リムジンバスの車番と運用

例 3168442RU
東京空港交通(リムジンバス)乗降扉付近に書いてある長い文字列の説明

●車番・納入時期一覧表●

車番 昭和島・天空橋 箱崎 大栄
●は受委託車両
形式 特記 トイレ
9830MM 630<5757>,631<5766>
632<5739>,633<5756>
- - P-MM526H 中型
02年廃車
9852N3 683<5718>,684<5709>
685<5759>
    P-RA53TAE 02年廃車 -
90838M9 562<5728>(05.7) - U-MS729SA 05年廃車
9038N3 565<5736>,567<5735> - - P-RA53T 03年廃車
90843M9 - - 281<3283>,282<3284>,
334<3285>,335<3286>
(05.12?)
U-MS729SA
90942RU 563<5752>(05.7) - - U-RU2FTBB 以降日野はセレガ
10742M9 - - 285<3996>(05.?) U-MS729SA
3353MS1貸 12<C186-608>
千葉200か186はマジカル時代
- 108,109<38>
122<1561>(12)
U-MS821PA SHD。以降三菱はニューエアロ ×
3445N30貸 69<4923>,73<4924> - 112<1155>(73),
119<1191>(69)
U-RA530RBM 04年転属 ×
30545M1貸 74<4925>,75<4929> - 110<830>(74),111<831>(75) U-MS821PA 02年転属 ×
30642M8 601<4933>,602<4934> - 286<4005>(05.12?),

214<1523>
215<1524?>(601or602)
U-MS821PA ドア横に行先表示LED後付装備
05年末転属
06.7抹消
3853MS1貸 - 108<91>,109<38> U-MS821PA SHD -
30942M1
(3942MS1)
603<5048>,604<5050> - 283<4006>,
284<3997>
(05.12?)

216<1525>
(603-3942MS1)
217<1526>(604)
U-MS821PA ドア横に行先表示LED後付装備
05年末転属
06.07抹消
30953RU貸 09<5051> - 123<1564>(09) U-RU3FTBB SHD
123オレンジ30953
×
3953RU貸 10<5052>
16<609>(元101)
- 124<1565>(元10)
125<1697>(元16)
U-RU3FTBB SHD
124オレンジ3953
125白3953
×
3955RU貸 15<5054>- - 112<1696>(09夏廃車) U-RU3FTBB 112=元15 ×
30953M1貸 08<C40-605>,11<C39-607>
マジカル時代は千葉ナンバー
- 12?(08) U-MS821PA SHD ×
50655RA 681<5323>,682<5324> - - U-RA520RBK ■ドア横に行先表示LED装備 ×
50738RU 507<5761>,510<5755> - 243<3924>,244<3925> U-RU2FSBB
50738M6 501<5715>,503<5731>,
50
4<5744>
(503->05.11抹消)
301<C3928-1143> 245<3929>,246<3930> U-MS826PA
60655RA 686<5467>,687<5468>,
688<5469>,689<5470>
 (平)
- - KC-RA531RBM ×
60638RU 502<5465>(05.11) - - KC-RU3FSDB
60738RU
->60742RU
513<5760>,514<5725>
-->大栄転属
302 <C4021-1129> 250<4030>
252<1809>,253<1810>
(元513or514)09.5廃車
KC-RU3FSDB 2006年に42人化
6738MS9
->60742M9
515(-08.2)<5767>,
516<5721>(07.6健在) (昭)
- - KC-MS829PA 2006年に42人化
60838RU - - 251<4031>(09.5廃車) KC-RU3FSDB
60938M9
->60942M9
505<5497>(05.11)
509<5498> (-08.2)
- 252<4039>,253<4040> KC-MS829PA 2006年に42人化
61144JA 401<5730>(07.04) - - JA520RAN ユーロツアー採用
71055JA 693,694(00.8 423.424へ) 423<5795>,424<5796> - JA530RAN ×
71155JA 695(00.8 425へ)
696<5825>,697<5826>
,
698<5827>,699<5828>
 (696-697昭)
425<5806>(07.04) - JA530RAN 696-698は00.8に426-428になり、01.6に復番 ×
71246JA 511<5830>,512<5831>,
574<199>,575<200>,
576<235>,577<236> (昭)
- 256<4221>,257<4216> JA530RAN 05年〜42人化改造
80142JA 592<C4228-623>
593<C4229-624>
594<C4230-625>
595<5855>
596<5856>
597<5857>(09.6)
598<5858>(09.6)
599<5859>(09.6)(昭)
,
290<626>,291<627> (平)
- 287<4228>,288<4229>
289<4230>,290<4231>,
291<4232>
(02に592-594へ)
292
<S630->C922>
JA530RAN 05年〜42人化改造済
80255JA貸 01<5860-C678-754>,
02<5861-C679-757>,
03<5862-C680-762>
,
17<776>,18<778>
02年マジカル千葉ナンバーへ
03年マジカル品川ナンバーへ
- 101,
102<4250>
(マジカルで17,18へ)

103<4251>
JA530RAN 02年JALマジカルファンタジー用 ×
80642JA 615<11>,616<12>,617<13>,
618<14>
,619<15> (昭)
- 293<C20-S631-C922>
294<C21-S632-C924>
295<C22-S633-C925>
JA530RAN 05年〜42人化改造済
615-618は前橋・高崎・太田開業時の車両。615-619当時はMCA付き。
618、615はスタッドレスで1便優先充当
619が先にMCA取り外し。
619は00.12桐生開業で離脱。
80746JA 506,508(昭),568,569,611(332)(平)
(いずれかが254,255に)
332<C27-1123> 201,202,203
254<1528>,
255<1529>(転属)
JA530RAN
80855JA 652<48>,653<50>,654<51>,
655<52>,656<53>,657<54>
658<55>
 (654-656昭)
651<47> - JA530RAN L651は平和島から箱崎へ転属 ×
80955JA 19<C683-767>,
20<C684-779>

29<1474>(13.7),30(13.7)
 12.1現存
- 104<52>,105<53>,
106<54>(2011),
107<55>(2011)
JA530RAN 19,20はJALマジカルファンタジー用

09年前後より前方TVを液晶化
×
90360R5 641<127>,642<128>
643<129>,644<130>
(昭)
12.1廃車
- - KC-RA531RBM 木更津線用60人乗り車両。自動車公衆電話付。
トランク台車なし
×
90846JA 612(337) (平)
07.7時点転属済
337(C223-1128) - JA530RAN 以降DENSOエアコン形状変更(日産・日野車)
05年〜42人化改造済(補助席を固定し1列増)
90946JA 570,571(転属で平),572,573 - - JA530RAN 05年〜42人化改造済
91042JA - - 280<C252>(13.12),
296<C253->S634->C939>
297<C254->S633->C940
298<C255->S637->C941
299<C246->S638->C943>
JA530RAN 05年〜42人化改造済。L280・・13/5現存
91046JA 619平(341),620平(338)13.12 338<C243-1125>
(2011)
,339<C244-1136>
(2013.3-LP1)
,
340<C245 1141>

(LP2),
341<C246-1113>
(12.5 619)
,342<C247-1118>
(13.11)
- JA530RAN 05年〜11列化改造済 L342・・13/5確認
91142JA 620,621,622(13.12),
623(13.12),624(13.12),625(13.12)(昭)
622〜625は平和島へ
- 258(昭和島から621)<1812>
(2013)
JA530RAN 05年〜42人化改造済
91255JA 659<227>,660<228>,
661<229>(-09.6)
,
662<230>663<231>,664<232>,
665<237>,666<238>,
667<239>(-10.5)

(659〜664昭)
666は羽田ランプ806へ
(-14.12)
- - JA530RAN 665,666は貸切改造。無線は貸切無線搭載 ×
00255R5 645<250>,646<251>,647<252>,
648<253>(平)(2013?)
- - KC-RA531RBM 05.5〜バンパー色オレンジ更新済 ×
00442R5 605<290>,606<291>,607<292>,
608<293>,609<294>
 (昭→平)(11.6)
303<C314-1130>
(2011)
271<310>,272<311>
273<312>(2014.8)
274<313>(2011)
KC-RA531RBM 05.4〜バンパー色オレンジ更新済
L271-273・・
L924〜926納車で廃車
×
00755JA 668<321>,669<322>,670<323>,
671<329>,672<330>(-10.5)

