Windows10 英語版で衛星ソフトを動かす方法



【No.951】

● Windows10(64bit)英語版で Calsat32 を動かす方法, 2017年5月8日

Windows7 までは PCを英語版にしても、「Microsoft AppLocale Utility」 を使う
ことで日本語版ソフトを動かすことができ、その詳細については、My_HP No.893
で解説してあるとおりです。しかし、現在その AppLocale は、Microsoft社から
は入手ができなくなっていますが、次のサイトからダウンロードすることができ
ました。要自己責任でお願いします。 Microsoft AppLocale Ver 1.3.3.31

さて、この AppLocale は Windows10 英語版では対応していないことが既に確認
されています。Windows10 の PC を英語版にした時に、AppLocale と同じような
機能を持つソフトに、「Locale Emulator」 があります。このインストール方法
は以前、JA0CAW局Blog でも解説されていましたが、Windows10(64bit) では途中
OCX_関連のエラーが表示されてしまう箇所があり、それを回避する方法がわかり
ましたので、以下に補足します。

 1. Windows10(64bit)_PC を英語版にする。

    Windowsシステムツール
     → コントロールパネル → 「時計、言語、および地域」をクリック
     → 地域の変更 → 英語(米国) → OK → 続けて、「・・・形式の変更」
     → 管理 → 「システムロケールの変更」 → 英語(米国) → OK → PC再起動

 2. Locale Emulator Ver2.3.1.0 をダウンロードする。
    http://pooi.moe/Locale-Emulator/

    インストール方法は、上記 JA0CAW局Blog 参照。これで Calsat32 がうまく
    起動すれば良いが、自局環境では 「mci32.ocx が正しく登録されていない」
    というエラー表示が出て、Calsat32 が起動しなかったので、「regsvr32」 と
    いうコマンドで、強制的に Windows10(64bit) のレジストリに認識させた。

 3. 画面左下 Windowsボタンを右クリック → 「Windows PowerShell(管理者)、
     → PS C:\WINDOWS\system32> regsvr32 C:\Windows\System32\mci32.ocx
       と入力して、「C:\Windows\System32\mci32.ocx の DllRegisterServer
       は成功しました」 というポップアップウィンドウが現れることを確認。

 4. Windows10(64bit)_PC 英語版 で、次の手順で Calsat32 が起動する。

    Calsat32.exe 上で右クリック → 「ロケールエミュレーター」 をクリック
     → 「プロファイルで実行」 をクリック → Calsat32.exe が見事起動する。

  


ところで、Calsat32 の INIファイルや、TELEM.TXT, GROUP.TXT を編集している
時に、ファイルの更新日時が変化しなかったり、中身の変更が有効になっていな
いことが度々あった。いったん保存先をデスクトップにしてから後でファイルを
移動すると、保存日時は更新時になっていても、ファイルの中身は変化していな
かったり不可解な動きが度々あった。対症療法として、先にファイルを編集して
所定のフォルダ内に保存し、続けてデスクトップにも名前付け保存する。最後に
デスクトップ上のそのファイルを所定のフォルダ内にある同じファイルに上書き
保存する。という三段階の手順を踏んだ。これも Windows10 64bit英語版に起因
していることなのかもしれない。こまめに復元ポイントを作り、重要なファイル
はバックアップを作成したりと、慎重な作業をしなければならないように思う。


● Windows10(32bit)英語版で Calsat32 を動かす方法, 2017年5月9日

次に、32bit機 英語版の設定方法です。64bit機と同様に、「regsvr32」 を使って
「Windows PowerShell(管理者)」 → PS C:\WINDOWS\system32> の状態で、続けて
regsvr32 C:\Windows\System32\mci32.ocx を何度も入力しても、mci32.ocx が
登録されていないという表示が出てしまいます。そこで、「regsvr32」 により一度
mci32.ocx を解除して (/u 付きで、アンインストール))、改めて mci32.ocx を
再認識し直しました。Calsat32 上で右クリックし、 「ロケールエミュレーター」
→ 「プロファイルで実行」  をすると、今度は、mswinsck.ocx が登録されていな
いと出ます。これも、「regsvr32」 により認識をさせました。この一連の作業で、
ようやく、Windows10(32bit)英語版でも Calsat32 を動かすことができるように
なりました。つまり、一連の作業は次の通りです。

