_VSP3. Soundmodem does not support KISS over COM port, only TCP/IP
operations. HW_VSP3 driver emulates a bridge between COM and TCP.

I added "Full-Duplex" option to the main version of HS_Soundmodem 019,
you can find the "Full-duplex mode" check box in the "Modem" settings.
This option is configured separately for two channels.

------------------------------------------------------------------------

 

仮想バーチャルCOMポートを、VSP_Manager を使って作成した。これで、WiSP を
TNC を使わずにサウンドカードで動作させる道が開けた。(Windows 10, 64bit)
これに先立ち、UZ7HO局が使用しているという HW_VSP3 をインストールしてみた
が、自局環境ではこのソフトを保存終了することができなかった。以前 Win8.1
で VSPM を使ったことを思い出し、Win10上でも VSPM をインストールした次第。
My_HP No.853, 951

TNC, SDRを使わずに HSM受信はできた。(2017.10.9)  しかし、MSPE にデータが
入らず送信動作に入らない。COM設定が逆かもしれない。(逆にしても変化なし)

TS-790S
WiSP3215
VSP-Manager103
HS_SoundModem0.19b, Full-duplex mode

------------------------------------------------------------------------

 

WiSP は、仮想バーチャルソフト VSPE, VSPM とは相性が悪い という情報があり、
確かにどちらもうまく機能していないようなので、両者をアンインストールして
仮想実験を振り出しに戻した。 唯一、相性が良いと言われている HW_VSP3 を、
再インストールした。手順の問題かと思うが、設定保存終了することができない。

------------------------------------------------------------------------

 

別の Windows10, 64bitデスクトップPCでは、HW_VSP3 を難なく認識し、仮想COM
ポートを生成することができた。My_Windows10, 64bitノートPCでは何故、インス
トール出来ないのであろうか。これはセキュリティやファイアウォールの問題か?

------------------------------------------------------------------------

 

Received using "WiSP SoundModem and HW_VSP3" by JA0CAW on 11 Oct 2017.
理論的には自局(JE9PEL/1)でも、これと同じように受信送信できるはずである。

------------------------------------------------------------------------

Successfull "WiSP SoundModem and HW_VSP3"



まず、HW_VSP3 のインストールですが、自局環境 (Windows10, 64bit, English)
では先に述べたように、なかなかインストールができず、ずっと悩んでいました。
以前から、英語版 Windows10上で日本語ソフトが起動できない時は良く知られて
いる 「Locale Emulator」 を使い、起動できるようにしていました。この HW_VSP3
は外国ソフトです。まさかと思いましたが、半分ヤケになり 「Locale Emulator」
を経由してみたところ、見事に HW_VSP3 は動作しました。不思議です。WiSP と
連携させるには、さらに多少の手順が必要なので、ここにまとめておきます。

 1. HS_SoundModem Ver0.19 を最初に起動する。
    Settings - Modems - Full dupplex mode にチェックを入れる。
    Settings - Devices - KISS Server Port: 8100 とする。

 2. HW_VSP3 を、「Locale Emulator」 経由で起動する。
    右クリック → ローカルエミュレータ → プロファイルで実行

 3. HW_VSP3 を初期設定する。(初期設定は最初だけ。次回からは自動的に有効)

    Virtual Serial Portタブ
        - Port Name: COM4, IP Address: 127.0.0.1, Port: 8100

    Settingsタブ - Create VSP Port when HW VSP Start-up
                   Purge Buffers when Port is Opened
                   Connect to Device even if Virtual COM is closed

    この三つをチェックして、下段の Connect Save Settings to INI file を
    押す。Virtual Serial Portタブに戻って下段の Create COM ボタンを押す。

    しばらくすると、中段の VSP Status: Created, LAN Status: Connected
    と変化し、HS_SoundModem Ver0.19 との接続が完了する。

 4. WiSP(GSC) を管理者モードで起動する。(My_HP No.969)
    GSC - Setup - Satellite Setup - FalconSAT3 - Edit - TNC Settings
                                        - Port: COM4, TNC Type: None

 5. 完了。あとは衛星の飛来を待つばかり。
    実験では、GSC - Tracking - Run Pass として、受信保存済み.wavファイル
    を読み込ませた。次は、以上の流れ図。

    

------------------------------------------------------------------------

"WiSP SoundModem and HW_VSP3" uploading

hardTNC, SDR 無しで、SoundModem と VSP3 のみで衛星信号の直接受信はできた。
MSPE にもデータが入り、送信動作に入っている。しかし、最後の最後に Rig に
送信信号が入っていかない。やはり予想どおり何か策が必要だ。(15 Oct 2017)

保存.wavファイルでは 「送信」 ができた!!!
SoundModem のデバイス設定で送信チェックを入れ忘れていた!

  SoundModem - Settings - Devices - PTT Port - COM2

この COM2 は、UISS の送信時にも設定した COMポートである。
これで恐らく、衛星にも直接送信できるだろう。



  


[参考]

VSP3 Uplink System

      
      


Subject: PTT COM port
From: Mineo Wakita
To: Andy UZ7HO
Date: Thu, 19 Oct 2017 19:34:48 +0900

I can now do transmission operation when I check "Dual PTT"
ie, "SoundModem - Settings - Devices - PTT port - Dual PTT".

When do you check "Swap COM pins for PTT" ?


Re: PTT COM port
From: Andy UZ7HO
To: Mineo Wakita
Date: Thu, 19 Oct 2017 14:11:28 +0300

Hi Mineo!

Normally for the port A the RTS pin is used, for port B is DTR pin.
The "Swap COM pins" option swaps these pins.

注  RTS: Request To Send, 送信要求
    DTR: Data Terminal Ready, データ端末レディ


http://youtu.be/1ahlA-bRb5A
http://www.hw-group.com/products/hw_vsp/index_en.html
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr968.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr969.htm


トップ へ戻る.
前のページ へ戻る.
次のページ へ移る.(編集中)
ホームページ(目次) へ戻る.