条件集計(件数)

セル範囲内のデータがある件数
COUNTA関数を使う。
COUNTA関数サンプル
(画像をクリックすると、このページのサンプルがダウンロードできます)
データが登録されている件数は、COUNTA関数を使います。ここでは、A1:H5の範囲ですから、セルは合計40個です。データの収容されているセルは24個です。
ここで注意が必要なのは、「0」が登録されているセルもカウントされてしまうことです。計算式が入ったセルもカウントされてしまいます。
R1C1参照形式の場合は

 =COUNTA(R1C1:R5C8)
となります。

戻る 先頭に戻る

セル範囲内のデータがない件数
COUNTBLANK関数を使う。
COUNTBLANK関数サンプル
データが登録されていない件数は、COUNTBLANK関数を使います。
ここでの問題は、COUNTA関数の裏返しです。
R1C1参照形式の場合は

 =COUNTBLANK(R1C1:R5C8)
となります。

戻る 先頭に戻る

値を判断して件数をカウントする。
COUNTIF関数を使う。
COUNTIF関数サンプル
ゼロを除外したい場合は、COUNTIF関数を使います。 COUNTA関数では、ゼロが入ったセルもカウントしてしまい、「24」とカウントされていましたが、 COUNTIF関数ではゼロが入ったセルは除外されます。 しかし、マイナス値が入ったセルはこの集計には入りません。しかも、「"<>0"」としてしまうとゼロが入ったセル以外が全てカウントされ、「39」となってしまいます。 しかも、この逆の件数を求めようと、「"=0"」で求めると、「1」となってしまいます。
R1C1参照形式の場合は

 =COUNTIF(R1C1:R5C8,">0")
となります。
カウントでの「空白セル」と「ゼロのセル」は微妙な問題のようです。
COUNTIF関数サンプルA
「ゼロ」も「空白セル」も避けた状態で件数をカウントするのは、どうやらこの方法しかないようです。
この反対で、「ゼロ」と「空白セル」のカウントはむしろ総件数から上の式の件数を差し引いて計算してしまった方が良いようです。
結局、「空白セル」は、「ゼロか」と聞くと「ゼロではない」と答え、「ゼロより大きい」「ゼロより小さい」には含まれません。
R1C1参照形式の場合は

 =COUNTIF(R1C1:R5C8,">0")+COUNTIF(R1C1:R5C8,"<0")
となります。