遊戯史学会

戻る
・遊戯史学会(Society of Game's History)

 遊戯史学会は1988年(昭和63年)12月、遊戯の歴史を解明すべく誕生しました。 現在会員は百名を突破、年に2回例会を開催し、毎年紀要「遊戯史研究」を発行しています。 初代の会長は故熱田公氏(神戸大学名誉教授)。現在の会長は遊戯史研究家の増川宏一氏です。

1.紀要「遊戯史研究」 (Die Forshung der Geschichte der Spiele)

2.季刊「ゆうぎ史」(第1号〜第11号)

3.例会・総会

遊戯史学会は2017年11月の例会を以て活動を終了し、2018年に「遊戯史研究」第30号を発刊して 解散することになりました。
 つきましては現在、本格的に遊戯・ゲームの歴史を研究する方々による新しい組織を検討しております。 遊戯史学会とは異なり、大学や研究所に勤務する方々による本格的な会を目指しておりますので、 ご興味のある方は連絡をお待ちしております。(高橋浩徳)

入会・例会・取材等の問い合わせはこちらからお願いします。


戻る

メインメニューに戻る