673<331>,674<324>,
675<332>(-12.6)
 (668昭)
- - JA530RAN ×
00842JA 599平(344)(13.12) 訓練 343<C368-1114>
(13.11),
344<C369-1135>
(12.6)
,
345<C370-1140>
(13.11)
,
346<C371-1145>
347<C380-1133>
348<C381-1138?>
275<382>,
276<383>(13.11)
,
259<1813>(元348)(LP14)
250<N383>,251<N384>
(元346,347)
10.12転属
->(LP98/LP99)
JA530RAN 05年〜42人化改造済
L276、259、250、251・・13/5現存
00942JA 626<337>(13.12)
,627<338>(13.12),
628(13.12)
,629 (昭)->(平)
- - JA530RAN 05年〜42人化改造済
01152R5 676<364>(14.3?),677<365>,678<366>(14,8),679<367>(14,8),
680<370>(14,8)
,
690<371>(13.12),
691<372>(14.8)
692<373>(14.8) 
(平)
410(677) 10.7転属
->LP17(13.12)
- KL-RA552RBN 以降R5はでこっぱち。 前扉大型化改造
以降前照灯がHIDに。

05.6〜バンパー色オレンジ更新
14.8廃車(L693も)はL662〜667納車で廃車
10252R5 578<1104>(<-270)16.12
579<1067>(304<-260)16.12
580<383>16.12

581<384>(14.11),
582<385>(14.12)

583<386>(14.12)
584<390>(14.11),
585<391>(14.11),
586<392>(511),

587<393>(14.11),
588<394>(14.12),
589<395>(14.12),
693<382>(14.8)
 (平)

578,579,580は13.12〜訓練車。昭和島常駐
586 15.2現存→本線用で廃車
588は羽田ランプ807へ。17.5廃車
304(C467) 270(466),260(元304) KL-RA552RBN 06〜バンパー色オレンジ更新
L260・・初代成田〜熊谷・伊勢崎専用車
14.8廃車(L519も)はL668〜672納車で廃車
1412 廃車はL626〜629納車で廃車
L578-580が16.12月末に廃車となりLM路線のデコは全廃

10442R5 517(->304),518(->307)
519<413>(14.11),
520<414>(15年末)
(昭)->(平)10年頃
昭和島に最後に残ったデコ。2014末に転属があり昭和島デコ復活
304(517)<411>,
307(518)<412>
2014.8
- KL-RA552RBN 正面・リヤに行先表示LED後付装備
304.307・・L943、944納車で廃車
10642R5 521<437>,522<438>,523<439>,
524<440>(4台15年末)

(昭)->(平)
592(305 14.12-)
593(306 14.12-)16.12

592=601時点現存
593=603時点現存
305<C536-1106>,
306<C537 1107>
,
308<C538 1109>,
309<C539 1110>
254<N252>(308),
255<N251>(309) 09.6転属

263<544>,264<525>,
265<526>,266<527>,

267<528>(16.11),
268<541>(LP26)
269<543>(LP97),
277<545>(15.12?),
278<546>(LP27),279<547>

254=601現存、512新車で代替
265=609現存
LP27(15.12)
254/255/263-266 2016廃車
KL-RA552RBN ■正面・リヤに行先表示LED装備06〜バンパー色オレンジ更新
L593,594は2015.11頃?から運賃箱取付
10655R5 - 411<441>,412<443>,
413<444>(LP24),
414<445>,415<446>,
416<447>(15.2)
- KL-RA552RBN サブエンジン冷房06.4〜バンパー色オレンジ更新
15.2にL431-436に置換。L413はLP24に。
×
10755M86貸 21<455>(LP13 13.8),
22<456>(14.8),
23<457>(14.8)
,24<458>(15.11),25<459>(14.8),26<460>
- 112(26 14.4-15.11) 成田200か683 KL-MS86MP 以降 貸切の車内テレビが白枠の液晶に。
以降バックアイモニタが液晶に
×
11152R5 525<494>(LP25),526<495>,
527<496>,

528<497>16.12,
529<498>(昭)->(平)
528:16.11現存
303(529 15.2-15.11) - KL-RA552RBN ■オレンジバンパー
昭和島から転属し平和島(流通)所属。
11152FD 694<499>,695<500>(16.1.E)
 (平)
- - KL-RU4FSEA ■FDはセレガR。
昭和島から転属し平和島(流通)所属。本線用。
11152M86 635<501>(2013?)
636<502>(15.9?),
637<503>(16.1)
638<504>(15.9?)
639<505>(16.1) (平)
- - KL-MS86MP 唯一平和島(流通)所属のエアロ。638/639は所沢開業、637は八王子・高尾開業(02.11)、635/636は稲毛・四街道開業時に昭和島から転属(03.11)。
20452R5 530<601>,531<602>,
532<603>(-16.9)
533<610>(-16.12)

534<611>,
649<612>(16.12)
650<613>(16.9)(平)
- ●170<1269>(533)
16.12-18.2
KL-RA552RBN L530-534昭和島から転属し平和島(流通)所属。649/650は元来平和島。
530/531=04.12に平和島へ
04.12時点:532-534が52デコで昭和島所属
2015.4〜L533昭和島羽田線へ
20542R5 610,611,612(昭 05年転属)
594(311 14.12-)昭16.12
518(310 15.2-平,15.3-昭)16.12
529(312 15.11-16.9天)
310<C710-1109>
311<C711-1115>
312<C712-1131>
(15.11)
211<1505>,212<1506>,
213<1522>(元610-612)
(16.11)
KL-RA552RBN 518 2015.3昭和島へ
21052R5 590->563<704> (昭)
(-18年度)
- - KL-RA552RBN ■R5は西工
客室窓に大型窓採用。
西武大宮でのイベントで初登場。
2009.3運賃箱設置。羽田線用に。
L563 訓練車16.12
21042R5 535->564<708>(-18年度)
(昭→平2015.4 L533と交換),
536<709>(昭) 18.1現存
- - KL-RA552RBN ■シートモケット色変更
L564 訓練車16.12
21042M86 537<710>(16.12),
538<711>(11.6-平/15.3-昭)-17.3
539<712>(昭)
- - KL-MS86MP 537-538 2015.3昭和島へ
30242M86 565(327、610 09.3-平、
15.3.26昭)
325<C839-1126>,
326<C841-1122>,
327<C840-1127>
278<N1271>(325)
279<N1270>(326)(18.4)
L278/279 16.12転属
KL-MS86MP 565 2015.3昭和島へ
30242R5 - - 231<847>(LP15)
232
<848>(LP16->156),
233<850>
(LP18->158),
234<851>
(LP9水色),
235<852>
(LP6->151)
●151<852>,156<848>,
158<850>
KL-RA552RBN 以降R5の窓がブラックスモークに
30342M86 - - 226<856>(LP10水色)
227<857>
(LP11->154),
228<858>
(LP12->155),
229<859>(LP19水色)
230<860>(19.1)
●154<857>,155<858>
KL-MS86MP L226・・二代目成田〜熊谷伊勢崎専用車
30342R5 - 322<C869-1117>18.4
323<C870-1121>,
324<C871-1132>
(16.11)
- KL-RA552RBN 16.11
L303/304入替
30442R5 545<850>,546<851>
547<852
548(14.12)<853>,
549<854>(昭)
546,547 17.2現存
545 18.1現存
549 18.1現存
- - KL-RA552RBN ■車内LEDが黒枠
L548は958,959納車で廃車
30442M86 540->562<855>(16.12)
541<856>,
542<857>,543<858>,
544<859>(昭)


541,543 17.10現存 542.18.1現存
- - KL-MS86MP L562訓練16.12
(-18年度)
30542M86 550<860>,
551<861>(18.4),
552<862>,
553<863>(19.11)
(昭)

550 18.1現存
552 17.10現存,553 18.12現存
313<C935-1134>,
314<C936-1116>
,
315<C937-1146>
258<N1011>,259<N1010>
(314,315 15.10-)
277<N1272>(313 16.12)


258,277 18.9現存
KL-MS86MP ・L313は車内カメラ試験車両
・L314-315大栄転属で509のSC導入
30550R5 556<864>(18.4)
557<865>,
558<866>,559<867>(昭)


