Homeエッセイ集目次>マカロニグラタン

マカロニグラタンのお話


今からもう50年以上も昔のことです。
新潟の田舎町の高校から京都にある大学を受験した時のことでした。京都までは汽車に乗って15時間もかかった時代ですから、出張試験があるという金沢市で試験を受けることにしました。

日本海から雪が吹きつける寒い日でした。父親と列車に乗り、夕方になって到着した旅館では早めの夕食をいただきましたが、少し時間をおいて熱々の平べったい器が運ばれてきました。すると、何とも言えない良い匂いが部屋中に立ちこめました。それは今までにかいだことのないハイカラで素敵な香りでした。

熱々をホークですくい、口に入れて、ひっくり返りそうになりました。トロリとしたソースがマカロニにからんで、「美味しくてほっぺたが落ちる」とは、こういう事を言うのでしょう、、今風に言えば、「めっちゃ うまっ!!」、
それは18才になるまで食べたことがない「マカロニグラタン」でした。

戦後12年ほどしか経っていなかった日本は、まだ貧しく、洋風のお料理が家庭の食卓にのぼることなど、田舎では特にマレなことでした。時代は進み、今やグラタンソースをインスタントに作り上げる素が、どこのスーパーでも売られるようになりました。そして、マカロニグラタンは、ごくありふれた料理になってしまいました。

縁あって結婚した人は、昭和一桁生まれにしては珍しく洋食好きでグラタン好き、一緒に暮らしていくうえで、食の好みが同じだということは実に幸運でした。

共に暮らして45年、「マカロニグラタン」は、何回もあった夫婦のゴタゴタを、その都度救ってくれました。食いしん坊の主は、好きな物が出てくると、今までの不機嫌を忘れるという「特技!」を持っていましたから 、つまらないもめごとを引きずらないで済んだのです。

雪の日の受験から半世紀もたち、二人とも老いて「一寸先は闇」の日々になりましたが、グラタンが美味しいと思えることをを大切に、「オマケの日々」を楽しんで生きていきたいと思
っています。

(2011.11.05.放映NHKTV、今日の料理エッセイ「忘れられない味」より)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高校生の頃に初めて味わったカルチャーショックともいえるホワイトソースの味は、その後の食のあり方を決めるほどの威力をもっていました。その昔話を短文にしてみました。紙に原稿を書いて郵便で送るのはけっこう面倒なのですが、今はメールという手段で、いとも簡単に原稿送信が出来ます。NHKのディレクターさんとのやりとりも電話とメールですんだのですから、なんともお手軽なPC時代になりました。

局の要望で昔の写真を探しましたが、二人で写っているものなど、みあたりません、ようやくのことで白黒のピンボケた写真を一枚見つけて、メールに添付して送信しました。

今回、番組の中で「私の忘れられない味」として、数編のエッセイをを紹介するということでしたから、どのような紹介になるのかと興味津々でTVを見ました。一つのエッセイを、たった2分ほどの画面にまとめてありましたが、さすがはプロのお仕事でした。構成が上手く、要所に配置された映像が雰囲気を盛り上げ、読み手の「朗読力」の高さが、それぞれの文章にいいリズムをつけて、心に響くように仕上げてありました。

見終わって、連れ合いジジは言いました。

「、、まだ髪の毛があってよかったワ、、」

結婚後数ヶ月の写真です。頭の髪の毛がなかったら、エライコトですやん、、ホンマニ、、

2011.11.07.

エッセイ集目次
 Home> 旅目次 エッセイ目次 花目次 浜松雑記帳目次 料理ワイン目次