朝倉かすみ作品のページ No.3



21.にぎやかな落日


肝焼ける、田村はまだか、タイム屋文庫、ロコモーション、ともしびマーケット、深夜零時に鐘が鳴る、感応連鎖、声出していこう、とうへんぼくでばかったれ、幸福な日々があります

 → 朝倉かすみ作品のページ No.1


少しだけおともだち、てらさふ、遊佐家の四週間、乙女の家、植物たち、たそがれどきに見つけたもの、少女奇譚、満潮、ぼくは朝日、平場の月

 → 朝倉かすみ作品のページ No.2

 


               

21.
「にぎやかな落日 ★★




2021年04月
光文社

(1600円+税)



2021/05/13



amazon.co.jp

「おもち」こと島谷もち子さん、83歳
2人の子供は既に独立し、長年連れ添った夫の
勇さんは特養老人ホーム入所済とあって、北海道の石狩で一人暮らし。
そんなおもちさんの、年老いた日々をリアルに綴った長編。

病気、実娘の心配、入院、シルバー向けケアマンション入所、行動の不自由、新型コロナ感染対策により外出禁止、歳を取れば誰もが辿っても何ら不思議ないコースと言えます。
83歳の一年間が順々に語られていきますので、実にリアル。
自分自身もまたそうした老境が近づいていると思うと、読んでいて複雑な気持ちです。
 
多少ボケてきたかもしれませんが、まだ元気なおもちさん、むしろ羨ましいと思うべきなのでしょうか。
度々様子を見に来てくれる嫁の
トモちゃん、東京から世話をしに来てくれる娘のちひろ、という存在も有難いことなのでは、と思う次第です。

人の世話にならずに生きていけたら、足腰しっかりし、頭もボケずにいられたら。もちろん病気をせずに、ですが。

「にぎやかな落日」という題名、元気で明るい性格のおもちさんの老いた日々を如実に表しています。


たんす、おべんと、クリスマス/コスモス、虎の子、仲よしさん/口紅、コート、ユニクロの細いズボン/煤、まぶた、おもちの部屋/お手紙、不良、赤い絨毯/テレビ、プリン、オートバイ/目方、寸法、帳面

           

  朝倉かすみ作品のページ No.1 へ   朝倉かすみ作品のページ No.2

   


   

to Top Page     to 国内作家 Index