557-559 18.3前後
393(C945-1139>
394(C946-1137>
395(C946-1144>


393/395 17.10現存
393-395 18.3前後
- KL-RA552RBN 556,557,393-395は2010頃から運賃箱設置
558は2012.10頃から運賃箱設置
30742M86 - - 219<960>(17.3),
220<961>,
221<962>,222<963>,

223<964>
236<965>(18.4)
247<976>,248<977>,
249<978>,287<979>,

288<980>(18.4)
289<981>
287,289 -19.2
KL-MS86MP L220-222:17年度廃車

287,289
L250,254入替
30742R5 - - 237<966>(LP7->152),
238<967>(LP8->153),
239<968>(17.3)
240<969>(17.3),
241<970>(18.2),
242<971>(17.3)
●152<966>,153<967>
KL-RA552RBN -
30750R5 631<907>,632<908>,
633 612<909>(12年改番)
(昭->平)
631,632,612 -18.12
391<C974-1119>
(18.4)
392<C975-1124>(17.)
- KL-RA552RBN 和光市線開業時に631-633が流通へ転属
391,392は途中から運賃箱設置
391(16.10)運賃箱なし
30750R5貸 27<917>(17.3) - - KL-RA552RBN 貸切車でマーカーランプなし
14.4〜JALPAKツアーラッピング
30742FD 554<915>,555<916>(昭)
(18.4or5)
- - KL-RU4FSEA ■FDは空港連絡仕様。横開きトランク
30750M86貸 20<2609>(元113)13.8-(20.3) - 113<985>,
114<986>(17.3)
KL-MS86MP L113=L21 LPS転籍の変わりにL20 ×
30742M86貸 19<2745>(元115)14.4-17.3 - 115<987>,116<988> KL-MS86MP -
40442M86 613<1069>,
614<1070>(18.4)
(昭->天)
- - KL-MS86MP ■ドリンクホルダー装備。
40442FD - - 204<1166>(18.10) KL-RU4FSEA 以降FDはリアスポイラーなし。JBUS・日野の2つの銘板
40450R5 630<1065>(昭→平)(19.9)
634<1066>(昭-平)(19.2)
- - KL-RA552RBN ■R5はリアエンジンルーバー・ミラー形状変更

和光市線開業時に634が流通へ転属
630は2009.3運賃箱設置(昭)
▲循環式トイレ
40750R5
→40742R5
560<1088>,561<1089>(昭)
(18.3)
- - KL-RA552RBN ■日産:清水利用噴射式トイレ(無臭)
40750R5貸 28<1091>  - KL-RA552RBN 21"液晶
14.4〜14.9JALPAKツアーラッピング
2-9列目補助席
● 
40742R5 - - 206<1193>(19.12)
207<1194>(19.8)
208<1195>
(19.8)
KL-RA552RBN
40742M86 566<1095>,
567<1096>(18.4)(昭)
- 209<1197>(19.12)
210<1198>
KL-MS86MP -
40750M86貸 - - 101<1199>,102<1200>
(20.3)
KL-MS86MP 以降貸切の車内テレビが黒枠のPanasonic製液晶に ×
40742FD - 316<C1201-1120>
(-19.2)
317<C1202-1112>
(-19.2.E)
205<1203>(18.10) KL-RU4FSEA 日野車->JBUS
▲循環式トイレ
40750FD貸 08<1541>(117)(19.10)
09<1543>(118)(19.10)
- 117<1204>,118<1205> KL-RU4FSEA ×
車内案内装置液晶モニタ化(路線車)
41150R5
→41142R5
381<1180>(17年度)
382<1181>
383<1182>,384<1183>
(昭)

382 18.12現存,383 19.2現存
382-384 18年度廃車
- - KL-RA552RBN 車内LEDが17"液晶に。

381/2 タイア圧テスト+アルコアホイール

50550R5
→50542R5
385<1293>,386<1294>,
387<1295>,388<1296>(昭)

385-386 18年度廃車
- - KL-RA552RBN ■車内LEDが21"液晶に。

■座席番号貼付

51150R2 356<1408>,
357>626<1409>(19.8),
358 627 360<1410>,20.2
359 628<1411> 19.9
360 629<1412> 19.9
(昭→平)
361<1413>20.2
362<1414>(昭)

L357-360(14.12にTRC転属)
L627(18.2頃昭和島へ)
- ●169<1255>(356)
16.12-
ADG-RA273RBN改 ■ATスペースアロー
尿素SCR
ZF製AT

・非常扉の位置変更(中心方向)
・客席窓が通常の大きさに
・トイレの位置が、非公式側へ
・前車後ろのウィンカー位置
・後部ルーバー形状
・リアのランプ位置
・ピクトグラムが正面LEDの後ろに
・網棚前方にグローブボックス設置
・ドライバー後ろのグローブボックス消滅

・L356は車内カメラ試験車両

51250R2 363<1427>20.2
364<1428>,
365<1429>
,366<1430>
367<1431>,368<1432>,
369<1433>,370<1443>
,
371<1444>,372<1445>
373<1446>,374<1447>,

375<1448>(昭) 20.2-3
- - ADG-RA273RBN改 19年度廃車
60150R2 376<1458>19.12?
377 699<1459>,
378 696<1460>19.9
379 697<1461>19.9
380698<1462>19.12?(昭)

696,697,698(378-380 11.6-平)
- - ADG-RA273RBN改 -
60251RU貸 05<1465>,06<1466>,
07<1467>,14<1468>
- - ADG-RU1ESAA ■SHD新セレガ -
60450R2 352<1507>(276),353<1508>,
354<1509>,355<1510>(昭)

353-355(19.8)
- 243(LP20 14.7-)<1624>
244(LP21 14.9)<1625>
245(LP22 14.9)<1626>,
246(LP23 14.12)
<1627>,
276<N751>(14.9-18.7 LP29)
●157<1624>->LP20
ADG-RA273RBN改 世界No1ステッカーなし

ホイールの穴形状変更
60742M86 519<1552>
520<1553>(19.10-)
301<1552>,
302<1553>
260<1704>,
261<1705>
,
262<1706>
2015.9LPS受委託車両
160<1704>19.12
161<1705>19.12

162 LP96<1706>
PJ-MS86JP ■M86はPJエアロ
・直結エアコン形状変更
・リアストップランプ位置変更

・ガラスが透明
・ピクトグラムトイレ緑赤
・循環式トイレ
60752RU貸 - - 103<1710>,104<1711>,
105<1712>
PKG-RU1ESAA ■HD新セレガ -
70455R2貸 51<1699>,52<1700>,53<1701>,
54<1706>,55<1707>
56<1714>,57<1715>(-19.6)
- - PKG-RA274RBN ・マジカル塗装で登場
・正面LED装備
・トランクロック装置
-
車内中央部にオーバーヘッド式液晶モニタ
70455R2 - 417<1702>,418<1703>,
419<1704>
- PKG-RA274RBN ・トランクロック装置
■SRVideo装備
車内中央に液晶装置(未使用)
・後方LED位置中央に
・非常口位置定位置に
・無線装置貸切のお古
-
70450R2 350<1708>,351<1709>(昭),
601<1710>,602<1711>,
603<1712>,604<1713>(昭->平)
- ↑以前千葉ナンバー
↓以降成田ナンバー
PKG-RA274RBN 2013.4頃〜L601運賃箱
L601-604 2013.12平和島へ+運賃箱
L350 2016.12運賃箱確認
70442M86 516(216 16.11)<3056> - 214<46>,215<47>,
216<48>,
217<50>,218<51>
●165<46>16.12?
166<47> 16.12?-
172<50>.173<51>17.7
PJ-MS86JP ・ガラスに薄いスモーク
・成田ナンバーに

・車内中央に液晶装置(操作は手動)
70750R2 681<1745>,682<1746>,
683<1747>,684<1748>,
685<1750> (平)
- - PKG-RA274RBN
車内に2ヶ所の小型液晶モニタ設置      
80250RU 501<1824>(19.10頃〜19.12訓練)
502<1825>,
503<1826> (昭)
- - PKG-RU1ESAA トランク開き方改良
車両中ほどに小型液晶による案内表示器(車内中央の液晶はなし)
■マーカーランプ設置
・清水空圧式トイレ
80242M96 504<1820>,505<1821>,
506<1822> (昭)
- - BKG-MS96JP ■M96はエアロエース
・マーカーランプ設置
・乗降口ステップ2段
・ピクトグラムトイレ青
・トイレ便器内部黒(清水空圧式)
80242R2 389<1817>,390<1818> - - PKG-RA274RBN -
80442M96 - - 224(163)<139>,
225(164)<140>,
270<141>

