羽村山口軽便鉄道跡隧道群 

武蔵村山市本町〜同市中藤 野山北公園自転車道 






 1号隧道入り口


  市街地から多摩湖畔へと続く都道

 に面して1号隧道(横田トンネル)

 の入り口があります。横田というの

 はこの辺りの古い地名で、南西に広

 がる横田基地もこの地名から名付け

 られたそうです。なお軽便鉄道跡の

 隧道は6号まであるのですが、名前

 が付くのは4号までのようです。








 隧道内の様子


  今は照明もあって自転車道として

 整備されていますが、元来は村山貯

 水池(注)の工事資材を運ぶトロッコ

 列車の隧道でした。通常の鉄道用の

 隧道と違って幅も2m程しかなく、

 まさに自転車道向きの隧道で夜間は

 シャッターで閉鎖されるそうです。








 自転車道と広場


  1号隧道(横田トンネル)を過ぎ

 さらに2号隧道(赤堀トンネル)、

 3号隧道(御岳トンネル)と続けて

 抜けると、番太池近くに休憩の出来

 る広場があります。ここら辺りまで

 は快適なサイクリングコースで、道

 はこの先直角に左折して4号隧道に

 至ります。









 4号隧道出口


  通行できる最後の隧道である4号

 隧道(赤坂トンネル)を抜けると、

 周囲に民家等はなく右手に赤坂池の

 フェンスがあるだけの深い森の中に

 出ます。自転車道としては池に沿っ

 て右手に曲がって終わり、しばらく

 行くと民家のある住宅地に出ます。









 5隧道入り口


  上記の池のところで右折せずに、

 藪の中の山道を直進すると5号隧道

 が見えてきます。しかし、この隧道

 の向こうは村山貯水池の湖畔なので

 金網で閉ざされて通行出来ません。

  また、ここに至るまでの路も整備

 されていない悪路で、雨の後とかだ

 と歩くのにも苦労しそうです。



 注1・・・村山貯水池(通称多摩湖)については他章でも紹介していますのでご覧下さい。






 一つ上   ”東京の古い橋

 表 紙 ”小さな旅と四季の風景 ”へ