  PS C:\WINDOWS\system32> regsvr32 /u C:\Windows\System32\mci32.ocx
  PS C:\WINDOWS\system32> regsvr32 C:\Windows\System32\mci32.ocx
  PS C:\WINDOWS\system32> regsvr32 /u C:\Windows\System32\mswinsck.ocx
  PS C:\WINDOWS\system32> regsvr32 C:\Windows\System32\mswinsck.ocx

  


今回使った 「Locale Emulator」 ソフトは、英語版PC に一度インストールすると
今まで文字化けしていたような他の日本語ソフトでも、右クリック→ 「ロケール
エミュレーター」 → 「プロファイルで実行」 とすると、簡単に正常動作するよう
になります。

Dropbox のインストーラー 「Dropboxinstaller.exe」 は、Windows10英語版では
「管理者権限」でも「ローカルエミュレータ」でも機能せず、途中でフリーズします。
一度、Windows10日本語版に戻し、「Dropboxinstaller.exe」 を実行して、Dropbox
を作成しておいてから、改めて Windows10英語版にすると、Dropbox を今までの
ように利用することができます。


UWE-3 today, 2017年5月9日

ようやく Windows10 で、本格的に衛星受信に取り組めるようになりました。

  SDR# 「No device selected」 回避方法, 2017年5月28日

SDRSharp の 64bit最新版 Ver.1574 を、Windows10 にインストールしました。
通常は、3つの DLLファイル: rtlsdr.dll, NDde.dll, SDRSharp.DDETracker.dll
をコピーして、さらに SDRSharp.exe.Config と Plugins.xml のファイルに次の
一行を入れて、数分でアップデートが完了します。(My HP, No.927)

[SDRSharp.exe.Config]
  <add key="RTL-SDR / USB" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" />
[Plugins.xml]
  <add key="DDE Tracking Client" value="SDRSharp.DDETracker.DdeTrackingPlugin,SDRSharp.DDETracker" />

しかし今回は、SDRSharp の起動画面左上の Source欄に 「RTL-SDR(USB)」 は選択
できるものの、「RTL-SDR Controller」(歯車) の Device欄は空欄のままで、その
まま SDRSharp をスタートしようとすると、エラー表示 「No device selected」
が表示されて起動しません。これは、今までの rtlsdr.dll では古くて対応でき
ないことが原因であることがわかりました。このエラー表示は、次のようにして
回避することができます。(参考. RTL-SDRサイト)

(1) RTLSDR Driver を次から直接ダウンロードする。
    http://sdr.osmocom.org/trac/raw-attachment/wiki/rtl-sdr/RelWithDebInfo.zip

(2) 解凍すると、RelWithDebInfo フォルダーが生成される。その中に、
    rtl-sdr-release フォルダー があり、さらに x32 と x64 の 2つの
    フォルダーがある。

(3) x64フォルダーの中の『rtlsdr.dll』を、SDRSharpと同じフォルダに
    コピーすると、「RTL-SDR Controller」 の Device欄に、「RTL2832U」
    が表示され、SDRSharp は Windows10(64bit) 上で動作する。

(4) 事前に、SDRSharp.exe右クリック → プロパティ → 互換性 →
    「管理者としてこのプログラムを実行する」 にチェック。

  Word 2013を Windows10英語版で動作させる方法, 2017年5月31日

このシステムにして唯一懸案事項として残っていることが、Windows10 を英語版
にアップデートしてから、Word 2013文書が 「上書き保存」 も 「名前付け保存」も
出来なくなってしまったことである。Web検索すると、このような症状が多々ある
らしい。これは解決するのは難儀だ。

Windows10日本語版上では、Word 2013文書は通常のように保存できることは確認
できている。思い付くことがあって、改めて Window10 を英語版に戻す。