2016.2受委託
●163<139>,164<140>
2016.12-受委託
●167<141>
BKG-MS96JP ■音声合成クラリオン(操作はバックモニタ液晶)
・車両中ほどに小型液晶による案内表示器(車内中央の液晶はなし)
80450RU 615<1873>,616<1874>(平) - - PKG-RU1ESAA 同上
80555R2 451<1876>,452<1877>,
453<1878>,
454<1879>(16.6),
455<1880>(昭)
471<1881>,472<1882>,
473<1883>,474<1884>,
475<1885>(平)
- - PKG-RA274RBN 同上
471-475は納車時より新型運賃箱。
451-455は約一ヵ月後に新型運賃箱に交換
472:2016.8箱なし
×
80542M96 - - 281<150>,282<151>,
283<152>,284<153>
BKG-MS96JP L283・・15/09スモールライトLED
80642M96 507<1895>,508<1896>,
509<1897>,510<1898>
- 256<162>,257<163>,
285<164>,286<165>,
290<166>,291<167>
BKG-MS96JP -
80655R2 - 401<188>,402<1889>,
403<1890>,404<1891>,
405<1892>
- PKG-RA274RBN - ×
80650RU 396<1914>,397<1915>,
398<1916>,399<1917>
- - PKG-RU1ESAA -
80651M96貸 - - 108<174>,109<175>,
117<176>,118<177>
BKG-MS96JP ■貸切車内液晶収納式 ×
90350M96 511<2030>,512<2031>
513<2032>(昭)
- - BKG-MS96JP スモークが黒に
50人乗りはアルミホイール
ピクトグラムトイレ青
L511 2018.1運賃箱確認
90550M96 514<2050>,515<2052>
516<2053>(昭)
->
606<2050>
607<2052>->L178?
608<2053>(平)14.3-
686<2054>(平)
687<2055>(平)->514(16.12)
- 2017.3受委託
●171<1348>元686
●178<1517>(607)18.7
●179<1561>18.11
●181<1563>18.11
179,181=606,608
BKG-MS96JP L606-607改番時に運賃箱
L607,608 14.4運賃箱なし
606あり
686 2011.3東日本大震災救援
514 19.4運賃箱(L591と入換?)
90542M96 517<2056>(18.7) 318<2056>,319<2057> 201<246>,202<247>
,203<248>
BKG-MS96JP -
90642M96 - - 292<254>,293<255>,
294<256>
BKG-MS96JP -
90650M96 591<2059>-19.4?
592<2060>
,
593<2061>昭
605<2060>(592)13.12-平
420(593)<2061>
13.12-16.12
●168<1256>(420)
16.12転属
●180<1562>(605)
18.11転属
●182<1616>(591)
BKG-MS96JP 410がLPSでかわりに593が箱崎へ
410,605転属時に運賃箱

591は15.1現在運賃箱付に
420は439と入替
90655R2 456<2063>,457<2064>,458<2065> - - PKG-RA274RBN - ×
00555M96 459<2203>,460<2204>,461<2205>
462<2206>,463<2207>,464<2208>
465<2209>,466<2210>(昭)、
476<2199>,477<2200>,
478<2201>,479<2202>(平)
- - BKG-MS96JP 459-462は12.1-木更津→運用バラバラ ×
車内2ヶ所の小型液晶モニタ廃止
00925FCV 951<2297>(13.9.12),
952<2296>(2011)
- - FCHV-BUS 燃料電池バス(FCHV-BUS)、ノンステップ
トランク無。
×
20553M96 467<2458>,468<2459>,
469<2460>,470<2461>(昭)
480<2462>,481<2463>,482<2464>
483<2465>,484<2466>,485<2467>
486<2468>(平)
- - QRG-MS96VP
装備はBKG
アルミホイール
■運転席後アクリル板
■トランクルームの鍵廃止。
■車内小型案内表示廃止
公式側後方にルーバー設置。
エアロエース白線逸脱装置装備。

486:2016.8箱なし
×
20650RU 617<2475>(平) 327<2472>,328<2473>
329<2474>
252<512>,253<513> QPG-RU1ESBJ いすゞ
車内小型案内表示廃止
ミリ波レーダー
■1列目3点式シートベルト。
トランクの鍵廃止。
450PS。E13C。
20652RU貸 01<2480>,02<2481> - - QRG-RU1ASCA 貸切
(H27年+5%)
トランクルーム奥側(非公式側)スペースあり。

360PS
×
30751RU貸 10<2617>,11<2618> QPG-RU1ESBA 貸切 L29,30の代替。ドライブレコーダー。(H27年+5%)
トランクルーム奥側スペースなし
 
31038M96 - 940<2663>,941<2664>,
942<2665> 
920<643>,921<644>  QRG-MS96VP Super Cabin(I)
電動バイザー
■停車釦
乗降口LEDステップライト
乗降口3段目が高くなった。
ミリ波レーダー
ドライブレコーダー・以降順次各車に設置

路線車車幅LED化
・三菱車の1列目座席3点式シートベルト化。
・ワイドシート・座席間肘掛
・便器黒(大理石調)真空式トイレ
・ピクトグラムトイレ(緑・赤)
31150M96 653<2669>,654<2670>,655<2671>
656<2672>,657<2676>,
658<2677>,659<2678>(平)
658.659 17.1 LPSへ・・174/175
  ●174<1450>,175<1451> QRG-MS96VP -
31138M96 953<2673>,954<2674>,
955<2675>(昭)
QRG-MS96VP Super Cabin(I)
31150RU 571<2679>,572<2680>,
573<2681>,574<2682>(昭)
- QRG-RU1ASCJ いすゞ
H27年燃費基準10%
個別停車ブザー
7速MT、バイザー
31250RU 651<2686>,652<2687>(平) 297<654> QRG-RU1ASCJ RU1ASCN-DVH
各座席にテーブル
40338M96 956<2729>,957<2730>(昭) 922<679>,923<680>  QRG-MS96VP Super Cabin(II)
木目調床、オレンジシートカバー、オレンジカーテン、シートテーブル、トイレ内装
● 
40350M96 660<2731>,661<2732>(平)
-17.1LPSへ・・176/177
●176<1452>,177 QRG-MS96VP  旧モケット+テーブル ● 
各座席に電源コンセント(路線車)
黒・グレー座席・オレンジカーテン・ヘッドカバーオレンジ
40738M96 943<2777>,944<2778> 924<731>,925<732>,
926<733>
QRG-MS96VP  Super Cabin(III)
コンセント・トイレ扉拡張・木目調床柄・トイレ流水音
● 
40850M96 662<2790>,663<2791>,664<2792>
665<2795>,666<2796>,
667<2797>(平)
- QRG-MS96VP SuperCabin仕様に(シートピッチ以外) 羽田線用。
40851RU貸 15<2802>,16<2803>,17<2804>  - QRG-RU1ESBA H27年+10%。高出力450PS6MT。左右電動ロールカーテン・運転席側と後ろにコンセント・灰皿なし・シートカラー従来色。ドライバーモニター。
7-10列目補助なし。
41150M96 668<2832>,669<2833>,
670<2834>,671<2835>,
672<2836>
(平)
- QRG-MS96VP プラズマクラスターイオン。LED照明。670-672本線用。
運転席後ろコンセント。
公式側後方ルーバー拡大。
41238M96 958<2843>,959<2844>(昭) 945<2838>,946<2839>
947<2840>
- QRG-MS96VP Super Cabin(IV)
■プラズマクラスターイオン。車内LED照明。
 
50253M96 431<2862>,432<2863>
433<2864>,434<2865>
435<2866>,436<2867>
QRG-MS96VP 411-416の入替
2/22前後に順次導入。
■車内カメラ赤外線新型
 
