王谷 晶(おうたに・あきら)作品のページ


1981年東京都生、小説家。


1.完璧じゃない、あたしたち

2.ババヤガの夜

 


                   

1.
「完璧じゃない、あたしたち ★☆
 We are not perfect. We are perfect,aren't we?


完璧じゃない、あたしたち

2018年01月
ポプラ社刊

(1600円+税)

2019年12月
ポプラ文庫



2018/03/01



amazon.co.jp

ポプラ社のWEBマガジンに連載された14作品に、書下ろし作品を加えての計23篇からなる掌篇集。

内容はというと、いずれも女性が主役。
女性同士が関わり合う様々な姿、女性と女性による本音トーク等々、小気味良く描かれた23篇。
どの篇も、いろいろスパイスが効いた作品ばかりですから、それなりにたっぷりと、面白く読みました。

その中でも特に面白かったのは、
「ばばあ日傘」「あなたのこと考えると無駄になる」という2篇。共に、描かれたストーリィだけに収まらない広がりを持っていると感じた故です。

他の作品よりちょっと印象に残ったのは、
「北口の女」、「十本目の生娘」、「イエローチェリー・ブロッサム」、「ヤリマン名人伝」という辺りでしょうか。
また、唯一のSF宇宙ものである
「姉妹たちの庭」の冒険内容には興味惹かれるなぁ。
唯一の戯曲作品である
「戯曲 グロい十人の女」はリアルな滅茶苦茶さに、思わず仰け反る思い。そして「夢で見た味」は、余りに不気味過ぎるぅ〜〜。

小桜妙子をどう呼べばいい/友人スワンプシング/ばばあ日傘/Same Sex,Different Day./北口の女(ひと)/しずか・シグナル・シルエット/姉妹たちの庭/十本目の生娘/だからその速度は/陸のない海/春江のトップギア/イエローチェリー・ブロッサム/腹の町(落語 頭山より)/あなたのこと考えると無駄になる/ときめきと私の肺を/戯曲 グロい十人の女/夢で見た味/ヤリマン名人伝/シオンと話せば/カナちゃんは足が無い/ファー・アウェイ/東京の二十三時にアンナは/タイム・アフター・タイム

                    

2.
「ババヤガの夜 ★★


ババヤガの夜

2020年10月
河出書房新社

(1500円+税)



2020/12/31



amazon.co.jp

暴力団相手に闘い、相互に暴力が炸裂するストーリィ。

主人公は
新道依子、22歳。北海道で幼い頃から祖父に武術、というよりケンカの仕方を徹底的に仕込まれていた女性。
通りすがりにちょっかいを出してきたチンピラを叩きのめした依子は、暴力団からケンカの強さに目を付けられ、拉致されてしまう。
奴らの目的は、暴力団会長である内樹の一人娘、女子高生である
尚子のボディガードを依子に勤めさせようというもの。
なお、尚子の母親は、内樹が可愛がっていた若頭と共に逃げ出し、内樹は10年間もその行方を追っているらしい。
それ故に婚約者と結婚す前にムシがつかないように見張り役を付ける、ということらしい。
お嬢様育ちの尚子と、暴力に興奮する性質の依子。対照的な互いに本音を語り合うようになったとき、何が起きるのか・・・。

一方、目立たぬように暮らしている正と芳子は、ずっと長く逃走生活を送ってきているらしい。ところが、ある事故に巻き込まれて顔が知れてしまい・・・。

とにかく格闘シーン、暴力シーンが目立ちますが、ついつい興奮させられてしまう処が、本作のミソでしょう。
まさに暴力が炸裂し尽くすストーリィと言って過言ではありません。

最後は、あっと驚かされる展開へ。
弱々しかった尚子が、意外や意外の変貌を遂げている姿が、読み処と思います。

※題名の
「ババヤガ」とは、鬼婆のこと。

    


   

to Top Page     to 国内作家 Index