Word 2013 を右クリックして、「Local Emulater」 ⇒ プロファイルで実行として
起動してみると、見事に 「上書き保存」 も 「名前付け保存」 も 両方とも出来た。
「Local Emulater」 をフリーソフト上で機能させることは、何度も行ってきたが、
これが市販ソフトでも実に有効なことをここで再認識した。

Word 2013 は、Windows10(英語版) では、「Local Emulater」 経由で ファイルを
保存できることは確認したが、ファイルを起動後に、どうしてもフォント変更が
できないことがわかった。 対症療法として、正しい書式で表示されている別の
部分をドラッグ → Word画面左上の「書式のコピー/貼り付け」 をクリックして、
次に書式変更をしたい部分をドラッグすると、書式変更することが確認できた。

基本的に、Word 2013 では英文を普段使っているので、フォントの初期設定を、
次の方法で 「MS明朝」 から 「MSゴシック」 に変更した。


《補足》Microsoft Office2016 の規定フォントを変更する方法

Microsoft Office2016 になってから規定のフォントが、「游明朝」 という中国語
フォントになっています。特に、Word 2016 では行間が空き過ぎるなど不都合が
目立ちます。これを以前のバージョンのように、規定を 「MS明朝」 などの馴染み
あるフォントにする方法をまとめました。Word, Excel, PowerPoint それぞれに
その設定が異なるので面倒ですが、次の起動から有効になるので便利です。

Word2016 規定フォントを游明朝からMS明朝に変更する方法

 ホーム − フォント − 日本語用のフォント − MS明朝 − 規定に設定
        − 「Normal.dotm テンプレートを使用したすべての文書」 − OK

Excel2016 規定フォントを游明朝からMS明朝に変更する方法

 ファイル − オプション − 基本設定 − 「新しいブックの作成時」
             − 「次を既定フォントとして使用」 − MS明朝 − OK

PowerPoint2016 規定フォントを游明朝からMS明朝に変更する方法

 (1) 表示 − スライドマスター − フォント − フォントのカスタマイズ
       − 日本語文字用のフォント− MS明朝 − 保存

 (2) ファイル − 名前を付けて保存 − 参照 − ファイルの種類
       − PowerPointテンプレート(*.potx) − (保存場所は適宜)
 
 (3) 次回からこのテンプレートを開く。


● UISS上で送信動作をさせる方法, 2017年7月28日

 @ My_HP No.554 に従い、事前に工作する。

 A UISS 接続確認
    (1) 録音デバイス→録音→ステレオミキサーからマイクに変更(有効)
    (2) 1k2:無線機前面端子、9k6:無線機背面端子
    (3) イヤホンプラグ(赤)→PC(左)ジャックに挿入
    (4) マイク・プラグ(青)→PC(右)ジャックに挿入
    (5) 送信用USB(白)→ハブに挿入
    (6) AGWPE・UISSの順に起動

通常はこの手順で、UISS経由で衛星に信号をアップリンクできる。今回、初めて
Windows10 上で、AGWPE → UISS の動作確認をしてみた。手順どうりに行っても
どうしても無線機が送信動作に入らない。いろいろネット検索して USBシリアル
ケーブル(BUFFALO BSUSRC06) が Windows10 に対応していないように思われたが、
結局、下図赤字で記載したようにして簡単に正常に送信動作し、問題は解決した。

    

 B UISS で 9k6 を送信受信する際の事前設定備忘録
    (1) RIG への入出力ラインを、TNC から RIG背面(9k6)へ切り替え
    (2) UISS UP送信用USBケーブルを PC へ差し込み
    (3) イヤホンプラグ、マイクプラグを PC へ差し込み
    (4) 録音デバイスを、ステレオミキサーからマイクへ変更
    (5) AGWPE の port0.ini を、1k2用から 9k6用に差し替え
    (6) PC再起動
    (7) AGWPE, UISS の順に起動
    (8) AGWPE Port確認 (SoundCard on COM2: 9600baud)
    (9) UISS  Port確認 (To: CQ, Via: PFS3-1 etc.)


《参考》

● Windows8.1(64bit) + VSPM, 衛星ソフトを起動する方法, My_HP No.853


 トップ へ戻る.
 前のページ へ戻る.
 次のページ へ移る.
 ホームページ(目次) へ戻る.