×
50950M96 673<2920>,674<,2921>
675<2922>,676<2923>,
677<2924>,678<2925>(天) 
QTG-MS96VP H27年燃費+15%
50938M96 938<2926>,939<2927>
948<2929>,949<2928>
  QTG-MS96VP Super Cabin(IV)
L938は10/3イベントでデビュー
51038M96 919<1017>,927<1018>,
928<1019>,929<1020> 
QTG-MS96VP -
51152M96貸 21<2944> 110<1040> QTG-MS96VP  L24,112置換 ×
51153M96  - 437<2945>,438<2946>  QTG-MS96VP ×
51150RU 618<2939>,619<2940>,
620<2941>,621<2943>
(天)
575<2954>,576<2955>(昭)
- - QTG-RU1ASCJ Super CabinIV仕様(シートピッチ以外) 。ドライバーモニター。一体型停車釦。コンセント。本線用。
51242RU   231<1050>,232<1051>,
233<1073>,234<1074>
QTG-RU1ASCJ ワイドシート・座席間肘掛(以降JBUS42)
60150RU 640<2974>,641<2975>,
679<2979>,680<2980>(天)
QTG-RU1ASCJ 640-641運賃箱付
679-680箱なし
694-695FD置換
 
60352RU - 981<3003>  QTG-RU1ASCA
(改)
リフトバス。5列目リフト、4,5,10列目補助席なし。2,6,8列目座席下通路灯。
リフト部スイング扉・ライコン製リフト・フェリーモード
-
60950M96 688<3034>,689<3038>,
690<3039>,691<3040>
692<3041>,693<3046>
694<3047>(天)
515<3035>(昭)
- QTG-MS96VP 690金庫付
ステップに白色LEDステップライト設置。
オレンジ手すりがざらざら
61038M96 - - 914(1252),915(1253)
916(1254)
QTG-MS96VP  Super Cabin 
61138M96 - 935<3061>
936<3062>
937<3063>
917(1261),918(1262) QTG-MS96VP Super Cabin
61142M96 595<3068>,596<3075>
597<3076>(昭)
303<3066>
304<3067>
260<1264>,261<1265> QTG-MS96VP Super Cabin以外で逆T字窓
ワイドシート・座席間肘掛(以降ふそう42)
61142RU 581<3073>,582<3074>(昭)  - - QTG-RU1ASCJ -
61242M96 598<3088>,599<3078>
19.7(昭)
610<3079>-18.12(天)
262<1571>(610)
188<>(598or599)
189<1702>(598or599)
QTG-MS96VP -
61242RU 583<3080>,584<3081>
585<3086>(昭)
622<3087>(天)
- QTG-RU1ASCJ -
61253M96 449<3083>,450<3084>(昭)
487<3085>(天)
439<3082> - QTG-MS96VP - -
70142RU 623<3092>,624<3093> - 235<1280>,237<1281>  QTG-RU1ASCJ -
70350M96貸 22<3138>,23<3139> QTG-MS96VP L19,27置換
70352M96貸     111<1333>  QTG-MS96VP L114,置換
8-10列補助席なし
-
70352RU - 982<3140> QTG-RU1ASCA
(改)
リフト。羽新リフト用。ピクトグラム白色LED。乗降扉下にLED灯。
白色LEDステップライト。下から2段目にも(最上段に加え)赤緑ステップライト
各座席にUSB装置(路線車)
70650RU 586<3148>,587<3150>
588<3157>,589<3158>
- QTG-RU1ASCJ ■コンセント->USBに変更
・バゲージルームエンジンOFF時ロック
 
70750RU 590<3159> - - QTG-RU1ASCJ L590=フルカラーLED行先表示テスト車
70742RU - - 238<1383>,243<1384>
244<1385>,245<1386>,
246<1387> 
QTG-RU1ASCA 荷物室電磁ロック
70751M06 521<3167>,611<3168> - - 2TG-MS06GP ■AMT先行導入
521-9月運行開始
611-10月運行開始
全席3点式シートベルト
運転席側壁にオレンジのてすり
70942M06 - - 211<1410> 2TG-MS06GP  
70951M06 311<3186> 2TG-MS06GP 運賃箱HND
L392入替
2017.10.10- 順次オリンピックナンバー(箱崎から)
2017.12.7天空橋、2018.1.25昭和島、2018.2.7大栄 ※ナンバー付替車のタイミングから判断。
2018年以降の品川ナンバーの新車は希望ナンバー:品川230あ95(空交)01〜 <オリパラナンバーを新規に取り付ける場合は希望ナンバーにする必要あり>

2003,04年車ナンバー変更せずを確認:L28,116,155,241,277,322,391,393,394,395,542,543,550,552,553,554,555,556,557,558,559,561,612,631,632,LP12
2003,04年車オリパラナンバーL08,101,102,152,156,204,205,206,207,208,209,210,230,236,247,248,249,258,259,289,316,317,
536,545,546,547,549,613,614,630,634
80151M06 642<9501>,643<9502>,
644<9503>,645<9504>,
646<9505>
- - 2TG-MS06GP 運賃箱HND
L642-648↓
L658-661LPSへ
612,631,632入替
80251M06 647<9506>,648<9507>
592<9508>,593<9509>
594<9510>
330<9511>,331<9512> - 2TG-MS06GP 運賃箱HND線
L330-331,430↓
L393-395入替
80342RU - - 225<1466>,226<1467>
227<1468>,228<1469>
229<1470>
2TG-RU1ASDA H27年+15%。最前のみ3点式シートベルト。
80355M06 445<9513>,446<9514>
447<9515>,448<9516> 
430<9517> 2TG-MS06GP 445,446運賃箱無 -
2018.3時点 箱崎:羽田線車両
430-439,401-405,417-419,311,330,331,981,982,301or302
羽田東京:445,446運賃箱なしで導入。成田線車両の充当減
80338M06 933<9518>,934<9519>  - 2TG-MS06GP Super Cabin
後面シグネチャーライト、固定窓、客席ウォームライト
L322,391入替
運賃箱無
80339RU - 983<9520>,984<9521> 2TG-RU1ASDA改 リフト位置1番バゲージに変更。
リフト部手動扉・和光工業製リフト・車いすモード
リフト上トランクルーム
フルカラーLED
運賃箱無
80442RU 570<3208>
577<3209>,578<3210>
579<3211>,580<3212>
    2TG-RU1ASDA 運賃箱無
以降2018年度車両
一般車フルカラーLED行先表示
81042昭和島車よりスリーレター表示(大栄車は飛行機マーク表示で納車)
81042RU 557<3234>,558<3235>
559<3236>,560<3237>
561<3238>
220<1555>,221<1556>
222<1557>,223<1558>
224<1559>
2TG-RU1ASDA 非常ブレーキ
7速MT
大栄→昭和島の順で納車
運賃箱無
81042M06 970<9522> - - 2TG-MS06GP改 メイキコウ製エレベーター設置
右11列・左7列
補助1,2,8列
-
81151M06 649<9523>,650<9524>
658<9525>
- - 2TG-MS06GP  荷物室均等化
運賃箱付
605/606/608転属
81251M06 659<9526>,660<9527>
661<9528>,686<9529>
687<9530>,379<9531>
380<9532>,381<9533>
391<9534>,392<9535>
393<9536>,394<9537>
395<9538>
- - 2TG-MS06GP 天空橋:運賃箱付
昭和島:運賃箱無
610転属
631/632/612/634入替
● 
90142RU - - 239<1584>,240<1585>
241<1586>,242<1587>
250<1588>
2TG-RU1ASDA -
90251M06 - 332<9539>,333<9540>
334<9541>
- 2TG-MS06GP 316/317FD入替
運賃箱なし
90238M06 951<9542>,952<9543> - - 2TG-MS06GP Super Cabin 
90242RU 567<9544>,568<9545>
569<9546>
  251<159*->9501>
254<1599->9502> 
2TG-RU1ASDA -
90339RU 985<9548>,986<9549>
987<9550>,988<9551>(天)
- - 2TG-RU1ASDA改 リフト
90434M06 971<9547>(昭) - - 2TG-MS06GP改 エレベーター
右11列・左5列 
2019.5現在 KL- 車両(除く LPS受委託)
大栄:206,207.208.209,116,101,102、天空橋:630,20,28,08,09、昭和島訓練:553,387,388、LPS LP10,LP12,LP16,LP25

