HP-TOP 磯採集いろいろ         

  2022年度の磯   new! 極暑日の磯採集でカツオノエボシ(2022.7.3 更新)
        6月中旬の磯で季節来遊漁を確認(2022.6.19 更新)
        6月上旬の磯採集は魚が少なかった(2022.6.4 更新)
        2022年初の磯採集(2022.5.20 更新)

極暑日の磯採集でカツオノエボシ

6月27日に関東地方は早々と梅雨が明け極暑が続いています。6月なのに何でこんなに暑いんだ!と誰もが思っていたでしょう。7月1日には「観測史上初 6地点で40℃台」となりました。暑いねぇ…「外出は控えましょう」とはいうけれど、大潮の期間ですからネ行ってきました磯採集(30日/7月2日)。

2日間行ったのですが、残念ながら採りたいと思うお魚には出会えませんでした。魚影は前回と同様に薄くて、見ていく磯を北側、中側、南側と分けた場合、中側では魚は殆ど見かけませんでした。今回は撮影だけです。

カツオノエボシ アオヤガラ アオウミウシ
〈 カツオノエボシ 〉 〈 アオヤガラ 〉 〈 アオウミウシ 〉

カツオノエボシ、ここの磯で初めて見ました(2個体)。触手がとても長くて、画像右の外側にも延びています。細くて見えにくいので近づくときには要注意です。神奈川県の注意喚起 カツオノエボシ(Wikipedia)

アオヤガラ、年に1~2匹ほど見ています。体が細いうえに動きが少ないので注意して見ていないと見落としてしまいます。

アオウミウシ、定番のウミウシなのですが、見かけるのは年に3個体ほど。陽光の下で見ると、とてもきれいだと思います。


6月中旬の磯で季節来遊漁を確認

中旬の大潮、つかの間の晴れを狙って2度行ってきました磯採集。(13日/17日)。

当日の天気は、曇り~晴れなのですがパッとしない天気でした。タイドプール(潮だまり)の魚の様子もパッとしませんな。前回よりも目にする魚の数が少ないです。今回もいると思うのだけれど表に出てこないんだという感じでした。

今年の磯は変な感じです。この時期において、ハゼの稚魚の群れが見当たらない、越冬していると思えるオヤビッチャがいる、一目でわかる小さなギンユゴイもいる、クロダイ幼魚が現れていない…など。例年の状況とはちょっと異なります。

今期初のチョウチョウウオ この黒いハゼは? サツキハゼ幼魚
〈 今期初のチョウチョウウオ 〉 〈 この黒いハゼは? 〉 〈 サツキハゼ幼魚 〉

今期初のチョウチョウウオ、この小さなタイドプール(潮だまり)で2匹見られた。また今期初の小さなシマスズメダイも1匹見られた。やっと季節来遊漁が来たという感じでしたが、この場所以外では見られなかった。

この黒いハゼは?、何だろう?と思って網でハゼを追っていくと、次第に黒色が薄くなっていってアカオビシマハゼになってしまった。婚姻色なのかな?初めて見ました(白い点のように見えるのは浮遊しているゴミです)。

サツキハゼ幼魚(全長:3.6cm)、岩場の少し深いタイドプールで2匹が中層を泳いでいたので、同行した息子と1匹ずつ採集しました。網1本でそ~っと採れるけれど、4mmの網目をすり抜けます。初採集種となります。


6月上旬の磯採集は魚が少なかった

前日は雨でしたが、前回と同様に当日の朝は気持ちよく晴れていたので行ってきました6月上旬の磯採集。(1日)。

磯の様子は前回と比べると目にする魚の数が少ないです。居ると思うのだけれど表に出てこないんだという感じでした。

この明るいボラはなんだ? ボラ 越冬と思えるオヤビッチャ
〈 この明るいボラはなんだ? 〉 〈 ボラ 〉 〈 またまたオヤビッチャ 〉

この明るいボラはなんだ?、浅いタイドプール(潮だまり)でボラに混じって泳いでいる明るい色のボラっぽいのはなんだろう?と思って採集してみました。

ボラ(全長:5.0cm)、水槽に入れて撮影した画像です。普通のボラのように見えてきました。でもボラではないかもしれない?と色々検索してみたのですが、胸びれ根元の青色と顔立ちから結局ボラに落ち着きました。

またまたオヤビッチャ、浅瀬で4匹、タイドプールで2匹が見られました(上記画像)。もう越冬しているとしか考えられないんだけれど…


2022年初の磯採集

5月の連休中は3日~5日は晴れたものの、それ以降は晴れと雨が日替わり時間替わりで落ち着かない天気が続いていました。久しぶりに全国的に晴れて暖かいという予報が出た朝、気持ちよく晴れていたので行ってきました今年初の磯採集。(18日)。

半年ぶりの磯です。天気は良いし風は微風と気持ちいいですねぇ!それに自然のままで続いている磯はとても和みます。

水温は21.5℃ ヘビギンポ 5月初登場!オヤビッチャ
〈 水温は21.5℃ 〉 〈 ヘビギンポ 〉 〈 5月初登場!オヤビッチャ 〉

水温は21.5℃、9:30の浅瀬の水温です。思っていた(19℃~20℃)よりも温かい。

ヘビギンポ(全長:3.9cm)、磯の定番種ですね、再撮影のために採集。手元にあるデータは20年前に撮ったものなんです。

5月初登場!オヤビッチャ、浅瀬の少し沖合で3匹が泳いでいるのを確認。私の記録だと2004年6月4日が一番早いが、もっと小さいサイズでした。7月に黒潮の大接近が起きた年です。ネット上では相模湾側で5月に採集したという投稿があったので放流ものではないと思うが、サイズが5cmぐらいとちょっと大きいですねぇ。越冬した個体なのかな?地球温暖化の影響と言えるでしょうかね。

キヌバリ アカクラゲ ミミイカ
〈 キヌバリ 〉 〈 アカクラゲ 〉 〈 ミミイカ 〉

キヌバリ(全長:4.5cm)、2~3年おきに採集しては撮影していますが、この時期の形体が一番整っていると思っているのです。

アカクラゲ、この日は3個体目撃しました。「刺されるとかなり強い痛みを感じる」(Wikipedia)とあるけれど、この日に見た個体は触手が殆ど無いに等しい。でも動きがあるので生きています。

ミミイカ(胴長:16mm)、浅瀬でキヌバリを眼で追っていたら、バフバフと砂を巻き上げて中に隠れようとしている生物がいました。カニにしては変だな?と見ていたらぴょこんと出てきた、見るのは初めてです。

磯の状況は、4~5cmのボラを多く見られた他、メバル、ウミタナゴ、キタマクラなどが見られた。海藻は多いです。


「↑Top」  「↑磯採集いろいろ」