第5章 妊娠・出産

監修: VFD05003 ぷん


1 妊娠するとどんな行動をとるの?外見は?


 出産間近になるまで、はっきりとした行動の区別はなかなかつきません。あるウサ ギの場合は出産7日前に巣作りを始め、3〜4日前にそわそわとティッシュをくわえ て段ボールの箱に運び、出産の20分前になって自分の毛を抜いたそうです。

 ウサギの巣作りってどんなものなのでしょうか。
 段ボール箱などに適当な穴を掘り、巣材(紙屑やティッシュや布切れなど)を、口 いっぱいに詰め込んでは何度も何度も巣の中に運んでいき、仕上げに自分の毛を抜い て巣を整えます。子ウサギの保温に毛が役立つんですね。

 外見は、だんだんお腹が出てきて、乳頭がはっきりとしてきて、やや膨らんだよう になります。

 想像妊娠だったとしても上記と全く同じような状況になります。巣作りをして一週 間以上赤ちゃんが生まれない場合は想像妊娠だった可能性があります。


2 妊娠期間はどのくらい? 一度に何羽くらい生むの?


 妊娠期間は29〜35日。約1ヶ月と考えていいでしょう。最低1羽から最高22 羽まで。平均7〜8羽くらい。小型種や老齢だと、少なくなります。
 ウサギは出産間隔を短くするために、排卵が交尾の刺激に反応して起き(刺激性排 卵)出産後ただちに妊娠できます。


3 妊娠期間中に注意すべきことは? その時期オスとメスは隔離する必要があるの?


 ウサギは気候の異変やストレスなどがあると、体内で胎児を吸収してしまいます そのメスウサギの性格にもよると思いますが、とても警戒心が強くなるので、妊娠に 気付いたら、他のウサギとは離してやり、嫌がるものをやたらなで回したりしないよ うにしましょう。例えばいつものブラッシングをしてやっても、お尻やお腹を触られ るのを嫌がって突然噛みつくこともあるそうです。
 また隠れることのできる場所を確保してやります。そしてケージは静かでなるべく なら寒暖の差のない場所に置いてあげます。作った巣は、覗いたり触ったりしないよ うにしましょう。

 本来ウサギはメスが単独で出産し育児をするので、オスは必要ないし、妊娠したメ スは、神経質になることが多いということからも、オスとメスは隔離した方がいいで しょう。
 ウサギのメスは出産直後に12〜24時間発情するそうです。だからもしオスとメ スを一緒にしたままだと出産後すぐにまた妊娠ということもありうるわけで、その点 からも隔離した方がいいでしょう。


4 出産の準備はどうしたらいい?



5 出産によって母ウサギの性格って変わるの?


 ほとんど変わらないウサギもいれば、すっかり変わってしまうウサギもいます。子 ウサギを守ろうとする母性本能から、人間に対して警戒心や敵対心を持つようになる ウサギもいます。早くに親離れさせると、子どもを取られたと思うのでしょうか?

 反対に、ウサギどうしでは、どんな小さなウサギにでも、攻撃していたメスが、妊 娠を経験してからは、自分の子ども以外の子ウサギに対しても守ろうとするようにな ったということもあります。また、かえって出産前よりも飼い主に甘えるようになっ たウサギもいます。


←前へ  目次  →次へ