2019年7月以降Friendlyロゴなし
90751M06 522<9552>,523<9553>
524<9554>,525<9555>
526<9556>
- - 2TG-MS06GP 「令和顔」フロントMC
R2入替
2019.8-
90742RU - - 216<9503>,217<9504>  2TG-RU1ASDA KL入替
2019.8-
90752RU 613<9557>  - - 2TG-RU1ASDA R2入替
90851M06 605<9558>,606<9559>
607<9560>,608<9561>
609<9562>
- - 2TG-MS06GP 2019.9-
90839RU 989<9563>,990<9564>
991<9565>,992<9566>
(天)
- 2TG-RU1ASDA改 リフト
2019.9-
 
90845RU貸 31<9569>,32<9570> - - 2RG-RU1ESDA改 リフト・補助なし
USB付・最前コンセント付。座席色変更
2019.10-
L08,09代替 
-
90939RU - 993<9567>,994<9568> - 2TG-RU1ASDA改 リフト
L301/302代替
90951M06 610<9571>,527<9572>  - 190<9505>,191<9506> 2TG-MS06GP  
90934M06 972<9573>,973<9574>(昭) - - 2TG-MS06GP改 エレベーター
91234M06 974<3278>(昭) - 975<1768>,976<1769>
196<1770>
2TG-MS06GP改 エレベーター
L206.209代替
91242M06 967,968<3282>
969<3283>(昭)
- - 2TG-MS06GP改 エレベーター -
カラーリング変更 LPS:LP30が水色新デザイン・旧フォントで先に登場。305/306が第一弾として新フォントで登場。
00252RU 528<9580>,529<9581>
530<9582>,531<9583>
532<9584>,533<9585>
534<9586>
614<9587>,635<9588>
636<9589>
305<9578>,306(9579>  2TG-RU1ASDA 
00238M06 950<9575> - - 2TG-MS06GP SuperCabin 
00254M06 <9576>,<9577> - - 2TG-MS06GP ハピネス用
10列目補助なし
-
00242RU 554<9591>,555<9592>
556<9593>,566<9594>
- 218<9509> 2TG-RU1ASDA -
00350RU貸 18<9590> - 106<9507>,107<9508> 2RG-RU1ESDA 6速

貸=貸切車
LP1-2,6-9は2013.3に移籍。LP10-12は2013.7に移籍。LP14-16は2013.10に移籍。

例)316 (ハイフンまで)  社番
2004.8.12頃〜箱崎車両成田線用が千葉ナンバー→品川ナンバーへ変更
2004.11  昭和島車両で300番台の350〜を使用開始(381〜付与)
2007.4   大栄車両が成田ナンバーに
2008.5   羽田地区トイレ無車両が400番台の451〜を使用開始
2013.3   LPSによる運行開始。LPで始まる社番を付与。
2015.3.26 TRC→天空橋へ
2015.9.1〜LPS管理の受委託が始まり151〜を使用開始
2016.12〜400番台=トイレ無車両に統一(L-420の転属で完了)
2016年末 500番台=昭和島、600番台=天空橋に統一(L-535の訓練車化で完了)
2019.1  350〜399昭和島に統一


0番台・・・・・・貸切(天空橋)品川No(マジカルファンタジーを含む)
100〜・・・・・・貸切(大栄)千葉No→成田No
151〜・・・・・・路線(大栄)LPS管理の受委託車両 千葉No→成田No
200番台・・・・路線(大栄)成田線:千葉No→成田No・トイレ付
300番台・・・・路線(箱崎)成田線:千葉No→品川No 一部大栄車でも使用
300〜349・・・路線(箱崎)成田線・一部羽田線:品川No・トイレ付
350〜399・・・路線(昭和島)成田線・一部羽田線:品川No・トイレ付
391〜395・・・路線(箱崎)羽田線:品川No・トイレ付(-18.11)
396〜399・・・路線(昭和島)成田線:品川No・トイレ付
400番台・・・・路線(箱崎)羽田線:品川No
400〜439・・・路線(箱崎)羽田線:品川No・トイレ無
440〜470・・・路線(昭和島)羽田線:品川No・トイレ無
471〜499・・・路線(天空橋)羽田線:品川No・トイレ無
500・600番台・・・路線(昭和島・TRC→天空橋)成田・羽田線:品川No
500番台・・・・路線(昭和島)成田線・一部羽田線:品川No・トイレ付
600番台・・・・路線(天空橋)成田・羽田:品川No・トイレ付
910〜929・・・路線(大栄)成田線:成田No・Super Cabin・トイレ付
930〜949・・・路線(箱崎)成田線:品川No・Super Cabin・トイレ付
951〜952・・・路線(昭和島・運行はTRC貸切)羽田線:品川No・燃料電池・トイレ無
950〜959・・・路線(昭和島)成田線:品川No・Super Cabin・トイレ付
967〜  ・・・路線・特別車両(エレベーター車)
981〜  ・・・路線:品川No・特別車両(リフト車)

LP・・・・・・・・路線(LPS・大栄)千葉No・成田No(東京シャトル用を含む)

700番台・・・・ランプ(成田・羽田)空港内専用
800番台・・・・ランプ(成田・羽田)

この社番は無線のコールサインでも使われる。
頭にリムジンをつけるので、L-201のように表記される。
例)84 (ハイフン以下 3ケタ) 納入年月
1996年以前は2ケタの車両もいたが、1996年11月以降のJA導入からは3ケタに統一されている

頭1桁は年度の末尾
8なら88年か98年
0なら90年か00年,10年  90年納入車は90と表記されていた

89年7月納入車は 97 もしくは 907という表記になる。
90年納入車は0でなくなぜか9で始まる番号がふられている。(89年と区別がつかない!)

例)42(アルファベット前の2文字) 定員
成田中心の車両は補助席がないワイドシートの定員が少ないゆったり仕様が多い。
2013年からはSuperCabinの愛称で10列38名定員の車両が復活。
羽田中心の車両は補助席付車両が多い。
1999年に共同運行路線の関係から12列60名定員の車両を導入したが、2012年1月に廃車となり、以降11列車両が中心。
例)RU (車種) 写真は写真のページを参照
車種により行路(成田/羽田)が限定される車種もある。
三菱・日野車は成田行路中心。
RU 日野 ブルーリボン・セレガ (成田中心)
いすゞ ガーラ
セレガは90年9月から

2006年デビューの新セレガでRUを再使用
2012年から採用のガーラもRUを使用。
FD 日野 セレガR (成田中心)
MM 三菱 エアロミディ (登録抹消)
M7/MS7 三菱 エアロ  (MとMSに違いはなし)(成田中心)
M9/MS9 三菱 エアロ・パンダ (MとMSに違いはなし)(成田中心)
M1/MS1/M8 三菱 ニューエアロ・ニューエアロクィーン (MとMSに違いはなし)(成田中心)
ニューエアロは93年から。
M8とM1は同じMS821型で、この頭の8を採用した車両と、末尾の1を採用した車両がいる。
M6/M9/MS9 三菱 ニューエアロ (MとMSに違いはなし) (成田中心)
三菱車の数字の差は排気量の差。
MS826の6かMS829の9。
M86 三菱 ニューエアロ
2001年以降のMS86MPのM86。
2006年移行のPJエアロもM86をそのまま使用。
M96 エアロエース
M06 エアロエース(AMT) 
N3 日産 旧スペースアロー
N30 日産 スペースアロー(貸切)
RA 日産 スペースアロー(羽田中心)
JA 日産ディーゼルフィリピン(NDPC) ユーロツアー
R5 日産 スペースアロー・新スペースアロー
新スペースアローは2000年11月から
西工スペースアロー2002年10月から
ボディは3タイプ(7HD/1M でこっぱち/02MC 西工)あるが、中身は同じRA552RBNなので、形は違えど全てR5。
R2 日産 西工 新スペースアロー(尿素SCR FLENDS)
AT車両。
FCV 日野・トヨタ 燃料電池バス(FCHV-BUS)
201-80746JA 大栄所属の98年7月納入の46人のりユーロツアー。成田中心の車種
351-8442M7 箱崎所属の88年4月納入42人のりのエアロ。成田中心の車種
563-90942RU(例外) 昭和島所属の90年9月納入42人のりセレガ。成田中心の車種
603-3942MS1 昭和島所属の93年9月納入42人のりのニューエアロ。成田中心の車種
26-10755M86 TRC所属の01年7月納入55人のりのニューエアロ(貸切)
641-90360R5 昭和島所属の99年3月納入60人のりスペースアロー。羽田中心の車種
運用

