富安陽子作品のページ


1959年東京都生、和光大学人文学部文学科卒。「クヌギ林のザワザワ荘」にて日本児童文学者協会新人賞・小学館文学賞、「小さな山神スズナ姫」にて新美南吉児童文学賞、「空へつづく神話」にてサンケイ児童出版文化賞、2011年「盆まねき」にて第49回野間児童文芸賞を受賞。


1.盆まねき

2.博物館の少女

 


           

1.
「盆まねき」 絵:高橋和枝  ★★☆        野間児童文芸賞


盆まねき画像

2011年07月
偕成社
(1000円+税)



2012/01/07



amazon.co.jp

毎年夏になると、なっちゃんの家には笛吹山のおじいちゃんから一通の手紙が届きます。
両親曰く、「盆まねき」の手紙。8月のお盆の三日間に親戚の人を集めてご先祖様の供養をする行事への招待状です。
なっちゃんはいつも笛吹山の祖父母の元へ行くのが楽しみ。

お盆の行事の最中、ちょっとした機会になっちゃんは、ヒデじいちゃん、ミチおばあちゃんにお話をねだります。第1章から第3章までは、そんな章。利口ななめくじ、うさぎたちのいる月の田んぼ、河童と、いずれも不思議でファンタジーな話ばかり。
ヒデじいちゃん、ミチおばちゃん2人とも、うそとホラは違うと言い、なっちゃんたちを煙に巻く風。
しかし、なっちゃん自身も本当に不思議な体験をして・・・。

親族が大勢集まっての賑やかなお盆、語られる“お話”を聞く楽しさ。そして読者によっては勿論“お話”自体の魅力。
今や失われつつあるそんな光景にノスタルジーを思わず感じてしまいますが、本書が伝えようとするのは、亡くなった人たちとの繋がりを大切に、ということにあるようです。
最初からそうした作品と思うと、重たく感じてしまいますが、楽しくファンタジーなお話を通じて徐々にそうした処へ導いていく構成になっていますから、心温まりこそすれ、重たいところは少しもありません。お薦めできる一冊です。

盆まねき/1.おじいちゃんの話8/12−ナメクジナメタロウ/2.フミおばちゃんの話8/13−月の田んぼ/3.大ばあちゃんの話8/14−かっぱのふしぎな玉/4.8/15−盆踊りの夜/もうひとつの物語

                     

2.
「博物館の少女−怪異研究事始め− A Girl at the Museum ★★


博物館の少女

2021年12月
偕成社

(1400円+税)



2022/05/19



amazon.co.jp

読み始めからワクワクする楽しさを感じた作品。
刊行時見送っていたのですが、思い直して読んで良かったァ。

明治16年、大阪の古物商<
花宝堂>の娘だった花岡イカル・13歳は、両親が相次いで死去したことから、母親の遠縁だという大澤老夫婦を頼って東京にやって来ます。
その大澤夫婦の孫だというトヨの案内で上野の博物館に出掛けたイカルは、幼い頃のイカルを知っているという
館長の田中に出会い、その目利きの力を評価され、博物館の古蔵で怪異研究を引き継いだという織田賢司(通称「トノサマ」)の助手として雇われることになります。
さっそく台帳と収蔵品を突き合わせる作業をすることになったイカルは、黒手匣という寄贈品が無いことに気づきます。
何者かによる盗難か? そしてその黒手匣、何やら曰くのある品物らしい。
何時の間にかイカル、その事件に巻き込まれ・・・。

孤児となった少女、でも目利きの力はなかなかのもの、事件解決に大きく貢献するというストーリィ、明治の世という背景もあってすこぶる魅力的。
さらに、トヨは
河鍋暁斎の娘のとよ、田中館長は博覧男爵田中芳男、そしてイカルが仕えることになる織田賢司は織田信長直系の末裔であり実在の人物であるというのですから、楽しくなってくるのも当然という処。

明治の世を切り開いていく少女の成長&冒険譚(アンパレアナを彷彿とさせる処あり)。次作以降が楽しみです。

           


   

to Top Page     to 国内作家 Index