複雑なリムジンバスの運用。他社とは違い、往路、復路で別路線をこなすのは当たり前! 成田→恵比寿の後羽田に回送され羽田→成田や成田→羽田の後横浜へ回送され、YCAY→成田や成田→新宿→羽田→成田。成田から都心に来た車は、ホテルに車庫がないので新宿・池袋以外は箱崎や羽田の車庫に戻るので当然、帰りは路線が変わってくる。  リムジンバスの一日もどうぞご一読下さい。

大栄(成田)(200番台の車)千葉ナンバー 成田線中心の運用。
羽田〜の枝線も幾つか担当し、以前は夜の羽田→新宿(国際線開業前21:20,30,45)、(以前は昼の新宿(11:00)→羽田)等の運用にも入っていた。
その後、2016年時点では夜の羽田→新宿→羽田や羽田→池袋のダイヤにも多く充当されている。このような車両を含め、成田発10時過ぎからの車両の殆どは、翌朝まで成田2往復の運用をこなす。1往復後、夜成田→都心・YCATなどの運用をこなし、そのまま滞泊し翌朝YCAT・都心→成田に向かい仕業終了となる。
10時過ぎ前までに成田を出発をする車両は、1往復のダイヤか1.5往復し回送で大栄に戻る運用が殆どだ。朝成田を出る1往復ダイヤの車両は、成田へ戻った後、増便の為待機をすることも多かった。
成田からの八王子(夕方成田発の一本以外)、立川、調布、多摩(夕方成田発の一本以外)、新越谷や籠原など長距離便は全て受け持っていった。多摩方面、八王子は箱崎に何便が移管した後、最終的には順次LPS受委託ダイヤになった。。
以前の長距離便にはゆったり仕様の38人定員のニューエアロ・セレガが中心に充当されていたが(2005年末頃にはリムジンバスでは42人定員に改造終了)、2003年度の新車納入以降、殆ど新しい車両が充当されている。(八王子線は最後まで38人車が充当されていた)。
変わったところでは成田→渋谷後新宿住友Pに回送し、新宿発便で成田に戻る運用もあった。(2005年頃から出来た)
その後、2013年4月頃からは赤坂から新宿への回送や大栄出庫で浦安回送、2013年10月頃からはTDRから浦安への回送などのダイヤも出来た。

2005.11.16〜系統分割した新浦安線にも充当。(当初は13:35発で往復後熊谷往復のダイヤ)
2009.6.25〜 新たに運行を開始した品川→羽田線の一便にも充当。(国際線開業まで)
2009.6.25〜 羽田〜池袋20:55に充当。羽田〜新宿以外の羽田線の担当。

全てトイレ付き車両。
2015年以降の一般車(SuperCabin以外)は、外国人旅行客増加の影響もありトランク容量重視のJBUSが多く導入されている。また補助席なしのワイドシート車が導入されている。東京地区と一線を画した車種選定になっている。
運賃箱なし。
運用番号はN。(成田のN)
2010.10.21〜OB嘱託のBダイヤが出来た。

2015.4現在では成田発八王子、立川、調布、吉祥寺、新越谷、志木は大栄事業所のみで担当をしていたが(2015.3までは新横浜)、2015.9.1からLPSの管理の受委託が始まり、志木・ふじみ野を全便移管、2015.12.1からは草加を全便移管、2016.4.4のバスタ開業改正で八王子、立川が全便LPSに移管となった。

これまでBダイヤは古参車両が多かったが、2015.4〜はPJエアロが充当されるダイヤもできた。

箱崎(300番台の車)品川ナンバー
成田中心の運用。所属は少数だがあらゆる車種が揃っていたが、現在はSuperCabinが集中的に導入されている。
以前は八王子線1往復(八王子発9:00・成田発16:10)をもっていたが、現在は成田空港発のみとなった。
成田→八王子の1本だけから2008.3.17改正からは夕方2本を受け持ち、2013.12.15でLPSにダイヤを受け渡した。
錦糸町線も全て受け持っている。以前は羽田〜錦糸町も一部担当していたが、東陽町駅開業と同時に運用から外れた。(運賃箱の関係)
成田線関係ではYCAT線は担当をしていない。
2007〜08年頃からは新浦安→成田線にも充当。
2008年頃からは成田→多摩センターも1便担当している。
車両の所属は大栄。運用(乗務員)が箱崎事業所のためナンバーが千葉という変わった形態だったが、2004年8月から順次品川ナンバーに変わり、車両の所属も箱崎になった。通常は箱崎ロータリー内やTCAT 1Fに駐車されている。
変わったところでは、朝箱崎から新宿に回送し新宿→羽田後箱崎へ回送で戻り成田運用に入るダイヤもあったが、新宿9:40発の羽田空港行が2010年12月から燃料電池バス運行に変わり、このダイヤはなくなった。
洗車・給油設備が箱崎にはないため、成田空港内のP13で行うのが特徴。車両整備は大栄で行う。
2017年頃からはHND〜目白方面も運賃箱なし車両が充当されている。

トイレ付き車両。
運賃箱なし。
運用番号はK。K40番台が2日間に渡る勤務。
乗務員は400番台と共通。
成田-浅草は全便担当。

洗車は運用の合間をみて、成田空港P13で行っている。

2015.4現在では成田発浅草を箱崎事業所のみで担当している。

箱崎(400番台の車)品川ナンバー 以前はTCAT〜臨海〜羽田がメインの担当。何往復も繰り返すので、ETC化以前は首都高速の回数券も大量に持っていた(笑)。そのため臨海地区や湾岸線が渋滞の時はダイヤが大幅に乱れていた。
羽田〜新宿・津田沼・葛西も一部受け持っている。
400番台の車両で運行しているが、羽田空港国際線開業による羽田線増便により391-395の一部の車両に運賃箱をつけ、400番台の運用に入っている。
運行する車両の中には東京空港交通唯一のサブエンジン冷房の車両があったが2015年に廃車となった。以前はJA試作の401号車も所属していた。
羽田〜錦糸町・秋葉原も全て受け持っており、この影響で秋葉原と目白が統合された後も全て受け持っている。(それまでは、羽田〜目白は昭和島が受け持っていた)
その後開業した豊洲線や市川線も担当しており、担当路線がどんどん拡大している。
2008年秋からは羽田→多摩センターも一部受け持っている。(当初20:35)
2009.6からは羽田→小岩にかわり、羽田→池袋の一部も担当。
2009.6からは羽田→新浦安の一部も担当(当初は21:30)
車両の所属は昭和島。運用(乗務員)が箱崎事業所のため、ナンバーが品川ナンバー。

運賃箱付。
運用番号はKの50番台以降でK60番台が2日間に渡る勤務。
KははこざきのHが羽田でつかわれていたため次のこのKからとか。
乗務員は300番台と共通。

洗車は運用の合間をみて、昭和島で行っている。

2015.4現在では羽田発浅草・豊洲・市川・秋葉原目白を箱崎事業所のみで担当している。

昭和島(羽田中心)(350〜390、500、600番台の車)品川ナンバー 羽田〜東京・千葉・木更津を始め都心方面各路線を受け持つ。
トイレなしの車が充当されることが多い。
またR2(尿素車)が大量に導入され、ユーロツアーが廃止され始めたことで、トイレつきの車両が運用に入る事も多く、昭和島の成田ダイヤとの区別がつきづらくなっている。。

2006年からは中野・練馬も一部担当することになり、2014年の時点では全便昭和島で受け持っている

多くは運賃箱付。
運用番号はHで50(2016年現在40)番台以降が2日間に渡る勤務。(羽田のH)
乗務員は昭和島(成田中心)と共通。

2015.4現在では羽田発中野練馬・東京駅・木更津・千葉・新宿経由池袋は昭和島事業所のみで担当している。

これまで嘱託OB(A)ダイヤは古参車両が多かったが、2015.4〜はセレガが充当されるダイヤもできた。
昭和島(成田中心)(500、600番台の車)品川ナンバー 成田中心の運用をこなす。
成田〜羽田空港経由横浜グランド行は昭和島のみが担当している。

ダイヤを分けると(例外もあるが・・)
Tダイヤ・・・都内・YCAT〜成田を1往復
Tダイヤ増務付・・・都内・YCAT〜成田を1往復。その前後に羽田<- ->都内の片道運用、もしくは都内・YCAT〜成田を2往復。
Dダイヤ・・・2日間 もしくは1日間で
 (1)都内・YCAT〜成田を2往復
 (2)都内・YCAT〜成田を2往復に羽田〜都内を1回
 (3)都内・YCAT〜成田を1往復に羽田〜都内を2〜3回

羽田〜都内は初日の夜や2日目の朝にこなす。基本はまず、成田1往復をし、その後、さらに成田往復か、羽田からの運用か、泊まって成田往復かに分かれていたが、羽田国際線開業後は頭に枝線(羽田線)を担当する事も増えた。

38〜52人乗りのトイレ付き車両を夜羽田発でみるのはだいたいこのパターンだったが、2006年ごろからは平和島にもトイレ付車両が転属し、車番で区別するしかなくなった。
新宿〜千葉の深夜急行も受け持つ。
また、成田から羽田に戻り、多摩センターや葛西や調布方面へ行くという仕業もある(多摩センターや葛西発便は運賃箱が必要だが、羽田発だけなら羽田で係員が回収するため運賃箱がなくてもいいので充当される)

また2005年の羽田→臨海線の大増便以来、臨海→成田の前ダイヤとして、羽田→臨海をこなすダイヤが幾つかある。競合の京急に対抗してか、新しい車両が入っている。

2009.6から羽田空港国際線開業前まで、夜の羽田→TCAT20:35,21:35にDダイヤが充当されていた。
2009.6から羽田→国分寺線にDダイヤが充当。(当初は20:40発)

トイレ付き車両が主。
運賃箱なし。
運用番号はT・Dと04年4月に登場したAだがAは早々と5月にはTRCに移管されたが、10月頃また数ダイヤが戻ってきた。Aは昭和島・流通双方で対応ができるダイヤの模様。Aは一時期なくなっていたが、2010.10.21以降で再び復活した。
Tは基本が成田1往復ダイヤで増務という形でそれ以上のダイヤが設定される。(成田1往復+羽田片道が増務や成田一往復が本務でもう一往復が増務など)
Dダイヤは基本的2日間分の勤務。朝から一日のうちで二日分のダイヤと午前や、午後からの純粋に泊まりのダイヤがある。

Tは東京のT・Dはダブルと思われがちだが、T=Town・D=Downtownが元々の略らしい。
A=エースなどと思われがちだが、アジャスト(調整)とか。

2015.3月末の平和島事業所の移転により、OB嘱託ダイヤが昭和島に移管されることになりA90番台が使用されるようになった。

2015.4現在では成田発横浜グランド(以前横プリ発があった際は、旧YCATからの送り込み回送で大栄事業所も担当していた)、新宿発深夜千葉は昭和島事業所のみで担当している。

乗務員は昭和島(羽田中心)と共通。

TRC(羽田中心)(500、600番台の車)
→2015.3.26〜天空橋車庫へ移転

※平和島事業所(東京流通センター内)

羽田中心であらゆる路線を担当。羽田の遠距離便もほとんど担当する。成田への仕業はごく一部だったが、Rダイヤができてからは、他の事業所なみに増えている。
遠距離便は出先で一泊し翌朝便で戻るという運用が主。
遠距離便も成田を1往復した後、羽田に戻り地方に出発するパターンが多い。
羽田発遠距離便には52(50)人乗りのトイレ付き車両が充当されている。
運賃箱付の車が多い。
当初、運用番号はCで、純粋な成田運用は70番台以降のわずかな本数だった。宇都宮線を担当する車両も宇都宮の前に成田を往復するが、これは70番台ではなかった。 また2004年5月からは一時期Aダイヤも担当していた。Aは成田中心の仕業だが、昭和島・平和島どちらのドライバーさんでもできる路線に限定されているダイヤ。
さらに2005年秋頃からRというダイヤ番号も登場。Rは50番台以降が泊まりダイヤ。RはTRC所属の社員の運用になる。
昭和島の乗務員とは別でTRC内の平和島事業所に所属。

Rダイヤも順次増え続け、成田路線の運用もかなり増えてきている。2014.10〜12ダイヤの時点ではCダイヤはOB嘱託のみでダイヤ番号の意味も大きく変わっている。
2015.1〜宿泊ダイヤがF、日勤がRとなり、2015.3の天空橋移転にともないOB嘱託が昭和島へ異動となり、Cダイヤが消滅かと思われたが嘱託・契約ダイヤとして僅かながら残ることになった。


元々平和島の成田線は東京駅・羽田や新宿・渋谷・池袋などの駅への路線に品川地区ホテル便だけだったが、赤坂などの都内ホテル路線にも入るようになった。
2009.6まで短い期間ではあるがHND→TCATも一部担当していた。
2009.6からは羽田→調布・国分寺線も担当(当初は18:55)
2012.10.1からは大栄と昭和島だけで長らく担当していたYCAT線も一部担当することになった。これは羽田空港新国際線が出来たことによる横浜方面クルー輸送の代行を行う必要があったため横浜地区の道路を覚えたのでと想像される。

2013年には成田発六本木方面(元々担当あり)でない赤坂方面も担当。

Cはもともとあった新木場の頭の"し゛からとか
Rは流通のR

2006年の和光開業より631-634の西工がついに平和島転属となった。

昭和島とは南海橋を手前と向こうという位置関係。

多くは運賃箱付だが成田線に入る車はなしの車が多い。

洗車と運賃箱扱いは昭和島で行っている。
一部歩いて昭和島に行き、昭和島の車両を使う場合もある。

2015年3月からは天空橋車庫に移転。その後運賃箱回収機が天空橋に設置されることで、運用終わりで昭和島に立ち寄る必要もなくなった。(洗車は昭和島)

2015.4現在では羽田発吉祥寺・石神井・八王子・大網・四街道・浦和・川越・大宮・所沢・熊谷・館林・前橋・宇都宮は天空橋事業所のみで担当している。(四街道はLPS受委託に移管)

TRC(0番台の車)品川ナンバー 貸切車。 増便などで路線運用に入ることもある。貸切車だが音声合成がついており、車内放送も流れる。
通常は一般貸切や空港送迎、エアラインクルー輸送を担当する。
また、JAL STORYのマジカルファンタジー号(羽田〜TDR)も受け持つ。
2004年からは羽田空港内のJALの業務連絡バスも運行している。これは専用車で51〜54の4台が存在していたが、2005年夏頃からランプに移管され、車番が831〜834になった。
増便では羽田〜成田線に入ることが最も多い。
貸切では100番台の整理番号を使い、路線に増便で入るときは900番台の整理番号で運行される。
大栄(100番台の車)千葉ナンバー 貸切車。 増便などで路線運用に入ることもある。また、2002年時点では路線運用も一部持っている。貸切車だが音声合成がついており、車内放送も流れる。
通常は一般貸切や空港送迎、エアラインクルー輸送を担当する。
増便では羽田〜成田線に入ることが最も多い。
貸切では100番台の整理番号を使い、路線に増便で入るときは900番台の整理番号で運行される。

また朝の、成田〜東京駅〜TCAT/TCAT〜成田のダイヤに貸切車が入っていたことがある。
色々な車種がくるのは 新宿・池袋かTDR線
リムジンバスはほぼ路線で車種が決まってくる。
以前はセレガやM86以外の三菱車は日中はほぼ成田行路にしか入らなかったが、今は平和島に色々な車両が配置されたため、色々な路線で様々な車両に乗れる。
逆に55人定員以上の車は成田にはめったにいかない。
そんな羽田で成田仕様の若干広々とした車両に乗るには?

TDRは区間も短い為、基本ダイヤの前後に1往復設定される場合が多いので色々な車種が入る。また増便も多く、羽田〜午前に出る増便に乗れば、だいたいが成田線用の車両が入る。
新宿は朝の新宿発と16時以降からの羽田発では成田関連の車が続々入るようになる。また日中も新宿を1往復してからメインのダイヤに入る運用も多くある(津田沼・木更津・箱崎・日立・・・・・)

羽田発は夕方からの池袋行きの多くは成田関連の車が入る。
短区間でよければ200円で乗れる箱崎←→東京もなんでもありの路線だったが残念ながら廃止になってしまった。